風の足跡 ~風の旅人旅行記集~

御前崎、初日の出ツーリング
#1 初日の出をバイクで見に行こう!

<2006年1月>

特にすることのない正月。友人から初日の出を見に行こうと誘いがあり、御前崎へ人生初の初日の出ツーリングに出かけました。

*この旅行記は全5ページで構成されています。2006年の旅行記です。現在とは状況が異なっている部分があるかもしれません。

広告

1、初日の出をバイクで見に行こう!

学生時代の正月は、祖母の家に両親と帰省したり、受験勉強だったりと、家で何もしないで過ごすことはなかった。特に何も考えず正月を正月らしく過ごしていたような気がする。

仕事をするようになってからは全く逆となり、正月だと意識するものの、特に何もせずに過ごすことが多くなってしまった。

正月前後は飛行機や宿泊代がとんでもなく高騰するし、予約も取りにくい。それに休みもあまり長く取れなく、短い期間で旅をするにはあまりにも費用対効果が悪すぎる。

田舎の祖母の家に行ってもいいのだが、民族大移動といった帰省ラッシュの中を東京から西日本へ積極的に移動したい・・・、とはなかなか思わない。往復として考えると結構しんどい。

普段、旅の相棒にしているバイクも、初詣とか、新春セールなどにちょこっと乗って行くぐらい。旅として遠くへ出かけるには寒すぎる。ましてテントを張っての旅行などもってのほかだ。

という事で、最近は消去法で自宅の東京で過ごしているのだが、正月だからといって特にする事がないのが実際だ。

line

昨年の正月の話になるが、曜日やシフトの関係で元旦だけが休みだった。何をして過ごそう。と考えるまでもなく、単なる休日としてゆっくりと家で過ごすことにした。困ったことに、年を重ねるごとに正月を暇にしている友人が少なくなっていく・・・。

今年も何もなく過ぎていく正月なんだろうな・・・と、正月を諦めつつある暮れの夜、友人から電話がかかってきた。

「正月暇にしてる?」「ああ暇。することがない。飲み会?」「いや、元旦に初日の出を見に弟などとバイクでツーリングに行く予定だけど、暇しているなら一緒に行かない?」とのこと。

飲み会の誘いかと思ったら正月の寒い中をバイクツーリングのお誘いだった。バイク好きというか、君たちも暇だね・・・。

最初聞いたときはそう思ったものの、よくよく考えてみると、ありきたりにだらだらと正月を過ごすよりも有意義で面白いかも。

「正月何していた?」などと職場の人に聞かれた時に、「バイク仲間と初日の出を見にちょっと伊豆半島まで・・・」なんて答えるのも格好いい。

って、そんなために行くつもりはないが、旅心をくすぐられるというか、実に面白そうだ。行ってみようかな。

「で、どこ行くの?」と聞くと、「うん、御前崎。静岡の」

な、なっ、東京からだと伊豆半島を越えて、静岡市も越えて、更にその向こうではないか。そいつはちょっと遠くないかい。寒い中でのツーリングなのであまり遠いのも心配だ。

「伊豆ぐらいにしない?」と聞くと、「伊豆は昨年行ったから、今年はもっと先の御前崎に行ってみたいんだ。」とのこと。なるほど。一応ステップアップしているんだ・・・。

地理院の地図
御前崎方面の地図

国土地理院地図を書き込んで使用

人生初の初日の出ツーリング。いきなり御前崎ってのはちょっと遠いな・・・と感じたが、大勢でワイワイと行くなら何とか我慢できるか。

旅は道連れっていうけど、なんか思いっきり道連れにされているような気がする。いや、暇をしていたので、道連れにしてもらったと言うべきかな。

「うん、行く。」と返事をし、友人が企画するその御前崎への初日の出ツーリングに参加することにした。

しかし、直前の天気予報を見るとなんと雪。実際に大晦になってみると記録的な大雪が降り、東名高速道路が通行止めになってしまった。

車ですら行けない状態では、バイクでは到底無理な話。ちょっと楽しみにしていた御前崎への初日の出ツーリングは中止となった。

雪の東名インター入り口
雪の東名東京インター入り口

雪が降るとチェーン規制や通行止めになります。

そして一年後、今年こそはといった感じで再び御前崎への初日の出ツーリングを行うことにした。

今年こそは必ず行くぞ!とリベンジを誓う友人の張り切りようとは裏腹に、今年もまた直前の週間予報では元旦に雪の予報。おいおいといった感じだが、一度あることは二度はならず、前日の予報でなんとか曇りに変わった。

これなら今年は行けそうだ。決行が決まったのが前日の夜というのも困ったものだけど、寒い時期だけにどうしても天気には神経質にならざるをえない。

御前崎、初日の出ツーリング06'
#1 初日の出をバイクで見に行こう!
「#2 御前崎での初日の出」につづく Next Page

広告

広告

広告