風の旅人について

***   風の戯言(更新日記) ~ 2015年前期版 ~   ***

~~~  昨年からずっと休眠中 zzz ~~~

・2015年4月13日 ・・・ リニューアル中

棲眞寺の虚無僧行列の写真大変ご無沙汰ぶです。長い間、約10ヶ月も放置していたので、なんとも久しぶりの更新となりました。また長期で旅に出たのか?体調を壊して入院したとか、とうとうくたばってしまったとか心配してくれた人もいたなら・・・・うれしいのですが、私生活が繁忙というか、厄介ごとが山積みで、しかも住居も引越し、インターネットも引越し後2ヶ月使えなかったし、つながった後もサイトの更新を行う時間も精神的な余裕もなく、ずっと更新が滞っていたしだいです。これからはなるべく定期的に更新を行っていきたいと思っていますが、また繁忙になると更新が滞るかもしれません。そのへんは趣味でやっていることなのでご了承ください。更新の方は一応水面下でリニューアルを行っています。簡単に書くなら古いプログラムで作っていたサイトを新しいプログラムで書き換えながら内容を見直しているといった感じです。5月の頭に第一弾として世田谷散策記を更新できるかと思います。それから今までは世田谷で情報発信をしていたのですが、今度から広島になります。なので世田谷の季節の行事などの話題は今後行えなくなります。その代わり戯言では広島の季節のイベントなどを紹介できたらなと思っています。写真はこの週末訪れた棲眞寺の祭りで行われていた虚無僧行列です。檀家さんを中心に多くの人が集まり、イベントや花見を楽しんでいました。さすがに市内の平地部では桜はほぼ散ってしまいましたが、棲眞寺があるのは少し山間に入ったところだったので、満開は過ぎていたもののまだきれいに咲いていて、花見も楽しむことができました。それにしても広島は東京よりも暖かいイメージがあったのですが、平地でも寒いですね。ちょっとビックリしました。

・2015年4月20日 ・・・ リニューアル中

造幣局広島支局の桜の通り抜けの写真こんにちは。無事に再開後二回目の更新を行えました(笑)。このまま継続できるといいのですが、どうなるでしょうか。現在サイトのリニューアルの作業を進めていて内容の更新は5月の頭を予定しています。気がついたら時は流れているもので、サイトの制作を始めてから約15年も経ちました。当時は一般的な手法も今では非推奨となっていたり、新しいプログラムが一般的になっていたりと、知らない間にWEB制作も様変わりしていました。どうせ更新が滞っているし、この機会に時間を掛けて古いプログラムを書き換えておこうかな・・・、そのうち検索エンジンにも引っかからなくなったら悲しいし・・・と思い立ち、昨年末から少しずつ新しいプログラムを勉強しはじめたのですが、これが難しい。今までのやり方というのが頭にこびりついていると、なかなか新しいことを素直に吸収できないものですね。というか、ずいぶんと頭が固くなってしまったのも時の流れなのでしょうか・・・・涙。さてこの週末は・・・・、日曜日はあいにくの雨となってしまいましたが、土曜日に時間を見つけて造幣局広島支局で行われている桜の通り抜け「花のまわりみち」を訪れてみました。桜の通りぬけといえば大阪の造幣局がよく知られていますが、広島でも行われているのですね。しかもここでは遅咲きの八重桜。なのでちょっと遅めの通りぬけとなります。訪れてみると、ここは量よりも多品種が売りのようで、多くの種類の桜を見ることができました。さすがに満開の週末とあって多くの人が桜を楽しんでいて、観光都市広島らしく外国人の姿も多く見かけました。八重桜といえばサザエさん通りの桜祭りもこの週末ぐらいに行われているのかな~と時々世田谷を懐かしく思う今日この頃です。

・2015年4月27日 ・・・ リニューアル中

昔訪れたカトマンドゥの写真こんにちは。ネパールで大きな地震が起きてしまいました。時間の経過とともにどんどん増える死者数・・・。まだ全容が把握できていないというのに死者の数が恐ろしいことになっていて、やるせない気持ちでいっぱいです。被害に遭われた方のご冥福を申し上げます。私にとってのネパールはとてもいい思い出のある国で、2度訪問し、2度ともバイクで山間部をツーリングしました。山の見える素朴な風景が好きで、それに出会う人々も親切で機会があればいつか再び行けたらな・・・などと思っていたのですが、今回の地震はとても残念です。地震で歴史的建造物をはじめ多くの建物が倒壊しているというのが、とても心配です。ネパールはあまり裕福ではなく、経済に占める観光の割合が多くなっています。一刻も早く被災者を救出し、そして町の機能を平常に戻し、なるべく早い時期に世界遺産の町並みを復元し、今までのように多くの観光客を呼び込めるようになって欲しいものです。

