風の旅人について

***   風の戯言(更新日記) ~ 2014年版 ~   ***

・2014年1月6日 ・・・ 特になし

犬吠埼での初日の出の写真あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。昨年の後半は更新が滞ってしまいましたが、今年も引き続き「継続」を目標に製作を頑張りたいと思っています。ただ私的に色々と問題を抱えているのであまり更新が行えない事もあるかもしれません。その際はご了承ください。さて今年の元旦は関東の最東端の犬吠埼へ初日の出を見に友人たちと出かけてきました。例年だと寒い中を気合を入れてバイクで出かけるのですが、今年はバイクが故障している友人に合わせて車で出かけました。車だと車内でくつろげるし、何より道中が暖かく快適でした。ただ渋滞の酷いこと。場所によってはビックリするぐらい混み合っていて、バイクのように時間通りに進まないのには閉口。さすがにこれはしょうがないですね。時間ギリギリになって予定とはちょっと違った場所でのご来光なってしまいましたが、出かけることに意義があるのが初日の出。今年もいい一年になるといいかなと思っています。そして皆さんもいい年になるといいですね。

・2014年1月13日 ・・・ 「世田谷散策記」 世田谷の秋祭りの更新

鎌倉で行われていた汐神楽の写真寒いですね。朝晩の冷え込みが堪えます。先日鎌倉で行われていた汐神楽を見にバイクで出かけたのですが、凍傷になるのではないかというぐらい思いっきり手がかじかみ、この時期の早朝にバイクに乗るものではないなとしみじみと思ってしまいました。何でもアメリカの方ではもっと酷い寒波で、色々と凍ってしまい生活がままならない状態になっているとか。ここ数年の冬の寒さからすると温暖化歓迎なんて不謹慎にも思ってしまうのですが、夏は夏で異常な暑さになることを考えると、この両極端な気候を何とかして欲しいと本気で思ってしまいます。この寒い連休は成人の日連休となるのですが、極寒の中での成人式といった見出しが躍っていました。でも若く、希望に溢れる成人にとっては少々寒くても関係ないことでしょうね。そういった熱い志を持つ若者が溢れる世の中であり続けてくれるといいですね。

話は変りますが、先日エクアドルで邦人が殺害されるという事件が起きました。ただでさえ悲惨な事件なのに、被害者にむち打つような報道の過熱ぶりには閉口してしまいます。報道ではタクシーとの交渉で3ドルケチったために不幸な事件に巻き込まれた!なんて論調がありますが、海外でタクシーで交渉するのは当り前のこと。そして値段が折り合わなければ他のタクシーを使うのも自然なこと。詳しい状況は分かりませんが、ぼったくられた言い値で乗っていたら命は助かったかもしれませんが、逆にカモだということで二人とも殺されていたという事もありえます。そこを変に強調して報道すると、海外では交渉するべきではない。言い値でタクシーなどに乗らないと殺される。なんてデタラメな意識が植え付けられそうです。そうなると余計に日本人の犯罪に巻き込まれる被害が増えてしまいます。ただでさえ日本人は交渉下手で脅せば何とかなるといったイメージが浸透しているので気をつけてもらいたいです。それとこれは私の経験上の話ですが、交渉が決裂した後、何か腹立たしいいことがあった後などに冷静さを欠いてトラブルに巻き込まれることが多いように感じます。また逆に次の交渉がうまくいって気が緩んだとき、或いは友人などに交渉を任せているからと気を緩めているときなどにもトラブルに巻き込まれたりします。スリなどのトラブルは盗む方が悪いのは当然ですが、後であの時もっと気をつけておけば良かったといった自分自身の不注意に起因することも多いものです。春にかけて卒業旅行で初めて海外へ出る方も多いかと思いますが、常に冷静であり、周囲に注意を向ける事を心がけて楽しい旅行を行ってください。

