風の旅人について

***   風の戯言(更新日記) ~ 2016年前期版 ~   ***

・2016年1月1日 ・・・ 「昔日のシリア写真展」の更新

野呂山での初日の出の写真あけましておめでとうございます。昨年は広島で過ごした一年でしたが、あまりいい事がなかった年というか、思えば人生でも最悪の部類に入る一年でした。今年こそは・・・と思うのですが、色々と改善していかなければ同じ台詞をまた今年の12月に言ってしまうような気もします。まずは第一歩。一年の計は元旦にあり。昨年雨で行けなかった初日の出ツーリングに出かけてきました。広島は南側に海が広がっているものの、その先には四国があるので水平線からきれいに上がってくる日の出を見ることができません。瀬戸内の島々を見るのにはいいのですが、これといった初日の出スポットが少なかったりします。そういった理由もあるかと思いますが、関東にいたときに比べて初日の出の盛り上がりはなく、わざわざ遠くまで行っても同じ、近場でというのが一般的のようです。今回訪れたのは野呂山。野呂山はそこそこ眺めがいいことで知られていますが、展望台に人がびっしりということはなく、ほどほどに混み合っているといった感じでした。ここからの日の出は四国の山から登ってくるものでしたが、好天に恵まれたおかげでいい初日の出になりました。おまけに海には少し靄がかかり少し幻想的な風景でした。寒い中、わざわざバイクで訪れたかいがあったというものです。今年こそはいい年になりそうだなと晴れ晴れしい気持ちになれました。

・2016年1月11日 ・・・ 特になし

笹酒まつりの写真新しい年が始まって10日が経ちました。昨年は最悪な年だったので、今年こそはとまず初日の出を見に出かけ、心機一転、気持ちを新たに年を迎えたはずなのですが・・・。まだ10日しか経っていないのに「今年もまた・・・」といった暗雲が漂っているような心境です。年明け早々身内に不幸があるとは思ってもいませんでした。まだ底があるとは。どんどんと地底探検をまい進している感じです。とはいえ暗くなっていてもしょうがないので、久しぶりにイベントの写真を撮りに出かけてきました。ずっとバタバタしていたので、一体いつからなのでしょう。本当に久しぶりで、写真の撮り方が・・・というほどでもありませんが、なんか上手く撮れませんでした。訪れたのは成人式のイベントで、新成人が笹酒を振舞うといった地域の小さなイベントです。これからの人生に様々な希望を抱いている若者に少しいい気を分けてもらえ、少し心が軽くなったような気がしました。それにしても少子化もあるけど、田舎は若者が少ないですね・・・。地域のためにも彼らの今後の活躍を期待したいです。

・2016年1月18日 ・・・ 特になし

山波神明祭の写真年末からずっと穏やかな天気が続いていたのですが、この週末から崩れ、今週、来週は凄まじい寒波に見舞われるとか。引越し時に友人に石油ストーブを譲ってからしばらくエアコンや電気ストーブでしのいでいましたが、こりゃ電気代が大変なことになりそうだ・・・と安い石油ファンヒーターを購入しました。やはり火力があるので、部屋の温まり方が全然違いますね。足元から暖かくなります。電気代の心配も要らなくなったので安心。でも灯油を買いに行く手間や換気が必要になってしまいましたが・・・。さてこの日曜日は天気が崩れそうな予報がありましたが、夕方までは何とか持ちそうな感じだったので、尾道の山波神明祭のとんどを見に行ってきました。ここのとんどは神輿のようになっていて練り歩きます。ぶつけ合いもします。たぶん関東ではなかったタイプの祭りです。この神輿のようなとんどは最終的には普通のとんどと同じように燃やされるのですが、そのときには担ぎ棒などが外され、縁起物が周囲に置かれて一緒に燃やされます。そしてある程度燃えると恵方に向かって倒されます。最後にお餅等を焼くのは一緒ですが、とんどといえども色々と変わった祭りでとても面白く感じました。