・2015年5月4日 ・・・ リニューアル中

フラワーフェスティバルの写真こんにちは。連休中ですが、どうお過ごしでしょうか。行楽やら、仕事やら人それぞれにお過ごしでしょうが、何をしているにしても普段とちっとも変わらないというのはちょっと寂しいかもしれません。私の方は広島に来て最初のゴールデンウィーク。イベント好きとしてはあちこち行きたいところでしたが、調べてみると関東に比べるとイベントの数が少ない・・・・。しかもあいにくの雨模様の天気。近くでということで広島が全国的に誇る有名なイベント、フラワーフェスティバルに行ってみました。実に30年ぶりの訪問です。さすがに昔のことは覚えていませんが、なんとなくこんな感じだったなと懐かしく感じる場面も。ただ残念なことに一番盛り上がるパレードは小雨が降る中で行われました。それでも多くの人が訪れていたのには驚きましたが、雨の中をパレードに参加している人たちは大変です。頑張って笑顔を作っているものの、顔に雨があたったり、体が濡れたりとしんどそうでした。こういう参加者の頑張りのおかげでイベントが盛り上がっているので感謝しなければなりませんね。

さて話が変わりますが、今まで多くの国、多くの地域、多くの町や遺跡、山などを旅してきました。そして訪れた場所が津波や地震、火山、そして内戦で破壊されるなどの被害に遭うといったニュースや映像を見て、心を痛めることが何度もありましたが、今回のネパールの大地震は一番精神的に堪えました。ネパールは二度バイクでツーリングを行った思い出のある国。風景や町並みがとても気に入り、また人々の暖かさ、貧しさも身にしみて感じていました。そういった気に入った町並みが壊滅的に崩れ、多くの人が亡くなり、復興に膨大な時間と彼らにしてみれば天文学的な予算が必要な現状を思うとやるせなさを感じます。もし街頭やスーパーなどで募金を行っていたら気持ち程度でもいいから協力していただけるとうれしいです。

・2015年5月11日 ・・・ 「世田谷散策記 せたがや百景」のリニューアル

新庄のはやし田の写真大型連休も終わり、町の様子もありふれた日常に戻ってしまいました。特に遠出をしたわけではないのですが、一つのイベントというか、年中行事が終わった感じでちょっと寂しさを感じてしまいます。思いっきり遊んで楽しい思いをした人、実家に初めて帰省して一人暮らしから開放された人、しばらく祝日もないので淡々とした日常が続くと考えると少し憂鬱になったりするかもしれません。くれぐれも五月病にはならないように・・・。って大きなお世話かもしれませんね。さてこの週末は田植えに出かけてきました。といっても私が田植えをするのではなく、花田植えといって昔ながらの伝統的な田植えのお祭りです。関東でもいくつかそういった行事はありましたが、広島というか、中国山地では盛んに行われていて、多くの地域で独特の行事が行われています。今回訪れたのは北広島町の新庄のはやし田。国の重要無形民俗文化財にも指定されているといった本格的なもので、着飾った牛での代掻きから始まり、笛や太鼓、手打ち鉦を打ち鳴らしなが歌われる田植歌にあわせ、大勢の早乙女が田植えをするといったもので、その様子はとても素晴らしいものでした。6月に掛けて毎週末どこかしらで行われているので、都合を付けてまた訪れてみたいと思います。

・2015年5月18日 ・・・ 「世田谷散策記 せたがや地域風景資産」のリニューアル

原東のはやし田の写真夏を感じるように暑かったり、春のようにちょうどよかったりと季節の変わり目で気候が安定しませんね。といってもそこまで極端ではないので、日中は朝晩の服装に気をつけていれば問題なく過ごすことができます。ただ、夜、寝ているときにちょっと困っています。気密性があまりよくない部屋で寝ているので、夜中に寒くて目が覚め、セーターを着込んだり、毛布を引っ張り出してきたりすることがあります。こっちに引っ越してきてまだ一年目なので、東京で暮らしていた時のようにこの時期はこうしておかなければ・・・といった勝手がわからなく、体調を崩すさないように悪戦苦闘しています。さて今週末は色々とイベントが行われていて、どこへ行こうかと迷ったのですが、先週と同様に中国山地の山間で行われている花田植えへ出向いてきました。バイクで出かけるには都市部よりも山間部の方が道中が楽しいというのもありますが、素朴な行事というのがやっぱり好きですね。ただ過疎化が進む地域なので、行事への参加者の減少や継承など色々と問題も多いようです。

