リアルタイム旅行記 道標ない旅
風の旅人 HOME → 道標ない旅 INDEX →旅の出金簿 INDEX → ネパール編
<2009年5月改訂版>
旅の出金簿
〜〜〜 国別出金簿 ネパール編 〜〜〜
<2001年 1月22日〜2月8日 18日間(17日計算)>
*出金総括*
*国別出金簿*
・出金項目
・総出金額 (一日あたりの出金額)
・総計
47,800円 (2,810円/日)
・宿泊費
3,100円 (180円/日)
・交通費
7,900円 (460円/日)
・入場料
700円 (40円/日)
・ビザ関係費
3,600円 (210円/日)
・郵便、通信費
8,600円 (510円/日)
・写真関係
10,400円 (610円/日)
・その他、食費等
13,500円 (800円/日)
・為替レート
1ネパールルピー=1.5円
*** 備考 ***
宿泊費 : 宿泊にかかった費用 ・交通費 : 航空機、鉄道、バス、タクシー等やツアーにかかった費用 ・入場料 : 博物館や遺跡等の入場料 ・ビザ関係費 : ビザ所得や延長の料金、及び出入国に関する費用 ・郵便、通信費 : 電話、インターネット、小包、はがき等の料金 ・写真関係 : 現像代、フィルム代、機材費 ・その他、食費等 : 食費やその他分類出来なかった費用全て
  ネパールはインドよりも物価が安いか、同じ位と言われているのですが、私の出金簿ではインドの約3倍の出金をしていたりします。これは小包を送ったり、ビザを取得したり、バイクを1週間借りたからであって、物価うんぬんの問題ではありません。更に付け加えると、カトマンドゥでは日々日本食、韓国料理などをたらふく食べていたのもあります。という訳で振り返ってみると、物価の安い国で豪遊したように感じます。出費を惜しんで旅行するのもいいのですが、たまには贅沢をしてみるのも悪くないものですね。

  出金を個別に見てみると宿代はネパールではこんなもの。かなり安いです。交通費はバイクを借りたのと、そのガソリン代が1リットルあたり70円もしたのでこの値段となりました。ちなみに公共の交通はかなり安いのです。郵便は11キロの荷物を送ったのが高かったです。船便で出したのですが、ここは海がないので高いのかな。写真代はインドやここネパールで撮ったフィルムをすべて現像したのと、フィルムが安かったので大量購入したせいで、いつも通りの結構な出費となってしまいました。ビザ代は国境でネパールのビザを取得したものです。計算すると私の場合、ネパールの滞在許可は一日あたり210円だったようです。その他は上に書いたようにいいものを食べていたのと、土産を少々購入したのでちょっと高くなりました。今回のネパール出金はかなり高くついてしまいましたが、納得しての出金なので満足しています。安さばかりを求めて旅行ばかりしていると、だんだん心がすさんでくるので、時には贅沢をしてリフレッショしてみるのも、旅にメリハリを付ける為に必要なことだと感じました。
*** 旅のデータ編 その他のコンテンツ ***
ページの一番上へ
(C) KAZENOTABIBITO/風の旅人