昔日のシリア写真展 ~心にとどめておきたい笑顔と風景~

昔日のシリア写真展 レバノン7

トリポリの町(トラブロス)

< The City of Tripoli (Trablos, Trablous) >

北部の地中海沿岸にレバノン第二の都市トリポリがあります。アラビア語ではトラブロスですが、トリポリの名もよく通じます。トリポリといえばリビアの首都もトリポリです。ギリシャにも同名の都市があったりします。少しややこしいのですが、これらの都市の語源は同じでギリシア語の「3つの都市(三都市連合)」を意味する「Tripolis」に由来しています。ここのトリポリの町はシリアのアルワード島(アラドス島)、レバノン南部のティルス、シドンといったフェニキア同名の中心地だったのでそう名づけられました。

トリポリは他のレバノンの都市と同じでフェニキア時代に遡ります。そして13世紀マムルーク朝により征服され、十字軍、オスマントルコと支配者が変わっていきました。他の国内の都市と同じような歴史を持っていますが、町の雰囲気は少し違っています。住民の80%はイスラム教スンニ派のムスリムで町中にはイスラム教のモスクが多く、また内戦の傷跡も大都市の割には少なかったため、旧市街では昔ながら建造物が多く残り、近代化や欧米化が進むレバノンの中にあっていかにもアラブといった雰囲気が今でも感じられます。

写真展インデックスに戻る→

line
タール広場と時計塔
タール広場と時計塔

この広場がトリポリの中心部になります。
(At-Tall In Tripoli, 21 Mar. 2001)

line
タール広場前の通り
タール広場前の通り

中心部なのでにぎやかな感じです。
(In Tripoli, 21 Mar. 2001)

line
夜の時計塔
夜の時計塔

夜にはライトアップされていました。
(In Tripoli, 19 Mar. 2001)

line
タイナルモスクの尖塔
タイナルモスクの尖塔

巨大な尖塔が特徴的です。
(Taynal Mosque In Tripoli, 19 Mar. 2001)

line
タイナルモスクの水場とドーム
タイナルモスクの水場とドーム

緑色のドームもここの特徴です。
(Taynal Mosque In Tripoli, 19 Mar. 2001)

line
タイナルモスクの噴水
タイナルモスクの噴水

全体的に石造りの重厚感が漂うモスクです。
(Taynal Mosque In Tripoli, 19 Mar. 2001)

line
バルタシッヤ・モスクの入り口
バルタシッヤ・モスクの入り口

マドラサ(神学校)を改修したモスクのようです。
(Al-Burtasiyya Mosque In Tripoli, 19 Mar. 2001)

line
バルタシッヤ・モスクとアブ・アーリー川
バルタシッヤ・モスクとアブ・アーリー川

独特な形をした尖塔が目立ちます。
(In Tripoli, 21 Mar. 2001)

line
マドラサ(イスラム神学校)
マドラサ(イスラム神学校)1

独特の入り口をしています。
(In Tripoli, 21 Mar. 2001)

line
マドラサ(イスラム神学校)
マドラサ(イスラム神学校)2

入り口に独特な紋章があり、イスラム的な雰囲気を強く感じます。
(In Tripoli, 21 Mar. 2001)

line
町中の噴水
町中の噴水

中東では当たり前の風景です。
(In Tripoli, 21 Mar. 2001)

line
住宅街にあった機関銃
住宅街にあった機関銃

普通なら双眼鏡とか取り付けられているものですが・・・。
ちょっとビックリしました。
(In Tripoli, 21 Mar. 2001)

line
トリポリの港
トリポリの港

レバノン第二の港だけあって大型船が多く停泊していました。
(In Tripoli, 21 Mar. 2001)

line
トリポリの湾内
トリポリの湾内

奥まった入り江にはボートやら漁船が多く停泊していました。
(In Tripoli, 21 Mar. 2001)

line
港に置かれた船
港に置かれた船

味があるというか、人が暮らしていそうな感じでした。
(In Tripoli, 21 Mar. 2001)

写真展インデックスに戻る→

<* 昔日のシリア写真展* レバノン7 トリポリの町(トラブロス) 2015年12月初稿>