風の祭事記 風の旅人祭り訪問記
風の祭事記

風の祭事記 ~祭り、イベント訪問記~

チャッキラコ(三崎)

三浦半島の先端、マグロで有名な三崎町では古くから毎年1月15日にチャッキラコという国の重要無形民俗文化財に指定されている伝統行事が行われてきました。近年ユネスコの無形文化遺産にも指定されました。

・場所 : 海南神社(三浦市三崎4丁目12−11)など
・開催日時 : 毎年1月15日
・スケジュール : 午前10時から
・備考 : 2010年訪問
*開催場所、日時、内容等は年によって異なる場合があります。

広告

*** チャッキラコの写真 ***

チャッキラコの写真
神楽殿での奉納舞

2010年から神楽殿で舞いが行われるようになりました。

チャッキラコの写真
扇を使った舞

女性というより女の子の舞いといった感じです。

チャッキラコの写真
龍神様の前での奉納舞

本来の形、向き合って踊ります。

チャッキラコの写真
チャッキラコを使った舞

チャッキラコの名の由来の小道具です。

* チャッキラコについて *

三浦半島の先端、マグロで有名な三崎町は美味しいマグロ丼や海鮮丼などを食べれるし、しかも東京などからそんなに遠くなく、更には同じ道を行って帰るのではなく半島を一周できることからお手軽ツーリングとして週末には多くのライダーやチャリダーが訪れています。そんな三崎町では毎年1月15日にチャッキラコという国の重要無形民俗文化財に指定されている伝統行事が古くから行われてきました。近年ユネスコの無形文化遺産に指定され、一躍脚光を浴びてしまい、以前にも増して混雑が酷くなってしまいました。選定理由は住民によって口頭で伝承され続けてきた素朴な伝統芸能というのが珍しく、また貴重だとか。現在では15日は成人の日の祝日ではなくなってしまったので訪れにくい行事となってしまいましたが、休みと重なったときに訪れてみるのもいいかもしれません。

チャッキラコは、年配の女性10人程が唄い、5歳程~12歳までの少女20人程(年によって違います)が踊る行事です。楽器類は伴わず、素唄と囃し言葉だけの素朴な唄にあわせて踊ります。踊りには「初いせ」、「チャッキラコ」、「二本踊」、「よささ節」、「鎌倉節」、「お伊勢参り」といった6つの踊りがあり、舞扇とチャッキラコ(綾竹)といった小道具を演目に応じて使い分けます。この綾竹がチャッキラコと呼ばれることからチャッキラコと広く知れ渡っているようです。その踊る様子は可愛らしく、カメラを手にした見物客が毎年大勢訪れています。チャッキラコの起源には定説はなく、源頼朝がやってきた時に・・・とか色々伝説が残っていますが、江戸時代には大漁祈願の祝いの踊りとして下町に定着し、現在にいたっているのだけは確かなようです。

チャッキラコの行事は午前10時頃に本宮の祠前で奉納される踊りから始まります。そして海南神社へ移動して、10半頃からメインイベント的な参観会が行われます。以前だとここでも神社の前に並んで奉納踊りを行っていたのですが、ユネスコの遺産に指定されたことで混雑が激しくなるということで、今では神楽殿での踊りとなりました。この方が多くの人が見れるようになったのはいいのですが、本来二列に向かい合って踊るものが横一列になって行われるのでちょっと微妙かもしれません。それに多くの人が見れるようになったといえども混雑は必死なので、何となく見てみたいという人は無理に寒い午前中に来なくても午後からの奉納踊りを目指して来る方がいいかもしれません。

午後からは仲崎と花暮地区にある竜神様の祠前で踊りを奉納し、旧家や老舗商店等を祝福して回っていましたが、これもユネスコの遺産に指定されたことで竜神様の祠と港にある魚センターにある三浦市民ホールでの参観会に変わってしまったようです(観光客の知らないところで行われているのかもしれませんが)。といったわけで、本来チャッキラコが持っている素朴さを感じるには午後の祠での奉納の方が舞台で行われる神社や市民ホールでの奉納よりもいいような気がしました。何にしてもうっとうしいほどカメラマンがいるので見学するのも一苦労ですし、踊り手の女の子達もカメラマンに囲まれてかなり疲れ切っているのがちょっと気の毒でした。

風の祭事記 チャッキラコ(三崎)

風の旅人
<2010年訪問 - 2019年2月更新>

広告