風の足跡 ~風の旅人旅行記集~

佐渡島一周ツーリング
#15 宿根木の超密集集落

<2003年8月>

バイクに乗って友人と2人、1泊2日の行程で佐渡島一周を試みた旅行記です。(全22ページ)

広告

15、宿根木の超密集集落

バイクにまたがり出発。今度は太陽に向かって走るので、ちょっとまぶしい。目を細めながらバイクを走らせた。

まだこの時間は空気がひんやりとしていて、走っていると気持ちがいい。それに海沿いの道を潮の香りを感じながら走っていると、気分までさわやかになる。

上から見た宿根木集落 佐渡島一周ツーリングの写真
上から見た宿根木集落

木造の家屋が密集しています。

宿があった集落を越え、しばらくすると宿根木の集落に到着した。この集落は佐渡でも異彩を放つ集落で、別名千石船の里と呼ばれている。

宿根木の集落の特徴は、木造の建物が密集していることで、なんでも約1ヘクタールの土地に110棟もの建造物が並んでいるそうだ。

丘の上から見るとその特徴的な集落の様子がよくわかり、まるで家々がくっつきあっているかのよう。まさにすし詰め状態といった感じだった。

これだけ密集していれば火事になったら大変だろうな・・・。木造家屋ばかりだから下手したら集落が全滅とか・・・。ここを訪れた誰しもが心の中で思うことだろう。

この他にも江戸時代に船大工の里として栄えた名残りで、建物の外壁に船板や船釘を使用している建物があることでも知られてる。

狭い通路と家屋 佐渡島一周ツーリングの写真
狭い通路と家屋

家が通路に建ち並び、歩いていると圧迫感があります。

水路 佐渡島一周ツーリングの写真
水路

実際に集落を訪れてみると、人が歩けるほどの細い路地ばかりで、ほとんどの家が家の前まで車で入ってこれない状態だった。建て替え工事や引っ越しといったときに大きな荷物を運ぶのが大変だろうし、救急人が出たときや消火の際にも不便をしそうだ。

そういった不便な分だけと言っては何だが、集落内の建て替えはあまり行われず、今でも昔ながらの建物や石畳が多く残っている。この集落の中は江戸時代というのは少々大袈裟な表現だが、少なくとも昭和のまま時代が止まっているかのような雰囲気だった。

石畳と木造家屋 佐渡島一周ツーリングの写真
石畳と木造家屋

こういった特徴的な集落を歩いていると、他の集落では気にならないことが気になったりする。

路地沿いには、壁の長板を縦に設置している家があり、横を歩くと家が高い塀のように感じる。路地によっては左右にそういう家が建っているので、まるで狭い通路の両脇に高い塀が聳えているかのように感じ、歩いていると少し不安な気持ちになってしまう。

路地に影が多いのも気になった。狭い通路の両脇に隙間なく家が並んでいるので、影が多いのはここでは日常的な光景になる。ただ太陽の位置で影の付き方が変わってくるので、訪れた時間帯や季節、天気によって集落や路地の印象が凄く変わってくるはずだ。

数少ない機会かもしれないけど、路地に光がズバッと差し込んだ時とか、靄がかかった時、朝夕の淡い感じの時間帯など、光と影がうまく調和した時、ほんの一瞬だけかもしれないけど素晴らしい情景となりそうな気がする。そういった機会に訪れることが出来たらな・・・と路地を歩きながら思ってしまった。

神社と公会堂 佐渡島一周ツーリングの写真
神社と公会堂
石碑群 佐渡島一周ツーリングの写真
石碑群

供養塔や庚申塔などが並んでいました。

集落の奥の方へ行ってみると、共同井戸や供養塔などの石碑群、公会堂や神社、そしてお寺があった。昔の建物を大事に使用しているので、それぞれ歴史を積み重ねた分だけ味があった。

この付近は建物が密集していなかったので、空を普通に見ることができた。窮屈な雰囲気から解放され、ちょっと落ち着く感じがする反面、宿根木らしさという部分では少し物足りなくも感じてしまった。

千石船「白山丸」 佐渡島一周ツーリングの写真
千石船「白山丸」

佐渡国小木民俗博物に展示されています。

宿根木の集落のすぐそばには、旧宿根木小学校校舎を利用した佐渡国小木民俗博物があり、この地域の民俗資料が展示されている。

この博物館には、なんと実物大の千石船がある。この千石船は「白山丸」と名付けられていて、実際に宿根木で建造された設計図を基に近年復元された千石船となる。

屋外の倉庫に置いてあったので、博物館に入館しなくても外からその姿を見ることができた。巨大な木造船はとても美しく、ちょっと大袈裟に言うなら大航海時代のようなロマンを感じた。

ちなみに入館料を払って中に入ると、この船中も見学できる。そのことを帰ってから知り、入館しておけばよかったと後で悔しい思いをしてしまった。

この千石船で栄えたという宿根木は、千石船の里と呼ばれている。ここには木造家屋を中心に古くからの情緒を感じる町並みが残っていたが、よくある宿場町とか、門前町、蔵の町とは違った雰囲気で、また古い漁村とも違っていた。

なかなか他に類のないといった雰囲気を持った集落で、今回の佐渡訪問の中で一番印象に残った集落だった。

佐渡島一周ツーリング03'
#15 宿根木の超密集集落
「#16 たらい舟のある風景」につづく Next Page

広告

広告

広告