風の旅人について

***   風の戯言(更新日記) ~ 2015年後期版 ~   ***

・2015年7月6日 ・・・ 特になし

後輩の結婚式の写真この週末は約一年ぶりといってぐらい久しぶりに上京しました。実際に東京についてみると、やっぱり懐かしく感じてしまいますね。ただそれ以上に広島から出て行くと東京の人に多さにビックリしてしまいます。人の多さからくる賑やかさ。人のパワーというか、人の営みが集中した力といったものをすごく感じました。一年前は当たり前の光景だったんですけどね・・・。まあそんなことを感じた上京だったのですが、一番の目的は後輩の結婚式に出席することでした。その後輩はよく一緒にツーリングに行く仲間で、多いときには月一回一緒にツーリングに行っていました。そういった仲間の晴れ舞台はいいですね。心から祝福をしたいと気持ちになります。末永くお互いが力を合わせて幸せな家庭を築いて欲しいです。それにしても広島から東京って遠かったですね。新幹線でも四時間。距離を考えたら4時間で行けるとなるのでしょうが、やっぱり長く感じます。いや昔は普通に8時間とかバスに乗って世界を回っていたのですが、今では四時間乗っただけで腰が痛くなってしまいました。もういい歳だからな・・・。それよりも早く嫁さんもらわないと・・・。

・2015年7月21日 ・・・ 「世田谷散策記、世田谷の秋祭り」の更新

鹿子原の虫送り踊りの写真今月の上旬、友人の結婚式のために久しぶりに上京し、とても楽しかったです。しかしながらやっぱり東京は遠い。昔よりは早くなったものの新幹線で4時間もかかります。この4時間が厄介で、変な体勢で寝てしまったからだと思うのですが、途中から腰が痛くなってしまいました。最初はすぐに治るだろうと気にしていなかったのですが、結局2週間ほど腰痛に苦しみ、また疲れが出たのか夏バテにも苦しみ、更にはぶらぶらとカメラを持って歩いていると、突然縁起でもなくストラップが外れてカメラが落下。たぶん壊れてはいないけど・・・、いや動きが遅くなったような・・・、何にしてもあちこち傷がつき、そのうち液晶は交換しなければならないかもといった心配な状態です。ここのところあまりいいことがなくてへこみまくり。積極的に外出する気にもならなかったですが、このままでは負のスパイラルへ陥って抜け出せないのでは・・・。これではいかん、旅人復活だ!と、この週末は久しぶりにバイクで出かけてきました。目的地は邑南町で、鹿子原の虫送り踊りを見てきました。今年は休日に重なったせいか、いつもからそうなのかわかりませんが、カメラマンの多いこと。何もない田舎に多くのカメラマンが大勢集まっていた様子にとてもビックリしました。行事自体は田んぼや神社、JAなどを回って虫送り踊りをすることで秋の豊作を祈念するものですが、カメラマン以外、地元の人でもあまり興味がなさそうだったのが時代の流れかな・・・と感じてしまいました。

・2015年7月27日 ・・・ 特になし

北広島の八重の管弦祭の写真暑いですね。東京に比べると広島は涼しく感じるというか、実際に気象情報の気温を見ると2~3度涼しいことが多いようです。その点では昼間のうだるような暑さはそこまで感じないのですが、問題は家の構造です。古い家なもので、一階部は涼しいのですが、二階は熱がこもりまくって夜寝るときが苦痛です。冷房を入れて寝れば、昼間の暑さが余計に堪えるわけで、なんだかダルさを感じる日々を送っています。暑い暑いと言っていてもしょうがないわけで、この週末は何とか時間をとって北広島の八重の管弦祭へ出かけてきました。管弦祭と聴いても他の地域の人には何の祭りだろうとわからないと思いますが、広島では宮島の管弦祭という船の祭りがあって、その流れで各地で管弦祭と名がつくお祭りが行われています。北広島は山地で海がないので船の形をした山車が練り歩いていました。なんか素朴で楽しい祭りでした。会場では明日は地元の新庄高校が甲子園出場をかけて明日決勝戦を行うのでみんなで応援しましょうとアナウンスしていたのですが、翌日の広島県大会決勝で見事に優勝。きっとみんな喜んでいることでしょう。これを機に北広島の知名度が上がり、ユネスコや国の重要文化財に指定されている花田植えなどを訪れる人が増えるといいですね。マスコットキャラの花田舞太郎は甲子園に行くのかな。真っ黒な牛なので中の人が熱中症にならないか心配です。笑

