風の旅人について 挨拶とお願い

こんにちは、「風の旅人」の管理人です。
「風の旅人」のサイトへようこそいらっしゃいました。

* はじめに *

このサイト「風の旅人」は、旅好きな管理人が今まで旅で経験した事を中心に趣味で制作、運営している個人のサイトです。サイト名がありがちな名前なので同じ名前のサイトが多くありますが、私なりにこだわりがあってこの名前をつけています。同名の「雑誌」「ゲーム」もありますが、その関係サイトではありませんのでお間違えのない様お願いします。

旅というのは出発前の目的地探しや下調べ、そして旅をしている最中、さらには旅を終えた後にも思い出を振り返ったりと三回楽しむことができます。管理人は自他共に認める旅好きです。普段から地図を見てあれこれ考えるのも好きだし、旅を終えた後に写真を整理したりするのも好きだったりします。そういった旅好きなこととマメな性格というか、旅マニア的な性格が合わさってこのようなサイトを作ってしまいました。

できることなら出版物のように読みやすく、内容が濃く、情報も的確でありたいのですが、なかなか思うように制作することができません。誤字脱字から稚拙な見解など、さまざまな不備や至らない点がありますが、どうぞごゆっくりご覧になってください。

また、インターネットの世界は趣味を共有する場でもあります。海外旅行や国内旅行、地域の散策を中心に扱っているサイトですが、「写真」や「バイク」、「お祭り」などといった様々な趣味の分野で多くの人と共有できれば素晴らしいなと思います。感想や意見、またご希望などございましたら気軽にご連絡ください。制作の励みや目標になります。

2015年10月 風の旅人管理人 たわらまさみ

メールアドレス: info_2016@kazenotabibito.net

* 制作方針や目標など *

制作を始めたのは1999年です。その頃は日本語での海外情報が少なく、翻訳ソフトやら海外のインターネット環境も悪かったので、藁にでもすがる思いといった感じで個人が発信する海外旅行体験談は重宝されました。このサイトでも海外旅行や海外の情報を中心に載せていました。

しかしながら近年では管理人自体が海外に出る事がなくなり、それに現在では海外の情報を多く扱っている情報サイトや現地から発信しているような専門的なサイトが幾つも登場しているので、旅情報よりも旅の本質的なこと(エッセイや旅行記など)、それに加えて地元の強みというか、空いた時間を利用して内容を充実させることができる地元の散策サイトに力を入れて制作しています。

line

制作するにあたっては「旅について色々と考える事のできるサイト」を目標にしています。このサイトを見た事によって「その人の旅がより豊かになれるようなサイト」といった感じでしょうか。そしてこの「風の旅人」を見たことがきっかけで、「見た人の人生の何かが変われるぐらい印象的なサイト」であれたらいいなと思っています。その為には、ただ自分が経験したことを自慢するだけのサイトではなく、旅の本質や本当の魅力を伝えられるようなサイトでなければなりません。そんなサイトになれることを目標に制作しています。

line

継続は力なりといった感じでしょうか。それなりに長いこと公開しているおかげで、内容の善し悪しはともかく、そこそこコンテンツの多いサイトとなっています。まあ我ながらこれだけの量を作ったと思うのですが、管理人が一人で時間を見つけてちょびちょびと制作していった結果、塵も積もれば・・・といった感じです。たまにやる気が出て気まぐれ的に一気に更新が進むこともありますが、基本的には更新の頻度はあまり高くありません。

制作はWindowsで行っています。他の環境での確認は行っていませんので、デザイン等の不都合があるかもしれません。現在HTML5で書き換え、リニューアルを行っています。プログラムに関しては詳しくありませんので、互換性など考慮せずにシンプルに制作しています。閲覧用のWEBブラウザーは最新のバージョンのものをご利用されることをお勧めします。

line

最近は大きな写真を載せているサイトやブログも多く、そういった環境が当たり前になってしまいました。もっと大きなサイズの写真で載せて欲しいといった声もいただきましたが、あまり大きい画像を載せるのは旅のネタバレ的な感じになってしまうので、中途半端なサイズの写真となっています。これは現地を訪れた時の感動がほんの少しでも大きくなればいいかなといった旅人としてのちょっとしたこだわりです。

