昔日のシリア写真展 ~心にとどめておきたい笑顔と風景~

昔日のシリア写真展 シリア地中海岸1

タルトゥースの町並み

< City of Trutus >

シリアの地中海沿岸の南側、レバノンとの国境近くにタルトゥースの町があります。沖合いには小さなアルワード島がありますが、実はこのアルワード島はフェニキア人の植民都市アラドゥスとして栄え、そのアラドゥスの向かい側の町として造られたのがタルトゥースになります。市内には大きな遺跡はありませんが、周辺には多くの遺跡があり、またビーチもあることから観光の拠点として発展しつつある町です。

写真展インデックスに戻る→

line
タルトゥースの港
タルトゥースの港1

一番タルトゥースらしい風景です。
(In Trutus, 25 Mar. 2001)

line
タルトゥースの港
タルトゥースの港2

港の堤防の一番奥の方から。
(In Trutus, 25 Mar. 2001)

line
タルトゥースの海岸通り
タルトゥースの海岸通り

白いモスクと青空が美しかったです。
(In Trutus, 27 Mar. 2001)

line
海岸付近の建物
海岸付近の建物

風車でしょうか。
(In Trutus, 27 Mar. 2001)

line
海岸通り
海岸通り

整備途中の町といった感じでした。
(In Trutus, 26 Mar. 2001)

line
タルトゥースの町で
タルトゥースの町で

何かわからないけど人が集まっていたので。
(In Trutus, 25 Mar. 2001)

line
タルトゥース博物館
タルトゥース博物館

元々はビザンチン時代教会で、現在は博物館として利用されています。
近郊の遺跡から 出土したものが展示されています。
(In Trutus, 27 Mar. 2001)

line
タルトゥースの夜景
タルトゥースの夜景1

海岸の町といった感じです。
(In Trutus, 26 Mar. 2001)

line
タルトゥースの夜景
タルトゥースの夜景2

街灯がずっと続いていました。
(In Trutus, 26 Mar. 2001)

写真展インデックスに戻る→

<* 昔日のシリア写真展* シリア地中海岸1 タルトゥースの町並み 2015年11月初稿>