・2015年8月4日 ・・・ 特になし

いとこの結婚式の写真暑いですね。この暑い中、結婚式に出席するために神戸へ行ってきました。車で出かけたのですが、これが遠い。岡山の向こうといったイメージだったのですが、広島から岡山までも距離があるし、岡山から神戸も距離があるし、思いのほか重労働でした。まだまだこっちの土地勘に慣れていないのを実感し、体に広島から神戸は日帰りは厳しい事実を刻み込んだ一日となりました。更には結婚式は私の上のいとこの結婚式で、順番的に次はおまえだろうと攻められ続けた一日でもありました。でもいい人とめぐり合えてよかったと心から思え、幸せになって欲しいと思いました。まあそのうち私も・・・。

・2015年8月10日 ・・・ 特になし

広島の灯篭流しの写真暑いですね。各地で連続猛暑日記録が更新されたといったニュースを耳にします。日本だけでなく世界中で猛烈な暑さが続いているようで、やっぱり温暖化というか、気候の変動が地球に起こっていると感じざるを得ません。また暑いだけではなく、広島県内でもゲリラ豪雨的な雨が多い地域とまったく降らない地域と極端です。昔から暑さもお盆までといいますが、本当にそうなって欲しいと心から願いたいです。そういった暑い夏の日に広島では70回目の原爆の日を迎えました。以前に式典を訪れたことがありますが、さすがに今年は70周年という節目に当たるせいか、ビックリするぐらい多くの人が訪れていました。式典は時間の都合で訪れることができませんでしたが、夜は灯篭流しを見に出かけてきました。ライトアップされた原爆ドームと川を流れる灯篭の様子はとても幻想的な光景でした。広島で育っていない私には原爆といってもあまりピンとこないのが実際です。いや世界を旅しているからこそピンとこないのかもしれません。平和に対する考え方は広島の人とは異なっていますが、戦争がない世の中になって欲しいという気持ちは一緒です。未だ世界では内戦等が多く行われていますが、80回目には今よりももっと平和な世の中であって欲しいと切に思います。

・2015年8月17日 ・・・ 特になし

周防祖生の柱松の写真お盆が終わりました。この週末で夏休みが終わった人、ずらしてこれから夏休みの人、特に夏休みがない人、様々だと思います。私はお盆の期間中は久しぶりに自由に過ごすことができました。広島で迎える盆。小学校のころはたまに広島の祖母の家でお盆を過ごしていましたが、大人になってからは初めてでした。お盆の意味を理解して過ごしてみると、やっぱり東と西ではちょっとした違いがあるのに気がつきました。色々とありますが、一番驚いたのは朝の行事がないことです。関東では朝早く盆舟などを流す行事があるのですが、こちらでは全て夕方からの行事です。花火大会にしても世田谷では19時から20時で行われていましたが、こっちでは日没時間が遅いのもあってかなり遅い時間から始まり、祭りも比較的遅くまで行われています。お盆だからとか、お祭りだからといった特別な日という感覚はやはり地方の方が根強く残っているもんだなと改めて思いました。そんなお盆の期間中に国の無形民俗文化財に指定されている岩国の周防祖生の柱松に出かけてきました。簡単に説明するなら玉入れの火の玉版といった感じで、ちゃんと中に火の玉が入ると花火に点火され、なかなか美しい光景になります。なかなか見ていて面白かったです。

・2015年8月24日 ・・・ 特になし

我が家のわんこの写真まもなく夏も終わり。まだまだ日中は30度を越えるような暑い日が続いていますが、朝晩の気温はずいぶんと下がり、冷房を入れなくても寝ることができるようになりました。日の入り時間も早くなり、もうそろそろ秋がやってくるんだろうなと感じていたりします。この週末はお盆の後であり、夏休み最後の日曜日の前の日曜日でありと、なんか中途半端な日曜日だったのか、あまり大きなイベントのない週末でした。天気もいいし、どこかへ出かけようかと思いつつも、先週は積極的に出かけたし、昼間はやっぱりバイクで出かけるには暑いし・・・、まあ今週はいいか・・・とだらだらと過ごしてしまいました。だらだらと過ごしていた割にはホームページの制作がはかどってしまい、来週には世田谷散策記の大きな更新を行います。お楽しみにしていてください。特に写真を撮らなかった一週間でしたが、日が落ちる夕方にはカメラを持っていつもよりも遠くへ犬の散歩に出かけました。あまりいい写真は取れませんでしたが、飼っている犬はうれしかったようで、とても喜んでいました。