・2016年2月15日 ・・・ 特になし

阿月神明祭の写真ここのところ体調が優れなく、更新も一ヶ月ぶりになってしまいました。今まで多くのことを経験してきましたが、寝れないことでの体調不良は初めてで、寝ることが怖いといった睡眠に関しての障害が起きてしまいました。引き金は騒音なのですが、これがどうにもならなく、少々の睡眠導入剤では効き目がなかったのです。医者で薬の量と種類を増やしてもらってからは少しよくなった感じですが、このままの状態では色々と生活に支障をきたしているので、どうしたものかと不安を抱えています。さて、もう二月半ば。関東では1月15日が小正月となり、その近くでどんと焼きが多く行われていますが、地方では月遅れとなり、2月15日頃にも多くのどんと焼きが行われます。特に瀬戸内沿岸では神明祭と呼ばれ、とんどを担いだり、ぶつけたり、とんどの周りで神明踊りを踊ったりと特徴的です。このたび、国の無形文化財にも指定されている阿月の神明祭を訪れてみたのですが、独特の雰囲気の中で行われる祭りはとても素晴らしかったです。

・2016年3月14日 ・・・ 特になし

西条酒蔵通り あかりの散歩道の写真また一ヶ月ぶりの更新になってしまいました。昨年からずっと体調不良に悩まされてきましたが、ようやく改善がみられ、私自身とても安堵している状態です。健康第一と言いますが、いやほんと病気にならないとなかなか分からないものです。まだ本調子ではありませんが、これからは少しずつ更新を行っていきたいと思っていますが、色々とやらなければならないことが山積みになっていますので、時間を見つけ無理のない範囲での更新となるかと思います。先日は東日本大震災から5年の日でした。あれから5年。私自身も父が死に、母親の介護に追われたり、広島に引っ越したり、体調を崩したり、犬が死んだりと色々なことがあった5年です。思えばあの日から何か歯車の回りがおかしくなったように感じ、色々と思うことの多い日です。でも震災に直接関係ない広島ではもう過去のことになりつつあります。逆に東京に暮らしていると原爆のことは無関係のことに感じます。結局、直接自分が苦渋の思いをして体験した不幸、悲惨な状況でなければすぐに他人事になってしまうものですね・・・。それはいい悪いではなく、人間はやっぱり自分の範囲内のことで精一杯なものだと思います。話は変わりますが、この週末には酒の産地西条でちょっとしたライトアップがされていたので訪れてみました。古い町並みにろうそくのライトアップはやはり風情があっていいものです。来週末もやっているのでぜひ訪れてみてください。

・2016年4月4日 ・・・ 風の結晶エッセイ集の「日本の端っこ」を更新

北木島の流し雛の写真4月になり、段々と暖かい日が増え、暑いと感じる日も多くなりました。桜もあまりの暖かさに驚いたのか、一気に満開となったところも多かったのではないでしょうか。一日で満開になったというのは大袈裟ですが、そういった声もちらほらと聞きます。まさに春の本番といった感じです。4月といえば新しい生活が始まった人も多くいるかと思います。新しい生活では戸惑いや躓きもあるかと思いますが、まずは慌てない事。困ったときは一呼吸をおいて考えましょう。そして誰かに相談しましょう。何もわからないうちに急いで結論を出したりすることは絶対に避けるべきです。根つめると鬱病になりますよ。とまあ経験者の意見です・・・・笑。それはさておき、この週末は瀬戸内海の島、北木島で行われている流し雛を見てきました。石切で有名だった島ですが、今では石材の需要も減り、過疎が進んでいるようです。雛流しは北木島で昔から行われ続けている伝統の行事で、今年も無事に雛流しが行われました。ちょっと風があり、波が高かったのでなかなか上手く海へ流れていきませんでしたが、今年もきっとこの島では健やかに子供たちが育ってくれることでしょう。

