風の足跡 ~風の旅人旅行記集~

極寒のモスクワ散策記
#4 市内へのバスと地下鉄

<1997年12月3日>

ソビエト連邦が崩壊してから6年後、政情、経済が不安定だった1997年の冬、トランジットでモスクワを半日ほど散策した旅行記です。(全12話)

広告

4、市内へのバスと地下鉄

少し待つと、連結で結ばれた2両編成のバスがやってきた。バスなのに長い・・・。なんだか路面電車みたいで面白い。

乗車口は一番前の運転手のところだけで、並んでいた人々がそこから順番に乗っていた。モロッコでは我先にと乗客が乗り込んでいくことも多々あり、負けてはなるものかと大変だったが、ここではそんな心配はしなくてよさそうだ。

運賃は前払いで、乗っていく人は運転手にお金を払っていた。乗客を観察していると、みんな何も言わずお金だけ渡している。運賃は定額ということか。

いくらだろう。日本のように料金が車体の外に書いてあるといったことはなく、いくら払えばいいのか分からない。前の人が払ったのと同じ札を運転手に渡してみたら、無言でチケットとおつりが返ってきた。

モスクワのバスの乗車券
バスの乗車券

渡されたチケットは2000券が2枚。4000ということかな。日本円でいくらなのだろう。

日本的な感覚では、ゼロが三つもついているとそこそこ高く感じる。まして4000ともなると結構な金額を払っているのでは・・・と少し不安になってしまう。

でも、両替の時に桁の多さにびっくりしたのだから、少なくともゼロは一個取れるはず。だったらそこまでの金額ではないのかな。まあ後から計算してみよう。

チケットを受け取った後は車内の中ほどに進んでいった。しかし車内はけっこう混んでいて、後ろの車両にも行ってみたが、席は満席だった。しょうがない。若者だし立っていよう。

先ほどスカーフをくれたおばちゃんはちゃっかりと座っていた。目が合い、軽く会釈をすると、笑顔が返ってきた。言葉が通じなくても、意思がちゃんと通じるのは気持ちのいいものだ。

line

バスが走り出した。雪道なのでガラガラとチェーンの音がやかましく、嫌な振動が足から響いてくる。ただ車内は暖かく、今の格好でも寒くないのだけは救いだった。

雪道の中を普通のバスを運転するだけでも大変なのに連接車のバスを運転するのはもっと大変そうだな・・・。交差点を曲がるときなどに後ろだけ滑ったりしないのだろうか。

よくわからないけど、長いというのは不安定そうに感じる。後ろの車両に乗っていることだし、ちゃんと手すりに捕まっておいた方がよさそうだ。

停留所を幾つか過ぎると、席が空き、私も座れるようになった。座席に落ち着くと、せっかくなので窓の外の景色を見ようと思い、曇っているガラスを拭いた。

しかし外の景色が見えたと思ったら、すぐに曇ってしまった。冷気の悪戯というやつか。なにくそともう一回拭くものの、またすぐに曇ってしまった。これは冷気の嫌がらせだな・・・。何度か試みた後で諦めた。

この寒さと雪がモスクワの冬の日常で、これが当たり前なんだろうな。曇ったガラスの外に見えるコチコチに凍った町並みを見ながら思ってしまった。

line

しばらくするとバスが停留所に着き、乗客がぞろぞろと降り始めた。どうやらここが終点のようだ。

バスから降りると、再び凍えるような寒さが待ち受けていた。さっきに比べれば首に巻いている分と、体が少し慣れた分ましとはいえ、やはりこの寒さは尋常ではない。

なんて寒いんだ。寒すぎるよ・・・とブツブツ言いながら足早に地下鉄の駅に向かっていると、駅の横の空き地で露店のバザールをやっているのに気が付いた。

これはちょうどいい。差し迫ってこの寒さをしのぐものが欲しい。青空市ならいいものが安く手に入るかもしれない。バザールを物色してみる事にした。

line

バザールでは雑貨や衣類などの露店が並んでいた。体が寒い以上に今は手が冷たくてたまらない。このままでは写真を撮る事はおろか、ポケットから手を出すことすらできない。手ごろな手袋を探す事にした。

露店の間をぶらぶらと歩いていると、妙に周りからの視線を感じる。そういえばモロッコの民族衣装を着ていたんだっけな・・・。忘れていた。視線の感じからすると、モロッコの民族衣装を着た短髪の東洋人はかなり目立つようだ。

冷気並みにチクチク突き刺さる視線を周囲から感じつつ、手袋を売っている店を探すと、綺麗なロシア人のお姉さんが切り盛りしている露店に手袋が並んでいた。ここは手袋ばかりが並んでいて、商品には値札がついていた。

その中から安くて暖かそうな綿の手袋が目に止まった。これがいい。早速、鞄からノートとボールペンを出し、凍えそうな手で値札より少し安い値段を書いてお姉さんに渡してみた。値切れないかなと思ったからだ。

モロッコでは定価の概念がないので、こういった交渉が当たり前だった。海外では交渉して買うのが当たり前。ということはないけど、言葉が通じない中での買い物交渉はなかなか楽しい。

ここでもときめくような買い物をと期待したのだが、無表情に首を横に振られてしまった。

値段が安すぎたのか・・・。めげずにもう少し値を上げた数字を書いてみるものの、やはり首を振るだけだった。どうも表情や態度から値切る気は全くなさそうだ。

この国は日本と同じで定価が基本なのだろうか。それともこの綺麗な人がけちなのだろうか。値切りの交渉をしつつ、買い物を楽しみたかったのに・・・。残念ながら値切り交渉は失敗に終わった。

仕方なく値札と同じ金額を払って手袋を購入した。そしてタグなどを取ってもらい、その場で身に付けた。

売ってくれたお姉さんい「温かいよ」といったジェスチャーをすると、ようやく少し微笑んでくれた。う~ん、可愛い。でも少し顔が引きつっている感じからして、ロシアでは私はモテそうにないな・・・。

line

手袋を装着し、これでまた一段と暖かくなった。なんだかこれって・・・、ロールプレイングゲームの主人公がどんどんと装備を整えていくような感じかも。そのうち旅人の帽子とか、冒険者の杖とか、勇者の鎧なんてものが手に入るのかな?