・2015年8月31日 ・・・ 世田谷散策記「世田谷散策プラス」を公開

愛機S5Proの写真夏が終わってしまいましたね。夏の始まりは、今年はどんだけ暑くなるんだよ。連続猛暑日の更新ニュースに不安を感じながら暑さと戦っていましたが、お盆過ぎてから雨や曇りの日が多く、気温も低くなって過ごしやすく感じます。体が暑さに慣れてしまったのでしょうか。この週末は夏休み最後のイベントとして因島の水軍祭りに行こうかなと計画していたのですが、土曜日は本降りの雨。日曜日もぐずついた天気で、張り切って出かけようといった感じにもならなく、グダグダと過ごしてしまいました。先週もろくに写真を撮っていなかったのですが、今週も載せる写真がないって感じです。って事でいつも使っているカメラの紹介です。メインに使っているのはfujifilmのS5Proです。ちょっと前にオーバーホールから戻ってきた時の写真です。画素数はいまどきのカメラと比べるとはるかに少なく、動作も遅いし、連射もできません。でも撮った後が楽なので愛用しています。jpgでいい色が出るのでそのまま使えるのです。raw現像なんてしたくないし、撮ったら満足して必要なときにしか写真を見ないし、サイトに載せたりする程度なら高画素はいらないし、ファイルサイズも小さいし、私にとっては非常に使いやすいです。時代遅れになりつつあるカメラですが、壊れるまで使っていこうと思っています。

・2015年9月7日 ・・・ 「風の旅人について」「更新履歴」「風の保管庫」「サイトマップ」「プライバシーポリシー」などの更新

シリアでの写真先週に引き続いて今週も雨の週末。少しぐらい雨に濡れても行ったれ!っといったイベントもなく、今週末もまた悶々と過ごしてしまいました。思えばお盆からどこへも行っていないな。そもそもバイクに乗っていないぞ。そろそろバッテリーの充電だけでもしておくかといった状態です。世田谷だったら今頃区内で一番賑やかな北沢八幡の神輿が練り歩いているんだろうなと想像するとちょっともどかしさを感じてしまいますが、全国の予報を見たら東京も雨模様だったので、それならしょうがないかと変に納得してしまいました。って嫌な性格をしていますね・・・。この週末は時間があったのでサイトの更新を精力的に行いました。風の旅人についてとか、更新履歴とか、サイトマップとか、過去の戯言とか、ほとんど見る人がいないようなページをリニューアル。おしゃれは足元からというけど、やっぱりサイトも根本的な部分をしっかり作っておかなければなといった感じです。これで後はメイン画面とか、エッセイとかを作り直していけば結構まともなサイトになっていくのではないでしょうか。最近ではヨーロッパで難民の問題が社会問題になっていますし、ちょっと先になるとは思いますがシリアのページを作って募金を集めようかなと思ったりもしています。写真は昔シリアに行ったときに地元の人に載せてもらったトラックです。難民ではありません。日常の風景です。

・2015年9月14日 ・・・ 特になし

近所の川の写真またこういった風景を見るとは・・・・。東日本大震災の時の嫌な記憶がよみがえってきました。その前日に世田谷の多摩川の様子がテレビに映し出され、普段見覚えのある兵庫島が水没しているといったありえないような状況だったので、これは深刻な事態になるのではと危惧していたところ、常総の方で悲惨な状況となってしまいました。水に家が流されていく・・・、あの様子は何度見ても嫌ですね。東日本大震災で被害を受けた地域とも被るので、家を修理したばかりといった方もいることでしょう。今後頑張って復興してしてもらいたいものです。写真は今住んでいる近所を流れる川です。ちょっと前の台風では河川敷が水没しそうなぐらいまで水かさが増えました。住んでいる場所が低いのでもしあふれたら・・・・と考えると恐ろしいです。本当に近年大規模な災害が増えています。それがいつ自分の住んでいる場所へ襲い掛かってくるかもわかりません。くれぐれも防災については常日頃から心がけていきたいものです。

