風の足跡 ~風の旅人旅行記集~

佐渡島一周ツーリング
#14 佐渡の南側の端

<2003年8月>

バイクに乗って友人と2人、1泊2日の行程で佐渡島一周を試みた旅行記です。(全22ページ)

広告

14、佐渡の南側の端

朝6時半に起床。佐渡での2日目が始まった。昨夜は早い時間に寝たので目覚めは良好だった。

身支度を整えると、大広間に朝食を食べに行った。朝食はアジの干物や生卵といった定番料理。簡素ながらやっぱり民宿の朝食はうまい。何故うまく感じるのだろう。何時も疑問に感じるが、まあそれはそれ、理屈抜きってやつなのかもしれない。

今日もハードな一日になるので、食べれるときにしっかりと食べておかないとな。これは旅での鉄則だ。合宿中の運動部の学生のように朝から何杯もご飯をお替りした。

地理院の地図
佐渡島の地図

国土地理院地図を書き込んで使用

今日は午前中に島の南側を観光して、午後一番の船に乗って新潟へ戻る予定にしている。昨日のうちに島の大部分を周ったので、行程的にはあまり頑張らなくても大丈夫だが、ここでゆっくりしていてもしょうがない。すぐに出発の準備に取り掛かかった。

line

「事故のないよう気を付けて東京に帰ってね」「御飯がおいしかったです。また機会があれば来ます。」と宿の人に見送られながら出発した。

まずはここから少し西にある沢崎灯台が最初の目的地。ここは厳密に言うなら佐渡の南端ではなく、西の端になるのだが、下側の先っぽというのには変わらない。島の一周を目標に掲げている以上、押さえておかなければならない大事なチェックポイントだ。

沢崎灯台 佐渡島一周ツーリングの写真
沢崎灯台

サイドミラーに時々太陽がまぶしく反射し、背中に朝日の存在を感じる。朝日に押してもらうかのようにバイクを走らせると、あっという間に灯台に到着した。畑のど真ん中というか、バイクを停めるのに困るような場所だった。

灯台を訪れると、白くすらっとした塔が横から朝日を浴び、薄い青空と青い海によく映えていた。昨日訪れた北端の弾崎灯台と形がよく似ている。同じ設計者によって建てたのだろうか。

中に入れないので、適当に証拠写真を撮って佐渡の南側のチェックポイントを達成。後は両津港に戻れば佐渡一周が完了だ。

灯台付近の海岸 佐渡島一周ツーリングの写真
沢崎灯台付近の海岸

灯台から先は溶岩が流れ出たかのような荒々しい海岸が続いていた。磯遊びにはもってこいのようで、朝早い時間だというのにもうすでに何人かの人が下の岩場に降りて遊んでいたり、散策していた。

朝のすがすがしい空気が「ちょっと行ってきなよ~」と誘っている気がしたが、下まで降りるとなるとそれなりに時間と体力が必要だ。朝から疲れることもないか・・・と、少し歩いただけでバイクのところに戻ることにした。

そういえばここは西の端だよな・・・。ってことは、朝日より夕日じゃないか・・・。もしかして昨日、夕日に合わせて訪れていれば感動の風景が見れたのでは。

地球が丸く見えるような西側の水平線を横目に見ながら思ってしまったのだが、今思い付いてもどうにもならない。

佐渡島一周ツーリング03'
#14 佐渡の南側の端
「#15 宿根木の超密集集落」につづく Next Page

広告

広告

広告