風の足跡 ~風の旅人旅行記集~

極寒のモスクワ散策記
#5 帽子売りの大学生

<1997年12月3日>

ソビエト連邦が崩壊してから6年後、政情、経済が不安定だった1997年の冬、トランジットでモスクワを半日ほど散策した旅行記です。(全12話)

広告

5、帽子売りの大学生

あれ・・・、ここはどこだ?地下鉄の駅から地上に出て、辺りを見渡すものの、目の前にあるはずのクレムリン宮殿の姿が見当たらない。

あんなでかくて目立つものが見当たらないということは、地上への出口を間違えたのではなく、降りる駅を間違えてしまったのだろう。

迷子になるのは旅の余興の一つ。効率を求めても旅は面白くない。厳密さにこだわっても旅は楽しくない。だからこの程度のことは気にするほどのことではない。

気にはしないが、言い訳はしたい。外の様子が見えない地下鉄の駅や列車内に全くアルファベット表記がないというのは、どう考えても外国人には難易度が高すぎる。

いくら旅慣れていても今回は間違えてもしょうがないんだ。と自分が悪くないことを正当化してから自分のいる場所の分析にかかった。

モスクワのマック
モスクワのマック

辺りを見渡たすと、どことなく町の中心っぽい感じがする。そんなに見当違いの場所ではなさそうだ。それに目の前にはマックがあるし・・・、ん、マック!?これが有名なモスクワのマックか。

モスクワにマックが出来た事は、以前、日本でもトップニュースになっていた。東西冷戦が終わり、モスクワにアメリカの象徴マクドナルドが営業する日がやってきたってな感じだった。

あれはいつの事だったかな・・・。結構前・・・、いや、そんなに前ではないな。4,5年ぐらい前か。その時の映像では、もの凄い行列が出来ていたのが強烈に印象に残っている。

でも今日はそうでもないようだ。もうロシア人はこれは不味いと飽きてしまったのだろうか?それとも対米感情の悪化?冷戦の再勃発?などと想像を働かせつつ、モスクワに来て最初の写真を撮った。

雪が積もる並木道
雪が積もる並木道

持ってきた観光地図でマックを探すと、降りたかった駅の一つ手前の駅近くにマックがあった。そばに並木道の遊歩道があることからもここに間違いない。

一駅の間違いなら誤差の範囲だ。クレムリンからそんなに離れていないし、このまま歩いて行こう。

でもその前に・・・・、雪が積もっている並木道がとてもいい感じ。私の中でイメージするモスクワにピッタリだ。と、モスクワに来て二枚目の写真を撮った。

line

町の中心に向かって雪が残る歩道を歩き出した。モスクワはあまり雪が降らないと聞いていたので、雪が積もっているとは・・・、想定外だった。

私の着ている服は薄着のモロッコの民族衣装と、モスクワの冬をなめくさったような格好だが、足元はちゃんとトレッキングシューズを履いていた。雪は深くないし、カチコチに凍ってスケートリンク状態にもなっていないので、まあ何とかなりそうだ。

歩いている人を観察すると、男の人は頭にコサック帽をかぶり、女の人はスカーフ、子供達はジャンパーのフードを頭にかぶっていた。映画とか、アニメとかに出てくるような、まさに絵に描いたロシアの情景が目の前で繰り広げられている。

モスクワを歩いているんだ・・・。これがロシアなんだ。雪の風景だし、凄いぞ。と最初は感激しまくっていたのだが、そんな余裕があったのは最初の10分ぐらいまで。

歩いているので体の寒さはあまり感じないのだが、顔が冷たくてたまらない。特に耳が痛く、ズキンズキンとしてきた。あの帽子やスカーフは耳を凍えさせない為なんだ。モスクワ流のファッションでもあるけど、生活の知恵でもあるんだな。

この耳の痛さのためにもあの帽子が欲しい。いや、あの帽子をかぶってモスクワの町を歩きたい。モロッコの時と同じように、民俗衣装へのこだわりがメラメラと燃えてくる。

形が整っているものは万単位の値段がしそうだが、安いやつはそこまでしないはず。それにロシア訪問記念のお土産にもなる。でも値がかなり張るようだったら、最悪耳当てだけでもいい。このままだと耳がちぎれてしまいそうだ。

帽子屋があれば覗いてみるとして、とりあえずは手袋で耳を押さえながら、クレムリンへ向かって歩いた。

ユーリ・ドルゴルキーの記念碑
首都の創設者の像
ユーリ・ドルゴルキーの記念碑

石造りの重厚な建物が並んでいる大通りをクレムリンに向かって進んでいった。日本でいうなら皇居周辺の繁華街といったところだろうか。

石造りの重厚な建物がずらっと並んでいる中を歩いていると、ヨーロッパの都市に来たぞ!といった異国情緒を感じられ、心が弾んでくる。

そういった重厚な建物の合間に有名な人らしき大きな像がある広場があった。このような大きな人物像が町中の広場や交差点に自然な感じである様子を見ると、日本とは根本的な文化が違うなといつも感じてしまう。