・2016年4月11日 ・・・ 特になし

用瀬の流し雛の写真先日の大雨と強風で桜が一気に散ってしまい、一つ季節が進んだ感じです。この週末に花見に出かけた人はちょっと物足りない花見になってしまったかもしれません。それよりも週末に外出して家に戻ってみたら、雑草が凄まじい勢いで生えていてビックリしました。おまけに暖かくなったおかげで蚊やノミなどの吸血昆虫も活動するよういになり、早速かゆい思いをしてしまいました。さてこの週末は広島では外相会議が行われましたが、一般人には関係のないこと。前々から行ってみたかった鳥取の用瀬の流し雛へ遥々出かけてみました。着飾った子供たちと母親が子供の健やかな成長を願ってお雛様を流す行事で、いまや全国的に名が知れる行事となっています。多くの観光客とカメラマンが訪れ、静かな町が一日だけですが、大いに賑わっていました。少なくとも鳥取の用瀬と言えば雛流しといった特徴というか、誇りというか、暮らしている人のこの行事にかける思いが感じてきました。とても地元の人の温かさが伝わってくる一日を過ごすことができ、遥々訪れたかいがあったというものです。

・2016年4月25日 ・・・ 特になし

嫁ヶ島の夕日の写真まもなくゴールデンウィーク。旅行の計画を立てている人、仕事のスケジュールや人手確保に頭を悩ませている人。人それぞれ、様々なゴールデンウィークがあると思います。先日の熊本での地震から一週間が経ちました。ボランティアに行こうと計画している人もいるかと思います。旅とは違いますが、今しかできないこと、ボランティアを通じて自分を見つめたり、成長させたいと考えている人もいるかと思います。自分探しの旅などといったじゃれ事などよりよほどいい経験ができると思います。ただし、ボランティアにもいろいろと制約があるので、押しかけはしないようにお願いします。それから時間の経過とともに被災された方の心労は大変なものだと思います。私自身、東日本大震災の時、大した被災はしていないものの、生活環境が激変したために大変な思いをし、結局震災後に鬱になってしまった過去があります。普段の生活から両親の介護で鬱になりかけ、それが頻繁に緊急地震速報が鳴り、緊急車両が通ることなどで心的不安が増したからです。鬱だけではなく、睡眠障害、不安障害といった症状にならないためにも地域や親せき、友人で声かけをしっかりと行ってほしいと思います。継続的なことはなかなかボランティアではできないことですから。また行事等の自粛もいいけど、普段通りであることも大事かと思います。とまあ偉そうに書いていますが、この地震後、体に刻まれた昔の思い出が頭をよぎるせいか、体調がすぐれないといった日々を送っていました。そういった人も多くいるかもしれません。この週末は気分を変えるためにも久しぶりに育った松江を訪れてみました。何十年ぶりとなるのであまりの代わりぶりにちょっとびっくりしました。でも変わらないのは自然の風景。嫁ヶ島の夕日は変わっていませんでした。展望スポットはきれいに整備されていましたが・・・。

・2016年5月9日 ・・・ 特になし

新庄のはやし田の写真ゴールデンウィークが終わりました。長く休みが取れた人、飛び飛びで休んだり、働いたりと中途半端な生活リズムになった人、ずっと仕事だった人、それぞれのゴールデンウィークがあったことでしょう。中にはゴールデンウィークになると実家に帰省して、田植えを手伝うという人もいるかと思います。このゴールデンウィークは比較的天気が良かったので、道を走っていると多くの田んぼで田植えや田植えの準備が行われていました。そんな中、広島では伝統的な田植行事である花田植えの先陣を切って大朝の新庄のはなやし田が行われました。新庄といえば、昨年の夏に甲子園に出場した新庄高校がある新庄です。国の重要文化財にも指定されている伝統芸能で、時代絵巻と呼べる田植えが繰り広げられました。でも昨年よりも来客者が減っていたのが気になるところです。この後、北広島や三次などで多くの花田植えが行われます。広島から遠いという人でも安佐北区の安田でも6月の終わりころに行われるので、見に出かけてみるといいでしょう。

