リアルタイム旅行記 道標ない旅
風の旅人 HOME → 道標ない旅 INDEX →旅の出金簿 INDEX → シンガポール編
<2009年5月改訂版>
旅の出金簿
〜〜〜 国別出金簿 シンガポール編 〜〜〜
<2000年 4月30日〜5月7日 8日間(7.5日計算)>
*出金総括*
*国別出金簿*
・出金項目
・総出金額 (一日あたりの出金額)
・総計
22,000円 (2,930円/日)
40,000円 (5,330円/日)
*緑の数字は自転車が盗まれな買った場合
・宿泊費
9,100円 (1,210円/日)
・交通費
500円 (70円/日)
18,500円 (2,470円/日)
・入場料
1,300円 (180円/日)
・ビザ関係費
0円 (0円/日)
・郵便、通信費
1,500円 (200円/日)
・写真関係
2,500円 (350円/日)
・その他、食費等
7,100円 (950円/日)
・為替レート
1S$(シンガポールドル)=約65円
*** 備考 ***
宿泊費 : 宿泊にかかった費用 ・交通費 : 航空機、鉄道、バス、タクシー等やツアーにかかった費用 ・入場料 : 博物館や遺跡等の入場料 ・ビザ関係費 : ビザ所得や延長の料金、及び出入国に関する費用 ・郵便、通信費 : 電話、インターネット、小包、はがき等の料金 ・写真関係 : 現像代、フィルム代、機材費 ・その他、食費等 : 食費やその他分類出来なかった費用全て
  出金のトータルと両替のトータルがぴたりと合うとうれしいものです。物価が高いので、一つの買い物にためらいながら支払っていたから、出金帳に記入漏れがなかったのでしょう。あとは今までになかった事ですが、買い物をする度にレシートをくれた事が多かったのも助かりました。何はともあれシンガポールは他の東南アジアの地域に比べて物価が非常に高かったです。人件費が高いので必然的にそうなってしまうのでしょうが、それ以外にもマルボロが一箱400円もするなど、税金が高いのもあるようです。逆に狭い国なので郵便物が物価に比べると安く、日本までのエアメール代が30円強と絵葉書そのものより安かったのが印象的でした。

  出金を見ると、一日当たり3000円と何とか予算内でカバー出来ました。実際は自転車を購入したので5330円になりますが、後日盗まれ、保険金申請したところ購入金の18000円程戻ってきたので、含めないで計算しました。おかげで市内を自転車でまわった分だけ得をした感じです。宿泊代は予定よりもかさんだ感じです。安さを突き詰めてドミトリーに泊まれば半額にはなったのですが、ちょっと贅沢にエアコン付きのシングルルームに泊まったので、この値段になりました。食費などもかなりの額になりました。ショッピングセンターだらけのシンガポール。日本の食べ物や雑貨が街中にあふれ、歩いているといつの間にか懐かしいと買い食いをしていたりと、財布の紐も緩みっぱなし。買い物天国シンガポール恐るべし!つくづく思いました。
*** 旅のデータ編 その他のコンテンツ ***
ページの一番上へ
(C) KAZENOTABIBITO/風の旅人