・2015年9月21日 ・・・ 風の結晶~風の旅人エッセイ集~のリニューアル、エッセイ5編追加

江田島の祭礼の写真洪水から一週間。その間にも阿蘇山は噴火し、チリで大規模な地震と津波が起こりと自然の驚異にさらされて生きているんだなと実感せざるをえません。今のところ大規模な噴火が起こる可能性が高いという山がないのは救いですが、各地の噴火危険地域に住んでいる人は気をつけてもらいたいものです。さて久しぶりのシルバーウィーク。休める人は行楽に出かけたり、里帰りをしたりと有意義に過ごされているかと思います。残念ながら私の方はあまり関係がないので、ホームページのリニューアルを行いながら隣町の秋祭りの見学に行ってきました。なんかこのごろ急に秋になったというか、秋が深まってきたように感じます。東京では9月の頭から次から次へと神社の祭礼が行われるので、秋祭りを行いながら徐々に秋になっていくといった感じなのです。こっちでは2~3週間遅れといった感じで、秋になってから行われます。気候の違いもありますが、収穫作業を行ったり、祭礼関係者が忙しいのもあるようです。そして人口が少ない分、地域全体で盛り上がっているのもいいですね。思えばここ一ヶ月以上こういった祭りの写真を撮っていなかったですが、やっぱりこういったお祭りに出かけて各地の文化に触れ合うというのは色々と勉強になります。来週もまたどこかの祭礼にお邪魔するかもしれません。

・2015年9月28日 ・・・ 風の結晶~風の旅人エッセイ集~の修正

我が家のわんこの写真2先週は久しぶりに災害のニュースを聞かなかったような気がします。夏から猛暑に台風やゲリラ豪雨、地震に火山と日本中、いや世界中で災害のニュースを週に一回は聞いていたような気がしますが、今週はなかったような気がします。ただ台風が来ているので、また今週は災害のニュースが届いてしまうかもしれません。さてこの週末は先週に引き続いて祭り見学に行こうかと思っていたのですが、行きたいと思っていた祭りが土曜日に行われているのを知らず、土曜日の夜に道の確認をしていた時に気が付き、一気にがっくり来てどこへも出かけずじまいでした。それに広島では10月に祭りを行う地域が多く、他の町でやっている場所も見つけられませんでした。ってことで家の掃除をしたり、犬を洗ったり、散歩に行ったりして過ごすことに。ついでに旅行記も見直も行いました。旅行記は全部終わっていないので来週にリニューアルする予定にしています。

・2015年10月5日 ・・・ 風の足跡~風の旅人旅行記集のリニューアル、風の結晶~風の旅人エッセイ集~の修正

福田の獅子舞の写真気が付けば10月。いや~早いですね。あれもやらねば、これもやらねばと思いつつ、もう10月かよってな感じです。やれることはすぐにやる。頭の中ではわかっているんですけどね・・・・なかなか実践できません。あと三ヶ月しかないと思うと、自分の尻に火をつけたくなってしまいます。そんな私の事情とは裏腹に世間ではあちこちで秋祭りが行われ、人々の笑顔がはじけています。この時期は一年で一番老人が元気だと感じます。夏の猛暑から開放されたのと、暇なパワーで秋祭りの準備からえらく張り切り、孫のために見栄を張るおじいちゃんが多いこと。見ていてほのぼのとするというか、これぞ日本の秋ってな感じがします。この週末は県の文化財にも指定されている福田の獅子舞を見に行ってきました。県の文化財に指定されていても小さな集落で行われる祭りは小規模で、ほのぼのとしたものです。獅子舞の主役は子供なのですが、集落に年頃の子供がいなく、少し年下の男の子が頑張って努めていました。少子高齢化、あるいは過疎化によって近年日本中の田舎でよくある話です。毎年行えなくなり、何年かに一回といった隔年開催にしているところもあります。地域の問題なので、外部の人間がとやかく言うことではありませんが、祭り好きとしてはこういった素朴な祭りが長く続いてくれることを願いたいです。