・2016年6月29日 ・・・ サイトのリニューアルと移転作業を始めました

療養中のわんこの写真しばらく更新が停滞させてしまいました。ずっと体調がよくなく、更新をする元気というか、意欲が湧いて来なかったのです。さらには歯まで痛くなり、歯医者へ行くと、これは手術をしないと治らないとの診断。大学病院まで行って手術を受けたのですが、普段の行いの悪さが響いたのか、術後の経過がおもわしくないのです。どこまでが体調不良でどこからが歯の影響なのかわかりませんが、頭痛と胃周りが特に悪く、現在体と精神状態がガタガタです。おまけに犬まで病気になり、手術を受けることに。いや本当にもうどん底状態。笑ってしまうしかないです。このままふさぎ込んでいてもしょうがないので、今回の経験をネタにして色々と書きまくいるぞ。更新再開だ。とまあ前を向いてやっていこうかなと気を奮い立たせているところです。とりあえずやる気を出すために新しくドメインを取得しました。今後はサイトを移転させ、広告収入が入るようにして、継続的にいいサイトを運営していきたいと計画しています。体がもてばですが・・・。

・2016年8月4日 ・・・ サイトのリニューアル作業中

江波の火祭りの写真 先日江波の火祭りに出かけてきました。瀬戸内海沿岸では船による祭りが多く、関東から来るとなかなか新鮮に感じます。とても面白い文化なのでもっと色々な場所へ出向いて写真を撮りたいと思っているところです。

今年になってから更新作業が1か月に1回といった具合に飛び飛びになっています。昔は半年以上も放置することが多々あったので、一か月程度で更新しているのは許容範囲なのかなと思ったり、まずいなと思ったりと自分の中では微妙な更新間隔になっています。さて、この度サイトのアドレスを変更することにしました。2007年から無料のドメインを使用していたのですが、思うところがあって、いや気合を入れるために独自のドメインを購入してもっと本格的に運営をしていこうかと計画しているところです。普通の引っ越しでも役所や銀行に出向いて住所変更を行って、親せきや友人に引っ越しの連絡を送って・・・と大変ですが、サイトの移転も結構大変なのです。おまけにこの機会にスマホでも見やすいデザインにしようとしているのですが、頭が固くなってしまったようで・・・、なかなか作業がはかどらなくて困っています。自分自身の体調もまだ本調子ではないので、ゆっくりと移転、そしてリニューアルを行っていこうと思っています。見辛い状態が続くかと思いますが、気長に温かい目で見てもらえると助かります。

・2016年8月10日 ・・・ サイトのリニューアル作業中

南方万灯祭の写真 連日暑いですね。40度といった気温は中東などの砂漠の国のことと小さい頃には思っていたのですが、今では当たり前のように日本でも耳にするようになりました。この暑い中、甲子園では高校野球、地球の裏側ではオリンピックの熱闘が繰り広げられています。クーラーの効いた部屋で気軽に見ている側としては頭が下がる思いです。倒れない程度に頑張ってほしいと思います。先日は北広島で行われていた万灯祭を訪れてみました。内陸部ながら祇園船の山車が練り歩く素朴な祭りです。夜とはいえ蒸し暑い中年配の方が頑張っていました。準備作業は昼間やっているようで、暑い中地元のために頑張っている姿はスポーツ選手に重なるものを感じました。

この度サイトのアドレスを変更し、サイト全体をリニューアルすることにしました。新しいサイトのテーマは~自分らしい旅をしませんか~です。そして2007年から無料のドメインを使用していたのですが、独自のドメインを購入し、本格的に運営をしていこうかと計画しているところです。そのためにはスマホなどのモバイルでも見やすくしなければ・・・と頑張っているのですが、頭が固くなってしまったようで悪戦苦闘しています。10月に一部の試作版、年明けにある程度の完成版を公開できればと計画しています。見辛い状態が続くかと思いますが、気長に温かい目で見てもらえると助かります。