そんな事を思いつつ地下鉄の駅に入ると、かなり暖かく感じる。 動物が土の中で冬眠をするのも分かる気がすると書けばかなり大袈裟だが、この暖かさはうれしく、顔の痛さが徐々に和らいでいった。

階段を下りていくと、日本と似たような感じの改札があった。が、ここで困った。どうやって地下鉄に乗ればいいのだ。

切符を買おうにも書いてある文字は読めないロシア語ばかり。路線図も全部ロシア語。さっぱり乗り方と購入方法が分からない。

図書館でガイドブックの路線図だけはコピーしたものを持ってきたものの、ちゃんと乗り方まで調べてこなかったので、どうにもならない。

利用している人々を観察してみると、なんかメダルのようなものを改札機に入れている。どうやらそれが日本でいう切符のようだ。あれを手に入れればいいんだな。

それは近くの有人の窓口でみんな買っていた。でもなんて言って買えばいいのだろうか。路線図を見てもロシア語で書かれた地名を読めるはずがない。どこまで行くのかわからなければ、売る方も困るだろう。

それに違う切符を買って改札から出れなくなってキセルだ!と警察に連れていかれても困るしな。ここはロシアだから長く拘束されて、飛行機に間に合わなくなって・・・・。ってことも十分にありうる。

こうなったらいつもの手だ。地名の連呼作戦。行きたい場所の名前を言っていれば世界中どこでもどうにかなるもの。

ということで「クレムリン」「クレムリン」と連呼しつつ、窓口で苦労しながらクレムリンまでの切符を欲しい事を伝え、適当なお金の札を渡した。そんな駅名は多分ないと思うけど、駅員なら私の意図する事はわかってくれるはず。

すると、ちゃんと通じたみたいで、お釣りとメダルみたいなものを渡してくれた。よし成功。メダルが手に入った。さすが旅慣れているだけあるな。と自分に満悦。

早速そのメダルを持って改札機へ行き、改札機に投入した。んんっ?あれ、メダルが戻ってこないぞ。て、あっ、そうか・・・。よく考えたらこれは一律同じ料金という事ではないか。

さっきの窓口でのやり取りを思い出して、ちょっと恥ずかしくなった。でもまあ地下鉄に乗れたからいいことにしよう・・・。旅の恥は搔き捨てだ。背中に先ほどの駅員の生暖かい視線を感じつつ先に進んだ。

line

地下のホームまで長い階段を降りていった。なかなかいい運動だ。東京でエスカレーターがあるのが当たり前の生活をしていると、ある意味新鮮な感じがする。

ホームに下りると、再び問題発生。どっちがクレムリンというか、町の中心へ向かっているのだ。地下鉄だと全く方向感覚がつかめない。

どっちのホームだ。と考える間もなくちょうど電車が入ってきた。次の電車まで待たされるかもしれない。確率は二分の一。駅員が立っていれば聞くのだが、見当たらない。唯一持っている地図で電車に表示されているロシア語の行き先を確認しつつ、多分間違いないと私なりに確信し、その電車に乗った。

しかし三つぐらい駅を過ぎた後、どうも違うような気がしてきた。どんどん人が降りていき、車内がすいてきたからだ。

これは逆に進んでいるのではないか・・・。終点まで地下鉄の旅っていうのは、風景が見えないのであまり面白味がない。それに時間がたっぷりあるわけではない。

何とかしなければ。隣に立っていたお兄さんに「すみません。クレムリンに行きたいのですが、この電車であっていますか?」と英語で聞いてみましたが、首をかしげるだけだった。

やっぱり英語は通じないのね・・・。しょうがないので再び地名の連呼作戦。「クレムリン」と言い、この電車を指差してみた。

すると笑って首を横に振られてしまいました。意思が通じたのはうれしいけど、逆に走っているのはよろしくない。ちょうど駅に着き、お兄さんに笑顔で見送られながら反対のホームの電車に乗り換えた。

line

今度は順調だ。駅に着くたびに記号のようなロシア語で表記されている駅の案内板と、持ってきた路線図を確認した。車内のアナウンスはないし、あったとしてもロシア語では理解できない。自分の観察力だけが頼りだ。

そしてやっとお目当ての駅に着いた。ここでは結構降りる人が多い。きっと間違いない。電車から降り、人の流れと共に改札に向かった。

改札を出ると、少しにぎやかな感じの地下街になっていた。商店が多く並んでいる感じからして繁華街といった雰囲気だ。

地上に出たらクレムリンに行き、その後は色々とモスクワの町を歩こう。人の流れについて地上への階段を上っていった。

そして地上に出てみると、また体の芯から凍えるような寒さが待ち受けていた。今回は少し長く温かい場所にいたので、結構きつい・・・。ほんと、この寒さは何とかならないものか。

極寒のモスクワ散策記97'
#4 市内へのバスと地下鉄
「#5 クレムリン宮殿」につづく Next Page

広告

広告

広告