* このページを閲覧するに当たっての注意事項 *

このサイトは旅好きな管理人が趣味で運営している個人のサイトです。多くの個人的な旅のサイトがそうであるように、このサイトも管理人などの個人が体験したり、見聞きした事を中心に製作しています。だから掲載している内容によっては100人が同じことをやって100人とも同じ結果になることもありますし、偶然が重なって私だけがたまたまこういう結果になってしまったということもあると思います。

line

そういった原因として、訪問の年代や季節の違いは決定的ですが、同じ時期に訪れたとしても天気などの自然現象を含め、様々な因果の巡り合わせはその人の運次第です。このような事情は誰でも同じように冒険が進んでいくテレビゲームのロールプレイングゲームとは違います。だからガイドブックや他人の旅行記通りにならないというのは当たり前のことで、予定通りになるとは限らないのが旅なのです。そういったことが旅の魅力の一つで、また面白さの一要因となっています。

とりわけ「人との出会い」というものは旅の印象の大きなウエイトを占めています。観光ではいまいちだったけど、素晴らしい人の出会いがあった場合、その国や場所の印象がぐ~んと素晴らしいものになってしまうといった事もあります。そういった偶然の出会いが必要以上に思い出を美化させてしまっている部分もあるかと思いますので、ご了承ください。

line

結局のところ旅というものは人それぞれであって、個性の数だけ旅があるといっても過言ではありません。だから旅に対する考え方や旅の仕方、旅行記の内容も人それぞれであって、私のエッセイや旅行記もそういった旅のスタイルの一つの例でしかありません。あくまでもこのサイトの内容はそういった個人的な見聞や体験に基づいて制作しているので、内容に関してはある個人が過去に行った旅行の体験談の一例としてご覧ください。

もちろんこれが正しいといった旅の指南書や手本といった大それたものではありませんので、模倣してもいい結果が出るとは限りません。というか・・・、このサイトに書かれていることを行っていかなる不利益を被っても管理人は責任をおいません。というのが、このご時世の注意事項に入れておかなければならない決まり文句となるのでしょうか。

line

また、管理人の勘違いや時の流れにより公式の見解が異なっている事柄もあるかと思います。嘘やでたらめを書いているつもりはないのですが、個人的な趣味のサイトでは制作にかかわる人間が複数いるわけではないのでどうしても製作者の思い込みがページに反映されてしまいます。

それに情報というものは生ものです。最新のガイドブックでさえも情報が古かったりします。まして個人の趣味のサイトでは情報の正確さには万全を期すことが出来ません。例えば私が訪れた時、または文章を書いていた時、あるいはほんの一時期は入ることができた場所でも現在では入ることが禁止されているような場所もありますし、当時は写真撮影がよかった場所でも現在は禁止となっている場合もあります。気が付いたことにはなるべく但し書きを付け加えるようにしていますが、なかなか全てに目が行き届きません。現地で話が違うぞってなことにならないように、最新の情報を調べてから訪れた方がよろしいかと思います。

* この場を借りて (謝辞) *

このサイトは様々な方の協力で作られていきました。まずはサイトを作るきっかけをくれたWEBデザイナーであり友人の沼崎氏。全くの素人である私に安いパソコンを組み立てくれ、しばらくの間WEB製作の指導をしてくれました。おかげで素晴らしいサイトを作ることができ、とても感謝しています。

それから大学のバイク仲間である落合氏。一緒に「香港編」の制作を行ったり、私の旅行中には「道標ない旅」などリアルタイム旅行記を制作してくれ、管理人代行をも努めてくれました。彼をなくしてはいくつかのコンテンツは製作できなかったでしょう。このサイトで一番の協力者です。

その他、立ち上げた頃に色々とご指導や励ましのメールを下さった方々、タイプ打ちを手伝ってくれた友人、調べものを手伝ってくれた後輩等々、様々な人に助けられて(巻き込んで・・・が正確なところでしょうか、笑)現在のページが作られていきました。大変感謝しています。

* 著作権や使用画像などに関するお願い *

最後にこのサイトに掲載されている文章、写真を管理人の許可なく無断転載、無断流用することは基本的に禁止しています。特に背景に関しましてはフリー素材のサイトを運営している方の好意によって使わせていただいているページが多くあります。

写真に関してはほぼ全て私が撮ったものなのでプライバシーポリシーに書かれている条件を満たしていれば自由に使って構いません。リンクに関しても営利目的ではない限り、御自由にはってくださって結構です。

それから批判、叱咤、質問のメールは歓迎しますが、できれば具体的な内容にてお願いします。掲載している内容については信念を持って書いていますので、批評、賛同、批判等は喜んで受け付けるつもりですが、いい加減な内容と判断したものには時間が惜しいので返信していません。

メール、リンク、画像の転載、著作権、出版等に関しての詳細は「プライバシーポリシー」に記載してあります。該当する方はその項をご覧になって対応してください。

<風の旅人について 挨拶とお願い 1999年12月初稿 - 2015年10月改訂>