リアルタイム旅行記 道標ない旅
<2009年5月改訂版>
旅の出金簿
〜〜〜 国別出金簿 シリア編 〜〜〜
<2001年 2月25日〜3月10日 3月25日〜4月4日 5月11〜20日 235日間(32.5日計算)>
*出金総括*
*国別出金簿*
・出金項目
・総出金額 (一日あたりの出金額)
・総計
69,400円 (2,140円/日)
・宿泊費
14,500円 (450円/日)
・交通費
5,700円 (170円/日)
・入場料
1,200円 (40円/日)
・ビザ関係費
600円 (20円/日)
・郵便、通信費
8,700円 (270円/日)
・写真関係
13,000円 (400円/日)
・その他、食費等
25,700円 (790円/日)
・為替レート
1シリアポンド=2.2円
*** 備考 ***
宿泊費 : 宿泊にかかった費用 ・交通費 : 航空機、鉄道、バス、タクシー等やツアーにかかった費用 ・入場料 : 博物館や遺跡等の入場料 ・ビザ関係費 : ビザ所得や延長の料金、及び出入国に関する費用 ・郵便、通信費 : 電話、インターネット、小包、はがき等の料金 ・写真関係 : 現像代、フィルム代、機材費 ・その他、食費等 : 食費やその他分類出来なかった費用全て
  シリアはどんな国だろうと入国して、一番最初に思ったのが、この国の物価は驚くほど安いという事でした。宿代だけは約4ドルぐらいが安宿の相場と、物価から考えるとちょっと高い感じがしたものの、その他はまんべんなく安い。特にガソリン代が安いので、交通費はかなり安かったです。ただ入場料には外国人料金というものがあって、大体一律6ドルと宿代よりも高いのがナンセンス。しかし国際学生証というものがあれば高くても50円ほどと、地元の人と同じような値段で入ることができるのが、シリアのいいところ。物価の安さとシリア人の人の良さが相成って、シリアに3回入国して3回とも真面目に観光をしてしまいました。その為計算してみると交通費が1日当り170円。入場料が1日当り40円となりました。シリアを旅行された事のある人なら、35日という長期旅行でこの数字はかなりでかいと驚くかもししれません。シリアとはそれほど物価の安い国なのです。

  個別にみると郵便代やその他の出金が多いのは、物価の安いシリアで大量にお土産を購入して、友人や自分にどかっと送ったせいです。写真代もここシリアは中東で一番安く、しかも現像を丁寧にやってくれる店を発見したので、中東で撮った写真のほぼ全てを現像したのと、フィルムも安かったので大量購入した為です。結局なんやかんやいって物価が安いせいで、逆に出費がでかくなってしまった感じです。
*** 旅のデータ編 その他のコンテンツ ***
ページの一番上へ
(C) KAZENOTABIBITO/風の旅人