遠くから見たクレムリン宮殿
遠くから見たクレムリン宮殿

しばらく歩くと、やっと目的地のクレムリンが見えてきた。あれがクレムリンか・・・。強いポップ調の色彩で色付けがされているので、よく目立つ。

テレビで見たのと一緒といえば一緒なのだが、なんだかおもちゃの宮殿っぽい・・・。雪が積もっているせいなのかどうかわからないが、それが第一印象だった。

宮殿前の大きな交差点を渡ると、ここはクレムリン宮殿のすぐ横にある赤の広場への入り口になっていた。

先に赤の広場を見るほうが効率がよさそうな気がするが、まずはクレムリンだ。最初の計画通りクレムリン宮殿を先に見て、その後で戻ってこよう。

クレムリン宮殿前の広場
クレムリン宮殿前の広場

宮殿前はこじゃれた感じの広場になっていた。その広場を入り口に向かって歩いていると、2人組みのロシア人らしき青年が声をかけてきた。

しかしロシア語なので何を言っているのかわからない。わからない、といったジェスチャーをすると、「ハロー」と声をかけ直してきた。

英語が通じるようだ。しかもよく見ると、彼らは手にコサック帽を何個も持っている。もしかしたら物売りか。もしかしないでも、こんな場所で帽子を沢山手にしてんな変な格好をした観光客に声をかけてくるのは物売りしかありえない。

予想通りの展開となり、「どこから来たの?この帽子はどお?」と言ってきた。

これは喉から手が出るほど欲しい。モスクワの町を歩くには何としても必要だ。しかし、あまり欲しそうな顔をすると足元を見られる。いきなり値段を聞くのも欲しいと言っているようなものだ。ちょっと話を別の方向へ逸らしてみる事にした。

line

「私は日本人の学生です。あなた方は?」と聞いてみると、「私達はモスクワ大学の学生です。この帽子を30ドルでどお?」と、具体的に向こうから値段を言ってきた。

悪そうには見えないが、怪しい。どこの国でも自称大学生だと言って声をかけてくる輩が多いもの。

ではこういう質問はどうだろう。「何を専行しているのですか?今日は学校は?」と鋭い質問をしてみた。

すると、「経済を専攻しています。今日の授業は午後からなので、今はアルバイトをしています。少しでも外貨を得て学費の足しにしたいから帽子を売っているのです。」と言ってきた。

う~ん、文句のつけようのない素晴らしい返答。これでは突っ込んでいく余地がない。予め考えていたとも思えないし、きっと本当なのだろう。それに彼らから悪そうな雰囲気はしてこない。

まあ、それよりも問題は帽子の値段の方だ。彼らがいいやつか、悪いやつかよりも、この値段は高いのか、妥当なのか、そっちの方が重要だ。

コサック帽
コサック帽

相場が分からないけど、とりあえず値切ってみよう。値切りの交渉は嫌いではない。

「20ドルだったら買うよ」と言ってみたが、「それは出来ない。30ドルだ」と、彼らは一歩も引かない。

向こうから物を売ってきて、全く値引きに応じないとは、なかなか手ごわい。地下鉄に乗る前に手袋を購入したが、そのときも取り付く島もなかった。ロシアではそういうものなのか。

でも今回はこちらの主導権がある。もの凄く欲しいのは事実だが、値段が折り合わなければ断るだけだ。「ちょっと高いからやっぱりいいよ。」と引くふりをして交渉してみたが、それでも28ドルにしかならなかった。

いまいち値段の妥当性がわからない。けど、この値引きの渋さから考えると、相応のものなのかな。フカフカしていてそんなに安い物ではなさそうだし・・・。いや、でもやっぱりちょっと高いような気もする。

そういえば両替したロシアルーブルが大量にあったな。あれを使ってもいいか。バスと地下鉄に乗った感じでは、そんなに使わなそうだし。ふと思い出し、「ルーブルだったらいくら?」と聞いたら、「ロシアルーブルは駄目だ。ドルがいいんだ。」と急に顔が真剣になった。

突然の慌てぶりに「なんで?」と聞くと、「ロシアはインフレが激しく、ルーブルは持っていても価値が下がるんだ。だからドルが欲しいんだ。」と、ルーブルとロシア経済が駄目なことを力説し始めた。

経済学科だけあって、話が具体的かつ、長い。切りのいいところで、「分かった。ドルで払うから安くしてよ。」と言うと、渋々といった表情で「25ドル。これ以上は負けられない。」と言い、結局真ん中の25ドルで交渉成立となった。

私的には20ドルぐらいが妥当な気がしていたので、少々値段に不満が残るが、まあ楽しい交渉だったし、色々と話も聞けたことだし、何よりこの耳の痛さから今すぐに開放される。それを考えればほどほどに満足のいく買い物・・・、となるだろうか。

コサック帽
コサック帽(耳の部分を下ろした時)

帽子は折り返している部分を下に降ろせば耳全体が覆われるようになっていた。

大学生たちは私に帽子をかぶせ、頭頂部で結ばれている耳当ての紐をほどき、「俺たちも冬の寒い時期はこうやって被っているんだ。風が強い時は顎で結ぶといいぞ。」と教えてくれた。

町中で見かけるビシッと型が整った毛皮の帽子と比べると、素材はアクリルのような感じでおもちゃのような安っぽさだ。恰幅のいいおっさんが必要以上に分厚い帽子を被っているのも見かけるが、それと比べると小さくて貧相だ。それは値段を考えたらしょうがない。

でも装着してみると、安物ながらなかなか温かい。ズキンズキンと痛かった耳が冷気から守られ、温かく感じる。これで防御力がかなりアップしたのは間違いない。

学生たちに25ドルを渡すと、どこからとなく、「旅人は普通のコサック帽を手に入れて防御力と見た目がアップした。」とナレーションが聞こえてくるようだった。

line

帽子売りの学生達はクレムリンの入り口の場所と、切符の買い方を丁寧に教えてくれた。最後に「良い旅行をしてね」と言ってくれたからやっぱりいい奴だったに違いない。

帽子を被ってからは耳が温かくなったので、今まで耳を押さえていた両手が解放され、歩く足取りも軽くなった。さあいよいよ楽しみにしていたクレムリン宮殿は目の前だ。

極寒のモスクワ散策記97'
#5 帽子売りの大学生
「#6 クレムリン宮殿」につづく Next Page

広告

広告

広告