・2016年8月19日 ・・・ サイトのリニューアル作業中

宮島踊りの写真 お盆休みが終わっても、まだまだ暑いですね。普通に日差しが強く、35度の酷暑のままです。ただお盆頃から夕方に空を見上げると、秋っぽい雲が空を覆っていたり、乾いた涼しい風が吹いていたりと、少し季節の進行を感じることがあります。もうそろそろ涼しくなってくれないかなと切に願ってしまいます。そして4年に一度のスポーツの祭典オリンピックも佳境に入ってきました。12時間の時差があるとなかなかリアルタイムで見ることができませんが、ニュースで見ると近年にないぐらいメダルラッシュでこちらも熱いようですね。地元ネタですが、広島で熱いのがカープ。25年ぶりの優勝に町中、地元民が色々熱いです。またオバマさん効果もあって観光客の数がすさまじく増えているのも広島。宮島に渡るフェリーが大盛況でびっくりしてしまいます。そんな宮島ではお盆の終わりにこじんまりと念仏踊りを基調とした盆踊りが行われます。独特なテンポの踊りで難しいのですが、簡単な曲の踊りでは外国人観光客が物珍しそうに、そして楽しそうに参加していて、とても国際色豊かな盆踊り風景となっていました。

・2016年8月29日 ・・・ サイトのリニューアル作業中

須々万八朔祭の写真 早いようでもう夏休みも終わり。夏休み最後の週末はどのように過ごしましたか。最後の思い出つくりにと家族、あるいは友人などと出かける計画を立てていた人も多かったことだと思います。でも大気の状態が不安定な週末だったので、せっかくの予定が台無しとなってしまい、ガッカリとしてしまった人もいたかと思います。でもこれもまた夏の思い出。夏休みの絵日記帳に雨で悔しかったことでも書き綴っておけば、後で見返した時ににんまりと微笑むような大切な一日になっていることでしょう。それにしても・・・、引き戻ってくる台風って、困ったものですね。よほど日本が好きなのでしょうか・・・。被害が出ないことを切に願います。日曜日は雨でしたが、土曜日はいい天気だったので、須々万の八朔祭に出かけてみました。山間の小さな町で行われる祭りながら、大名行列が行われたり、勇壮な神輿が練り歩いたりと見どころの多いものでした。そして多くの地元の人でにぎわっていて熱気があったのも心地よかったです。

・2016年9月12日 ・・・ サイトのリニューアル作業中

呉でのツーリングの写真 25年ぶり。もっと大袈裟に言うなら四半世紀ぶりに広島カープがリーグ優勝しました。長かったですね。でも本当によかったです。県全体が祝福ムードでいっぱい。そして優勝セールなどお祭り気分で明るい雰囲気になっているのもうれしいところです。25年耐えたうれしさといった感じでしょうか。前回の優勝した25年前は東京で暮らしていました。今ではカープ女子など熱烈なファンが全国にいて、カープとコラボした応援新幹線が運行されていたりしますが、当時の東京ではカープファンはほとんどいない状態でした。カープが優勝しても優勝セールなどメリットがなかったので、西武相手の日本シリーズでも応援する人は少なく、ちょっと寂しく感じたことが記憶に残っています。結局あれから一度も優勝できずに25年。今では広島在住となりましたが、その反面、野球はほとんど見なくなってしまいました。でもこの貴重な瞬間を、とてもいい雰囲気を過ごすことができたのは幸せに感じます。もう一つ先週はうれしいことがあり、東京から友人が少し遅い夏休みをとってバイクで遊びに来てくれ、久しぶりに友人とバイクでツーリングをすることができました。

・2016年9月19日 ・・・ サイトのリニューアル作業中

室原神社例大祭の写真 カープが優勝して一週間。ようやく広島の街も落ち着いたといった感じです。この後CSや日本シリーズと続くので、ちょうど嵐の前の静けさといった感じなのかもしれません。嵐といえば台風が・・・・。十分いただいたのでもう勘弁してほしいです。ってな気分です。今年は週末に大きく天気が崩れることが少なかったのに、8月の終わりぐらいから週末になると台風と関連して大荒れの天気になることが多くなり、スケジュールが立てにくくなって困っています。私事はいいとしてもこれ以上の被害が出ないことを切に願います。農作物も高くなるし・・・。とまあ天気の崩れる前の土曜に室原神社の例大祭に行ってきました。陸では神輿や獅子舞が練り歩き、海では櫂伝馬などの船がでるといった港町独特の祭りで、とても勇壮で見ごたえがありました。