・2015年10月12日 ・・・ 風の足跡~風の旅人旅行記集のリニューアルの続き

亀山神社のやぶの写真秋祭り真っ盛りですね。広島来ても時間を見つけて秋祭りを見学しているのですが、驚いたというか、へぇ~と感じたのは、「やぶ」と言われる鬼の存在です。東京の感覚からすると節分以外にも鬼が活躍するんだ・・・といった感じです。この鬼は、全ての祭りでそうというわけではないようですが(まだ完全に文化圏を理解していないもので・・・)、祭りでなくてはならない存在のようで、子供たちを泣かせたり、奉納される米(俵神輿)を邪魔したりと悪さばかりします。顔自体が怖いので子供たちは逃げていきます。でも煙たがられる存在ではなく、なかなかの人気者でもあり、多くの人が一緒に写真を撮っていました。なかなか面白い存在です。この週末はやぶが登場する比較的大規模な呉の亀山神社の祭りを見に行ってきました。ここでもやぶは大活躍。とても興味深く見学させてもらいました。この他でも神輿の担ぎ方と神楽は関東とは全く異質で、見ていて戸惑います。また瀬戸内海の島では船に関する祭りが多いのもこっちの特徴でしょうか。所変われば品変わると言いますが、日本国内でも結構違うものですね。

・2015年10月19日 ・・・ 風の足跡~風の旅人旅行記集のリニューアルの続き、世田谷散策記の微修正

三宅神社の奉納花火の写真秋も徐々に深まり、秋祭りも佳境に入ってきたといった感じでしょうか。広島の秋祭りを見学していて、「やぶ」の面白さに魅せられ、ここのところ「やぶ」めぐりをしているのですが、また面白いものを発見しました。奉納花火です。奉納花火と書くと普通でありきたりなのですが、ここでは氏子が自家製でつくった花火を奉納するのです。そう書くとえっ~といった感になるでしょ。実際危ない雰囲気がぷんぷんします。花火は神楽の合間に奉納され、種類は竹の筒に火薬を仕込んで設置する吹火と、くるくる回すことで傘のようになる傘火で、傘火は地元のおじいちゃんたちが頑張って下で支えていました。これはちょっと熱そうでした。花火自体はそんなに大袈裟なものではありませんが、火の粉が流れる様子などはとても美しく、東京でもこういった行事があればなと思ってしまいました。ただ中には火をつけたらドカンと爆発してしまうものもあり、ちょっと笑えなかったりします。そのへんは自己責任でというか、自家製の怖さですね。見ていて色々と面白かったです。

・2015年10月26日 ・・・ 世田谷散策記の微修正

野呂山の紅葉の写真10月も終わりに近づき秋も深まっているはずなのですが・・・、昼間は結構暖かいです。いや暑く感じることもあります。夏日になることも多く、半袖でも十分に過ごせてしまったりします。でも朝晩は冷え込み、ジャンパーが必要だったりと、一日で結構な温度差があり、気温差にすると15度、山間部だと20度もあったりとものすごく極端です。寒いなら寒いで、暑いなら暑い方が過ごしやすいなと感じ、健康面ではちょっと厄介な季節です。でもこの季節ならではのものがあります。それは紅葉で気温の寒暖差が激しくなると葉が色づいてきます。平地でもハナミズキや桜などの紅葉が始まりましたが、山間では見ごろを迎えています。日曜日は少し時間があったので野呂山へバイクで行ってきました。あまり高い山ではないのでそこまで紅葉がきれいではなかったものの、瀬戸内海の眺めが良く、さわやかな天気もあって気持ちのいいツーリングとなりました。野呂山はこの付近ではバイクが多いことで知られていて、ツーリングライダー、普段はあまり見かけないバイクの走り屋の姿もありました。ちょっと懐かしいなと思いつつ、抜かれたときに走り屋についていこうと頑張ってみたものの、全くついていけませんでした。腕や感覚が落ちたなと実感したツーリングでもありました。

・2015年11月2日 ・・・ 世田谷散策記などの微修正

竹原の竹灯りの写真まだ暖かいなと油断していたら一気に冷え込んできました。いや朝晩は少し冷え込むなと思っていはいたのですが、家の中ではそこまで実感は湧いてこなかったのです。でも土曜日の夜に竹原での竹灯りのライトアップを見た後にバイクで山越えをしたら、あまりにも寒くて凍える思いをしました。セーターを着て、ジャンバーを着て、冬用の手袋をしても風の当たる手や肩の痛いこと。もう冬なんだなと思い、そろそろ朝晩のバイクでの移動を控えようかなと弱気に思っているところです。それにしても竹原の人気は凄いですね。ちょうどアニメのイベントと重なったようで、アニメオタクの人の多いこと。ビックリしました。昨年はマッサン効果で人が多いなと思ったのですが、今年は変に盛り上がっていたようです。昔からの竹原ファンとしては人気となってうれしいような、なんかちょっと違うような・・・とちょっと複雑。まあそれは住んでいる人が一番感じていることでしょう。でもやっぱりイベントは人が来てくれてなんぼのもの。町が賑わうのはやっぱりいいことですね。中国地方では過疎化が進んでいる町や集落が多いので、壬生の花田植えなどもそうですが、小さな町が賑うようなイベントはうれしくなります。