・2015年5月25日 ・・・ 「世田谷散策記 世田谷散策の勧め」の更新

鈴張の花田植えの写真5月も下旬となり、新緑が美しいと感じる季節になりました。土曜日の夜に近所の川沿いを通っていると小さな光が目の前を横切っていきました。よく見ると川には小さな光がポツポツと漂っていました。もう蛍の季節なのですね。昨年まで住んでいた世田谷では蛍で季節を感じることがなかったのでちょっと感動してしまいました。もちろん世田谷でも昔は蛍が沢山飛んでいたのでしょうが、都市化が進んでしまった今では蛍祭りといって他所から持ってきたものを鑑賞するだけです。区内にはそれらしい公園や緑道が整備されていてとても緑豊かで美しい町並みだと感じていましたが、いくら自然っぽい景観を作ってもやはり自然には勝てないんだなと思ってしまいました。さてこの週末は雨の予報でしたが、うれしいことに快晴となりました。この週末も花田植えを見学しに中国山地の山間へ出かけてきました。数を重ねるごとに色々と文化の違いが・・・とはならなく、私の頭の中ではどれも似た感じです。ただ決定的な違いがあってそれは田んぼに立地条件です。今回訪れた鈴張の花田植えは小さいながら段々畑のような場所で行われ、広く平坦な場所で行われるものとは雰囲気が違っていてとても興味深かったです。来週も小さな花田植えに出かけてきたいのですが、今のところ雨の予報。来週も今週のように晴れるといいなと思っているところです。

・2015年6月1日 ・・・ 「世田谷散策記」の更新

安芸高田市の花田植えの写真今週の日曜日も雨予報から晴天になり、無事に花田植えを見に行くことができました。2週連続して雨予報がひっくり返り、俺ってスーパー晴れ男かも!って思ったりもするのですが、4月の日曜日に雨が多かったことを考えると、とんとん、いや、今までの人生を考えると雨男かな・・・といった感じでしょうか。毎週のように日曜日に外出していると、今年は晴れが多い当たり年、今年は雨の多い運のない年といった年があるものです。元旦から雨だった今年はどうなるでしょうか。今のところはとんとんといった印象です。さて、今週花田植えを見に出かけたのは安芸高田市なのですが、ここでは同じ日に6箇所で花田植えが行われているといった花田植えの盛んな地域です。どこに行こうかと迷うというか、分散して行ってくれれば見るほうとしても・・・などと思ってしまうのですが、逆に一度に少しずつ見るのなら回りやすいともいえます。どこを訪れようか。考えるまでもなく、ここの花田植えは初訪問なので、王道的に国の無形文化財に指定されている原田のはやし田を中心に三箇所回ってみました。さすがに文化財に指定されている原田のはやし田は演者も観客も多くて賑やかでしたが、それ以外はのんびりとした感じで行われていて、それぞれの地域の良さを垣間見れたかなと思いました。なかなかこういうきっかけがないと山間部の集落には足が運ばないものですからね。来週は一番有名な壬生の花田植えがあります。ユネスコの無形遺産に登録されているというぐらいなのでとても華やかだそうです。今のところは晴れの予報ですが、今度は逆に雨にならないかと心配だったりします。

・2015年6月8日 ・・・ 「世田谷散策記」の更新

壬生の花田植えの写真口永良部島での火山が噴火してから一週間が経ちました。その間に関東を中心に大きな地震があって、そういえばネパールで大地震があったのはいつだっけ?ってボルネオ島でも大きな地震が起きてるし・・・。なんか災害が慢性化していると感じる今日この頃です。私自身、昨年に世田谷から広島へ引越ししたのですが、こちらではビックリするぐらい地震が起きません。これが当たり前といえば当たり前なのですが、東日本大震災後は月に一回ぐらいの割合で震度3クラスを体験していたので、なんだか物足りないというと変な表現ですが、なんとも不思議な感覚です。室内に水槽を置いている事での緊張感がなくなったから余計にそう感じるのかもしれません。さてこの週末は予定通り、壬生の花田植えにいってきました。ユネスコの世界遺産に登録されているとあって物凄い数の観光客、そして外国人が訪れていてビックリしました。きっと普段は静かな町なのでしょうが、観光客に帰省した地元民、本来の地元民と、会場周辺は大混雑していました。田植えの方もこの周辺地域で行われているものに比べてとても華やかで、多くの飾り牛が登場し、二つの神楽団と多くの早乙女さんが田に入って実演が行われました。規模が大きくて見ごたえはあるものの、人が多くてなかなか写真を撮るのが大変でした。写真を趣味にしていると、どちらかというとのんびりとした風景の中で行われる小規模な花田植えの方が好ましいですね。