・2016年9月26日 ・・・ サイトのリニューアル作業中

江田島中町八幡神社例大祭の写真 8月の終わり頃から雨が多いです。特に週末や休日。データ的にも広島では平年の比較の150%くらいだとか。ここのところ出かけると雨に降られることが多かったのですが、この週末もやっぱり雨に降られてしまいました。出かけたのは江田島。5年に一度水上で神楽が行われると聞いたので、これは何としてでも行かなければと朝早く起きました。朝は日差しが出ていたし、天気予報も夕方前に少し雨が降るといった感じだったので、機動力を重視してバイクで出かけました。水上で行われる神楽は漁船団の行進とともに素晴らしく、とても壮観な眺めでした。ただ昼からは雨。それもカープの試合が中止になるほどのまとまった雨。船上の神楽は午前中に見れたからいいけど、そのほかの祭礼行事は取りやめたり、体育館などで行われたりと地元の人にはちょっと残念な一日になってしまったようです。私も早めに帰路へ。フェリーにバイクを載せ、ずぶ濡れになって帰宅しました。こう雨に降られる日が多いと曇った日にはバイクに乗るのをやめようかなと思ってしまいました。

・2016年10月3日 ・・・ サイトのリニューアル作業中

天応田中八幡神社例大祭の写真 なかなかさわやかの秋晴れとはいかないですね。特に週末に天気が崩れることが多く、出かけるとかなりの確率で雨に降られてびしょ濡れになっています。この週末も予報では曇りでよくなかったのですが、出かけてみると快晴。晴れたのはいいけど、夏に逆戻りしたかのような日差しと気温でした。遠出して雨に降られたら嫌なので比較的近場の呉にお祭りを見に出かけたのですが、この地域はお祭りが好きというか、祭りが生活に根付いているようで、各地域で賑やかなお祭りが行われます。そして呉の祭りの特徴は鬼が出てくることです。呉ではヤブと呼ばれ、神楽に出てくるような凛々しい感じの面ではなく、もさっとした感じの面をつけ、神輿の警固したり、神輿の行く手を邪魔したりと頼もしくもあり、厄介な存在でもあります。子供たちには怖い存在であるのは確かで、ヤブが来るとギャーと逃げていく子や泣き出してしまう子も多く、この地域ではヤブに育てられているのかな。それで祭りが好きなのかなと見ていて思いました。

・2016年10月17日 ・・・ サイトのリニューアル作業中

新見土下座祭りの写真 広島ではカープが日本シリーズ進出を決めて、再び町が盛り上がっています。次は日本シリーズ。北海道vs広島といった初めての超遠距離対決となりましたが、どういったドラマが展開されるのか楽しみです。さて話は変わりますが、皆さんのパソコンの調子はどうでしょうか。私の場合せっかくだからとWindows7から10に半年前に更新し、特に使い勝手が悪くなったとかなかったので満足していたのですが、10月上旬の自動更新後にスタートメニューが開かなくなり、いろいろ対処してみたものの改善せず、簡単に再インストールしたらエクスプローラまで開かなくなり、こりゃ駄目だと結局新規でインストールし直すことにしました。これが大変に時間がかかる作業で、なんだかな・・・と非常に不満に思っています。どう対処していいのか検索をしてみると意外と多いトラブル症例のようですね。皆さんも気を付けてください。といっても突然こうなったのでどうにもならない問題なのかもしれません。おかげで更新作業がずっとできなく、リニューアルの公開は少し先になりそうです。またもや話が変わりますが、10月中旬は中国地方ではとても多くの祭りが行われます。この週末は新見で行われた通称土下座祭りに出かけてみました。祭礼で行われる大名行列で土下座していた名残りでそう呼ばれている祭りですが、今では土下座することはないものの、行列が通過する間はみんな座っている様子は昔ながら光景でとても面白く、また土地の素朴さを感じる祭りでした。

<風の戯言(更新日記) ~ 2016年前期版 ~ 2016年1月初稿 - 2016年10月改訂>