風の祭事記 風の旅人祭り訪問記
風の祭事記

風の祭事記 ~祭り、イベント訪問記~

田浦梅林まつり

横須賀の北にある田浦。駅から少し登った眺めのいい丘に上にある田浦梅の里には約2千5百本の梅が植えられていて、梅の時期には田浦梅林まつりが行われます。

・場所 : 田浦梅の里(横須賀市田浦泉町92)
・開催日時 : 2月中旬~3月上旬(2019年2月16日~3月10日)
・スケジュール : ーーー
・備考 : 2012年訪問
*開催場所、日時、内容等は年によって異なる場合があります。

広告

*** 田浦梅林まつりの写真 ***

田浦梅林まつりの写真
田浦梅の里

公園内に大きな看板がありました。

田浦梅林まつりの写真
斜面の梅林

丘の斜面に梅林が広がっています。

田浦梅林まつりの写真
水仙と梅

登りが続きますが、歩いていて気持ちいいです。

田浦梅林まつりの写真
梅林と海

東京湾方面の眺めがいいです。

田浦梅林まつりの写真
菜の花

丘の上の花壇には菜の花が植えられていました。

田浦梅林まつりの写真
展望台からの眺め

とてもいい眺めですが、軍事施設が多いです。

* 田浦梅林まつりについて *

三浦半島の横須賀といえばアメリカ軍の基地があることでよく知られていますが、古くから日本の海上自衛隊の軍港でもあります。海岸沿いには多くの軍事施設があり、JR横須賀線の横須賀駅の一つ手前は田浦駅付近は自衛隊関係の施設が多くあります。この田浦駅の海岸と反対側は緩やかな丘となっていて、少し上ったところに田浦梅の里があります。

田浦梅の里は面積約6千平方メートル、約2千5百本もの梅が植えられている梅の名所で、「かながわ花の名所100選」にも選ばれています。昭和9年に平成天皇の誕生を記念して、地元の有志が700本の梅を植樹したのが始まりです。後に隣接する田浦緑地にも横須賀市が梅の植樹を行い、元々の田浦梅林と田浦緑地を含めた総称として「田浦梅の里」という名所になりました。ちょっとややこしいです。

田浦梅の里では梅林以外にも山の斜面を生かしたアスレチック広場や眺めのいい芝生広場があり、梅以外の季節もピクニックなどでくつろぐことができます。丘の上には展望台があり、東京湾方面の眺望も素晴らしいです。梅林といえば山の中にあって富士山が見えるとか、山を絡めた風景が多いですが、ここでは海の眺めが楽しめるのがちょっと珍しく感じます。ちょっと山を登らなければならないのがしんどいですが、登りながらも梅と水仙、そして気持ちのいい眺望を楽しめるので、そんなに苦にならないはずです。

田浦梅の里では例年2月初旬から3月初旬まで「田浦梅林まつり」が開催されます。まつりと名がついていますが、特に大きなイベントがあるわけではありません。田浦にも梅林がありますよ、といったPR的な感じでしょうか。実際、ここは三浦半島では唯一の梅林となり、あまりその存在が知られていません。登らなければならないためなのか、駐車場がなく交通的に不便だからか、今のところ関東の梅林の中では穴場的な存在となるでしょうか。眺めがいいので、ぜひ晴れた日に訪れてみてください。

風の祭事記 田浦梅林まつり

風の旅人
<2012年訪問 - 2019年2月更新>

広告