・2015年11月9日 ・・・ 世田谷散策記の微修正

三内丸山遺跡の写真この週末はあいにくの空模様でした。広島の各地で紅葉の見ごろを迎えていたので、紅葉狩りにでも行こうと思っていたのですが、家で過ごすこととなってしまいました。でもこの週末には色々と楽しみがあって、一番お楽しみだったのがNHKでアジア巨大遺跡の後編が放送されることでした。始皇帝の兵馬俑以外は行ったことがあるので、前回放送された前編ともどもものすごく楽しみにしていました。やっぱり過去の巨大遺跡にはロマンがありますね。どんどんと謎が解明していく楽しさはありますが、謎は謎のままであったほうが不思議感があっていいような気もします。そのへんの境界は微妙ですが、それでも昔訪れた時のワクワク感がよみがえり、あ~また行ってみたいな・・・。兵馬俑にも行っておかねば・・・などと思ってしまいました。とはいうものの、なかなかそういった時間が取れないのが現状です。一番のネックがペット。ペットは日常の生活を癒してくれるのですが、日常以外の時間を束縛してしまうものです。まだまだ寿命を迎えそうにないので、しばらくは本格的な海外旅行はお預けになりそうです。旅人がペットを飼うものではないなと思いながらも可愛くてしょうがないのです。

・2015年11月16日 ・・・ 表紙のデザインをHTML5で少し変更。エッセイ集に「とある旅人が感じた介護2」を追加

近所の写真フランスとレバノンで大きなテロが起きました。地球規模で異常気象や地震などの災害が増えていますが、悲惨なテロも増えているのが実際です。人間の考え方、自然現象を含め、全てが極端な方向へ向かっている感じがします。今後、こういった事件が増えなければいいのですが・・・と思うのですが、とても長引きそうな問題だと感じます。平和や正義というのは宗教と同じで人ぞれぞれの価値観があります。それぞれが自分の平和や正義を主張して戦争やテロになるというのは、戦争と平和が表裏一体と言われるはずです。我が家では認知症の家族を抱えていますが、失敗をドリフのコントのように思えば喜劇となり、ストレスにしか感じなければ積もり重なって悲劇になります。考え方次第です。主義主張というのはそれぞれの育ってきた環境に拠るところが大きいので、同じ価値観を共有することは難しい問題かもしれませんが、少し考え方や理解を深める事で歩み寄ってもらいたいものです。とまあ私の作文はいいとして、この週末もバイクの出番はなく、近所で犬の散歩がてらちょっと紅葉の写真を撮っただけで終わってしまいました。そろそろバイクのバッテリーの充電をしておかないと・・・と思う週末でした。

・2015年11月30日 ・・・ 昔日のシリア写真展を公開

近所の写真色々思うところがあって昔、2001年と大分前になりますが、シリアを旅した時の写真を公開することにしました。シリアはとても好きな国で、多くの写真を撮りました。人々との出会いも多く、また行きたい。いや絶対行きたいと思うような国でした。内戦前のシリアの素晴らしさがよくわかる写真が沢山あります。ずっと内戦に関して気にはなっていたのですが、自分自身も介護で余裕がなく、あまり考えたくない問題でもあったので、何もしてきませんでした。ただ最近介護の苦労なんて内戦で疲弊している人たちの苦労に比べれば何てことないんだろうな・・・などと自分も頑張らなければと、ちょっとできることをしてみようかなと思い立った次第です。まあ何が変わるわけではないのでしょうが、何か変わってくれればなといった感じです。現在色々と手一杯で家の近所で写真を撮っている今日この頃です。年末から年始にかけてばたばたしそうなので、更新はしばらくできないかもしれません。

<風の戯言(更新日記) ~ 2015年後期版 ~ 2015年7月初稿 - 2015年11月改訂>