・2015年6月15日 ・・・ 「世田谷散策記、世田谷の秋祭り」の更新

安佐南区の花田植えの写真そこそこ雨が降っている割には日曜日になるとよく晴れますね。おかげ今週も花田植えに出かけることができました。今回訪れたのは広島市安佐南区。そう昨年土砂災害があった地域で、花田植えも比較的その近くで行われました。私自身、昨年広島へ引っ越してきたのですが、ちょうど災害が起こった直後でした。友人や親戚から携帯へ「大丈夫?」などと電話が掛かってくるものの、引越し前後はテレビが映らない状態だったので、大雨が降ったことは知っていてもその結果何が起こったのか、被害状況がわからず、こっちは大丈夫だけど・・・、そもそも安佐南区ってどこ?ってな状態でした。あれからもう少ししたら一年。引越ししてから一年でもあります。広島の生活にも慣れたような、慣れないような。よくわからない日々を送っています。田植えの方は今では住宅地ばかりとなった安佐南区での田植えでしたので、周りは建物ばかりでした。そういった事情もあってか、逆に近所の人が多く集まり、田植えが再現される様子を楽しんでいました。広島の花田植えはこれでシーズン終了。代掻きに使われた牛も仕事納めとなるようです。最後に牛追いの人たちが牛をいたわっている姿がとても印象的でした。また来年も機会があるのなら花田植えを訪れたいと思います。

・2015年6月22日 ・・・ 「世田谷散策記、世田谷の秋祭り」の更新

吉賀町の雨乞い神事の写真先週は毎日のように大気不安定という言葉を聞き、毎日どこかしらで雨や風による災害が起こっていたような一週間でした。局地的な被害も多く、なぜここだけ・・・と考えると辛いでしょうね。台風と違ってゲリラ豪雨や突風などは事前の予想がしにくいので、まさかってな感じで被害が大きくなっている感じです。それにしても近年の前線の活性化による大雨は凄まじいですね。まるで台風時のような雨量です。梅雨時分なので雨が降らないと困りますが、できれば程々の雨でお願いしたいものです。でも私が神さまにお願いしても無理かな・・・・あんまりお賽銭を多く入れていないし・・・。とまあ全国的に雨が多い中、今年はあまり必要とされないかなといった雨乞い神事を見に吉賀町へ出かけてきました。水神様の化身である竜神を藁で作り、それを担いで回り、水源となっている池に飛び込み、最終的には水源を守る大きな木に巻きつけて水源を守ってもらうといった行事です。こういった風習は手間が掛かるので、人手不足などから廃止となった場所も多いですが、村の活性化や団結といった側面もあり、地域の人が楽しそうに龍を担ぎ、祭りを楽しんでいました。きっと今年のこの地域は水の心配はなく安泰となるでしょう。そう願いたいです。

・2015年6月29日 ・・・ 「世田谷散策記、世田谷の秋祭り」の更新

近所に咲いているアジサイの雨粒の写真ほんと五月から日曜日だけはよく晴れますね。この週末も日曜日だけは梅雨の晴れ間といった感じでいい天気でした。ただ今週はいまいち体調が優れなかったのと、絶対に行きたいといったイベントや祭事がなかったので、久しぶりに家でゆっくりとしていた日曜日でした。来週末は後輩の結婚式で東京へ行く予定になっています。その準備を今のうちに始めておくことにしました。手始めに倉庫から愛用の鞄を出してみると、なんか・・・・くさい。中をあけてみるとゴムやらプラスチックがカピカピになっていてひどい状態でした。触るとボロボロする状態では礼服を入れられたものではありません。思えば2001年にトルコで購入し、世界中を一緒に旅した鞄です。とても愛着があったのですが、お別れのときがきてしまったようです。近所のショッピングセンターなどへ足を運んでみるものの、気に入ったものがなく、仕方なくネットで似たような形で型落ちのバーゲン品を購入しました。鞄は旅人の必需品。デザインがいいに越したことはありませんが、やっぱり機能的で丈夫なのに限ります。まだ実際に使っていませんが、新しい鞄も長く使えるといいかな。それにしても来週は久しぶりの東京なので楽しみです。何より、久しぶりに友人たちに会うことができるのがうれしくてたまりません。

<風の戯言(更新日記) ~ 2015年前期版 ~ 2015年4月初稿 - 2015年9月改訂>