風の足跡 ~風の旅人旅行記集~

佐渡島一周ツーリング
#21 佐渡の土産

<2003年8月>

バイクに乗って友人と2人、1泊2日の行程で佐渡島一周を試みた旅行記です。(全22ページ)

広告

21、佐渡の土産

友人とは12時半に港にある例の佐渡おけさの電話ボックス、そう佐渡に来て最初に写真を撮った場所で待ち合わせをした。

船に乗り遅れたら大変なので、時間よりも早めに港に到着。まだ20分以上時間があったので少し両津港付近を散策してみることにした。

港の建物 佐渡島一周ツーリングの写真
港の建物

古めかしい建物が立っていました。

港内 佐渡島一周ツーリングの写真
港内

まずは港付近を散策。といっても日曜日の真昼なので、港も桟橋も静かだった。平日の朝とかは活気があるんだろうな・・・、と想像しながらブラブラと歩いてみるものの、静かすぎて楽しくない。

両津大橋からの眺め 佐渡島一周ツーリングの写真
両津大橋からの眺め

古い建物と橋の風景は素敵です。

両津大橋のモニュメントの前で 佐渡島一周ツーリングの写真
両津大橋のモニュメントの前で

季節ごとのモニュメントが設置されていました。

フェリーターミナルへ行くか。向かっている途中に通ったのが両津大橋。この橋の両脇の歩道に4つのモニュメントが設置されていた。

そういえば両津にはモニュメントが多いな。佐渡の玄関なので少し観光を意識しているのかな。橋の上にあるのは「佐渡の春、夏、秋、冬」の4つの像。せっかく来た記念にと、一番躍動している夏の像の前でバイクを入れて写真に撮ってみた。

line

時間通りに友人と合流すると、念のため先に乗船券を購入し、港付近にある食堂で昼食をとった。

昼食を食べながら、「どこへ行っていたの?」と尋ねると、少し照れながら再び大佐渡スカイラインへ行っていた事を告げた。最初は気ままに佐渡を走るつもりだったけど、やっぱりもう一度私に気兼ねなく大佐渡スカイラインを走ってみたくなったとか。

彼にとっては佐渡での目的の一つだったからな。その気持ちは分かる。分かるけど、万が一転倒でもしたら大変なことになっていたぞ。普段の運転を知っているので、ちょっと心配になってしまったが、まあ無事に戻ってこれたからいいか・・・。

トキの人形 佐渡島一周ツーリングの写真
トキの人形

20年後の写真です。汚れとほころびが目立ちます。

昼食後は港にずらっと並ぶお土産物屋や水産品売り場を物色して歩いた。

もう既に鞄の中には朝購入した味噌が入っている。自宅の土産はこれでいい。職場に何か買っておくか。小判クッキー・・・、いやトキの卵型饅頭でいいか。佐渡島らしいし、たくさん入ってる。これにしよう。

そう仲がいいわけでもない他人への土産は、土地や名物の名が入っていればなんでもいいというのが実際のところだ。もう一つ言うなら、貰う方としてもそう大層なものを期待しているわけでもない。自慢話を聞く見返りにという程度のものだ。

佐渡おけさの人形 佐渡島一周ツーリングの写真
佐渡おけさの人形

可愛らしい感じの人形です。

土産物屋には海産物や金山とかトキに絡めた商品が多いのは分かるけど、ここにはなぜかバター飴とか、バタークッキーだとか、バターの商品が多く並んでいる。佐渡ってバターが有名だったけ。あまりそういったイメージがない。

よくわからないけど、こうもずらっとバター関連のものが並んでいると食欲を刺激してくる。相乗効果ってやつか。我慢できずにバタークッキーを家用の土産と言い訳しながら追加で買ってしまった。

後は・・・、自分用にも何か買っておこう。もう佐渡へ来ることは・・・。どうなんだろう。もうないかもな。佐渡といえば金山。金は金山で掴み損ねたから、トキにするか。後は印象的だったのは佐渡おけさとかたらい舟、亀もだな。荷物にならない程度の小さな人形を幾つか購入した。

佐渡の一コマ劇場 佐渡島一周ツーリングの写真
佐渡の一コマ劇場

佐渡で印象的だったトキとおけさ、亀を購入しました。

土産を購入すると、もう佐渡に心残りはなくなった。さて行きますか。バイクは一番先に積むので早めに乗船乗り場へ行き、出航を待つことにした。

佐渡島一周ツーリング03'
#21 佐渡の土産
「#22 さらば佐渡」につづく Next Page

広告

広告

広告