リアルタイム旅行記 道標ない旅
風の旅人 HOME → 道標ない旅 INDEX →旅の出金簿 INDEX → イスラエル編
<2009年5月改訂版>
旅の出金簿
〜〜〜 国別出金簿 イスラエル編 〜〜〜
<2001年 4月6〜9日 4日間(3日計算)>
*出金総括*
*国別出金簿*
・出金項目
・総出金額 (一日あたりの出金額)
・総計
10,200円 (3,400円/日)
・宿泊費
1,200円 (400円/日)
・交通費
1,600円 (530円/日)
・入場料
100円 (30円/日)
・ビザ関係費
3,300円 (1,100円/日)
・郵便、通信費
900円 (300円/日)
・写真関係
0円 (0円/日)
・その他、食費等
3,100円 (1,030円/日)
・為替レート
1NIS=26.8円
*** 備考 ***
宿泊費 : 宿泊にかかった費用 ・交通費 : 航空機、鉄道、バス、タクシー等やツアーにかかった費用 ・入場料 : 博物館や遺跡等の入場料 ・ビザ関係費 : ビザ所得や延長の料金、及び出入国に関する費用 ・郵便、通信費 : 電話、インターネット、小包、はがき等の料金 ・写真関係 : 現像代、フィルム代、機材費 ・その他、食費等 : 食費やその他分類出来なかった費用全て
  イスラエルは中東では別世界。その言葉通り、ここの物価は中東の物価の安さに浸っている旅行者にはしんどいものでした。全体の物価を見ると、ここは間違いなく欧米並み。しかしこの国にも抜け道というものがあり、エルサレムではユダヤ地区、アラブ地区、キリスト教地区に分かれていて、一番物価の安いアラブ地区では、比較的安く滞在する事ができます。宿も部屋の質を問わなければ3ドルちょっとで泊まることもできるし、野菜等はそこまで高くないので自炊すれば驚くほど安く滞在できます。しかしながら私はイスラエルに3日しかいなかったので、一日当りの滞在費は結構高いものになってしまった。出国税の3300円も3日で割ると一日1100円。交通費も国境からエルサレムの往復だけで、この値段なので、もっと長くいれば一日あたりの出費は押さえられたのでしょう。しかし、現在は情勢が悪く、自爆テロの影響でろくに観光できない状態でした。長く居る気にもならなく、観光もあまりする気にならなく、毎日酒を飲んだり、菓子をぱくついていたりしていたら、その他の出費も高くなってしまいました。思えば後に何も残っていない出費が多く、何とも味気ない感じです。そもそも歯医者に行こうと思ってやってきたのですが、歯医者にも行かずじまいでした。
*** 旅のデータ編 その他のコンテンツ ***
ページの一番上へ
(C) KAZENOTABIBITO/風の旅人