風の旅人について
過去のページ集 〜〜 世界わがまま紀行 〜〜 風の保管庫に戻る↑
最終更新日
2004年9月5日
世界わがまま紀行
   風の旅人に戻る

*** メニュー ***

はじめに
渡航履歴
編集後記

 (1996年7月、エジプト/イスラエル、全22日間)

第一部 「カイロおそるべし 第1回ピラミッド登頂編」

§1、いざ、カイロに立つ! §2、エジプト考古学博物館の警察
§3、ピラミッドに登れる? §4、早朝のゴルフ場の向こうには・・・
§5、祝、第1回ピラミッド登頂! §6、左手デビュー?

第二部 「イスラエル きれいなお姉ちゃん編」

§7、イスラエルへ §8、聖書の街でガールウォッチング
§9、オールドシティーでの空手の効果は? §10、死海は痛い!
§11、マサダ要塞登頂! §12、エイラットの少年

第三部 「帰ってきたエジプト 第2回ピラミッド登頂記」

§13、なぜか十戒の地へ? §14、シナイ半島の夜空
§15、シナイ山登頂! §16、一路カイロへ
§17、ピラミッド登頂に向けて §18、屈辱の逮捕!
§19、祝、第2回ピラミッド登頂! §20、列車の切符購入も一苦労
§21、ピラミッド見物 §22、サッカーラの階段ピラミッド観光

第四部 「ルクソール ただものではない編」

§23、一路ルクソールへ §24、ルクソールでの自転車観光
§25、香港人、ペンノンとケン §26、もう一人のチャレンジャー、フィリップ
§27、フィリップ激怒、無理やりホテル移動! §28、なぜ?レスリングとの対決!
§29、悪徳ホテルマン、アレとの格闘

第五部 「さようならエジプト 第3回ピラミッド登頂編」

§30、スルタン・サファリホテルの面々 §31、サファリホテルの女王
§32、祝、第3回ピラミッド登頂! §33、マッサージのアルバイト!?
§34、フィリップとの再会 §35、日本のアジアに対する貢献とは?
§36、さようならエジプト
〜〜 エピローグ 〜〜 〜〜 後書き  〜〜

 (1998年12月、全7日間)

1日目 「中国 北京へ」 2日目 「北京での出会いと分かれ」
3日目 「いざっ 少林寺!」 4日目 「洛陽 龍門の仏達」
5日目 「洛陽 土産物売りの素顔」 6日目 「大晦日 北京の旅人」
7日目 「新年 万里長城より」 〜〜 後書き 〜〜

 (1999年12月、全7日間)

〜〜 プロローグ 〜〜 1日目 「1年ぶりの北京」
2日目 「北京放浪」 3日目 「雲崗の石窟、入れず?」
4日目 「雲崗の仏達」 5日目 「1年ぶりの万里の長城」
〜〜 エピローグ 〜〜 〜〜 後書き 〜〜

 ・・・ ここでは一話での読みきりの紀行記を載せています。

・インド紀行 (1997年8月)

第1話 「インド・入院事件」 第2話 「ガンガー沐浴体験記」

・パキスタン紀行 (2000年9月)

第3話 「カラチ馬車事件」

(C)「風の旅人」 & 門谷政智

*** 編集メモ ***  「世界わがまま紀行」 1999年7月〜2007年5月
  門谷氏とは最初の一人旅に挑んでいる最中にエジプトの有名な安宿スルタンホテルで出会いました。第一印象は元気のいい関西人で、関西弁でエジプト人とやりあう姿はバックパック初心者の私には頼もしい限りでした。門谷氏とは階段ピラミッドの観光などを一緒に行ったり、ピラミッドに登ったり、カメラを譲り受けたりと色々と思い出が多いです。後で聞くと門谷氏もこの旅がバックパッカーにはまるきっかけになったとか。日本に帰国してからはさすがに家が遠いので、時々絵葉書のやり取りなどをしていました。そしてある時届いた葉書にはエジプトでの体験談をHPに載せたいとありました。私の名前や写真を載せてもいいですかという事なので、了解の旨を伝えました。その時は「おーすげー。なんか格好いいかも」としか思っていなかったのですが、次に旅に出るときには私の鞄の中には一冊の日記帳が入っていました。私も旅行記でも書いてみようという気になったからです。ある意味、旅行記を書き始めるきっかけを与えてくれた人になるのかもしれません。

  あいにくと私はパソコンと縁遠い生活を送っていたので門谷氏のHPがどうなったかは知りませんでした。そして時は流れ、我が家にもパソコンというものがやってきて、自分でもホームページを作ろうかなどと考えるようになって、そういえば・・・門谷氏が旅行記を載せていたんだよな。年賀状を引っ張り出してきてどんな感じに仕上がっているんだろうと探しましたが、見ようにもページにつながらりませんでした。あれ変だな。まあいいかと思ったものの、その後私の方がHPを正式に作ることとなり、私のエジプトでの写真は諸事情により門谷氏のカメラで撮ってもらったものが多いので、その使用の許可をもらう為に電話したところ、実はHP製作は途中で話が流れてしまったと聞き、私のHPで製作する事となりました。が、送られてきたフロッピーに入っていたテキストの多いこと。正直あまりにも文字が多くて、製作が大変でした。ふぅ〜。

  このページは長いエジプト紀行からエジプトをテーマに作ってみました。いかにエジプトらしさを出せばいいだろうか。苦心惨憺パピルスなどの文字を切り抜いたりして出来たのがこの画面です。一応・・・、パピルスに書かれたメニューというのが私なりのテーマなのですが・・・どうでしょう。それと旅行記は長いものの、話自体は少ないので、メニューをひたすら貼り付けてみました。これも今から考えるとちょっと微妙かもしれませんね。さすがに今見ると全体的にもうちょっと工夫が必要だなという感じがしますが、でもまあ初心者としては頑張ったのではないのでしょうか。途中で他のページは画面の横幅を800pixにしたのですが、このページはパピルスのような枠を作り直さなければならないのが面倒で、640pixのままでした。さすがにそろそろ作り直さなければと思い、風の旅人をver.4にするときにリニューアルを試みたものの、門谷氏と連絡がつかず、人のページを勝手にいじるのもなんだし、このまま載せておくのもまたなんだしと削除することにしました。また機会があれば復活するかも・・・?
* 風の旅人 過去のページ集 *
表紙(Ver.1)  <メイン画面> ・Ver.0(β版)  ・Ver.1  ・Ver.2  ・Ver.3  ・Ver.3.7  ・Ver.4β
<その他> ・トルコに片思い  ・風の足跡(ver.2)  ・旅の展示室  ・旅の壁紙工房  ・風の旅人写真館β
世界ふれあい写真館  →世界わがまま紀行  ・ブルーウインド・ドット・コム(ver.2)  ・日本ツーリング漫遊記
風の旅人HOME → 風の旅人について 「風の保管庫」 → 過去のページ 世界わがまま紀行
ライン
(C)風の旅人