リアルタイム旅行記 道標ない旅
風の旅人 HOME → 道標ない旅 INDEX → 旅の出金簿 INDEX → 13ヶ月目の総括
<2009年5月改訂版>
旅の出金簿
〜〜〜 約13ヶ月目の出金総括 〜〜〜
<2000年1月20日〜2001年2月15日 393日間(393日計算)>
*出金総括*
*国別出金簿*
出金項目
総出金額 (一日あたりの出金額)
前回比
・総計
763,600円 (1,950円/日)
-60円/日
・宿泊費
124,400円 (320円/日)
-20円/日
・交通費
156,800円 (400円/日)
-20円/日
・入場料
30,000円 (80円/日)
±0円/日
・ビザ関係費
37,300円 (90円/日)
-10円/日
・郵便、通信費
62,700円 (160円/日)
+10円/日
・写真関係
130,000円 (330円/日)
-20円/日
・その他、食費等
222,400円 (570円/日)
+10円/日
・訪問国(追加分)
インド、ネパール
*** 備考 ***
宿泊費 : 宿泊にかかった費用 ・交通費 : 航空機、鉄道、バス、タクシー等やツアーにかかった費用 ・入場料 : 博物館や遺跡等の入場料 ・ビザ関係費 : ビザ所得や延長の料金、及び出入国に関する費用 ・郵便、通信費 : 電話、インターネット、小包、はがき等の料金 ・写真関係 : 現像代、フィルム代、機材費 ・その他、食費等 : 食費やその他分類出来なかった費用全て
  日本を出発してから393日間の出金簿です。私の旅もとうとう1年が過ぎてしまいました。日本を出国する前の計算では、1年間で100万円ぐらい使うのではと思っていたのですが、予定のコストを大幅に下回ったようです。しかしながら、うれしいにはうれしいのですが、よく考えると1年でトルコを回っているはずだったので、今からトルコを回ることを考えると、実際は赤字なのかもしれません。これからは物価の高いトルコ観光が始まります。急に物価が上がると1回の出費の桁が増え、頭が混乱してきます。その為にも頭を物価が高い国用の出費体制に切り換え、あまりけちけちしないようにしようと思っています。

  出金を個別にみていくと、一日あたりの総出金は前回に比べてマイナス60円と、再び2000円を切りました。インドの物価の安さが思いっきり作用したようです。宿代も20円のマイナス。インド、ネパールの宿が安かった上に、よく夜行を使って移動したからなのでしょう。交通費もまた20円のマイナス。ネパールでは一週間バイクを借りて、ツーリングを行ったものの、それ以外はトレッキングをしたりと、あまり交通費がかかっていなかったようです。入場料は増減なし。高額の外国人料金のかかる場所は避けていたので、そんなに増えなかったようです。ビザ代はネパールのビザだけなのでマイナスとなりました。郵便関係費は10円のプラス。インド、ネパールではインターネットは安かったものの、絵葉書を沢山出したり、11キロの小包を送ったので増えてしまいました。写真関係費はうれしい事に20円のマイナス。前回の出金で大量に購入したフィルムのおかげで、今回はほとんどフィルムを購入する必要がなく、減少したもよう。食費、その他の出費は10円のプラス。この項はずっと減少の傾向にあったのですが、とうとう増えてしまいました。しかもこの項は物価に左右されるはずなのですが、物価の安いこの地域で増えてしまうとは。これもネパールから始まった豪食、暴食に、寒くて購入した防寒具のせいなのでしょう。
*** 旅のデータ編 その他のコンテンツ ***
ページの一番上へ
(C) KAZENOTABIBITO/風の旅人