・2014年1月20日 ・・・ 特になし

二宮の吾妻山の写真雪が積もるかもと何度も天気予報で言わながら、まだこの冬は雪の積もることがない東京ですが、週末は全国的に雪が積もったり、舞ったりしていたようですね。この週末はセンター試験日。なぜか成人の日とセンター試験の日に雪のニュースが報じられることが多いような気もします。悪い意味での特異日となるのでしょうか。ただ今年はどちらも大きな混乱とならなかったようで、何よりです。この週末は関東南部で雪が積もる予報があったので、家でじっとしていようかと思ったのですが、東京や神奈川の方では積もらなく、とてもいい天気になるようだったので、バイクを走らせて二宮の吾妻山などに出かけてきました。ちょうど菜の花が見頃であり、富士山も青空の下きれいに雪化粧をしていました。雪化粧をした富士山は美しいですね。近所からも富士山を見ることができますが、世田谷からなので小さく、何とか見えているといった感じです。やはり大きく、存在感のある富士山はひと味違います。なんていうか、日本人の心といった感じで何かビビッとくるものがあります。昨年、富士山は世界遺産となり、今まで以上に人々の富士山への感心が高いようで、富士山が見えるスポットや富士山関連の行事への人出は確実に増加しているような気がします。世界遺産効果恐るべしですね。ただ飽きっぽい日本人のこと。3年もしたら昔と同じようになっている可能性もあったりします。世界遺産の名誉も現状を維持できなければ失うとか何とか。富士山自体は大噴火したりしない限りは消えることはないのですが、できれば日本人の誇りとして誇れる存在であり続けて欲しいものです。

・2014年1月27日 ・・・ 「世田谷散策記」 世田谷の秋祭りの更新

筆供養の写真毎月25日と28日は何の日か知っていますか?スーパーの特売日?給料日?いやいや、25日は天神様で28日が不動様の縁日です。近年では語呂合わせや記念日に合わせて様々な特別な日が増えてきていますが、こういった元祖的なものが天神様や不動様の日ではないでしょうか。月に一回の縁日を心待ちにして・・・、なんていうのは娯楽の多い今の世の中では過去の話となりつつあるのでしょうが、今でも25日や28日の縁日の日に訪れると多くの参拝客で賑わっています。その縁日の中でも1月は最初の縁日となるので、初天神、初不動といわれ、だるま市などの大きな市が立つところもあります。天神様に関しては「うそ替え神事」といった変った風習も行われていたり、餅つき大会等の大きな行事が行われ、またちょうど受験シーズン真っ盛りなので、合格祈願に訪れる学生の姿も多いです。そしてちょうどこの日に合わせて筆供養を行う神社もあります。近年ではあまり日常的に筆を使う人はいないかもしれませんが、これも人形供養や針供養などといった風趣と同じで、「使い古したものを大切に供養しよう」いった日本らしい風習かなと思えます。筆塚の石碑の前で祭事が行われるのですが、この石碑の筆塚という文字を筆でなぞると字がうまくなるそうです。ぜひお試しあれ。

・2014年2月3日 ・・・ 特になし

玉敷神社の神楽の写真暖かくなったり、寒くなったり、とても極端な気候ですね。これぞ三寒四温かなと思ってしまいますが、3月ならまだしもまだ春の遠い2月に使うのはちょっと違う気もします。そう思って辞書を調べてみると、もともとは中国北東部付近の言葉で、冬の時期にこの地方はシベリア高気圧の勢力がほぼ7日の周期で強まったり弱まったりするので、寒い日が3日くらい続くとそのあとに比較的暖かい日が4日続くという単に寒暖の周期を意味した言葉になるようです。春先に段々と暖かくなっていく様子を表した日本の趣のある言葉だと思っていたので、ちょっとビックリしました。日本では太平洋高気圧の影響であまりこういった独特の気候は表れないのですが、ここのところの極端な寒暖差を考えると三寒四温であっているような感じです。たまたまこういう気候となったのか、はたまた日本の気候がずれて中国の北東部化してしまったのか、近年の異常気象を考えると後者の方かなと心配してしまいますが、どうなのでしょう。とまあそんなことよりもこの週末はうまい具合にちょうど暖かい日になったので、少し遠出をして玉敷神社の神楽を見に出かけてきました。国の重要文化財になっているし、暖かい気候もあって多くの見物人で賑わっていました。

・2014年2月10日 ・・・ 「世田谷散策記」 世田谷の秋祭りの更新

砧公園の雪景色の写真いよいよソチで冬季オリンピックが始まりましたね。あまり冬のオリンピックには関心がないのですが、そんな私の耳にも連日伝わってくるぐらいの日本選手団の活躍を期待したいところです。それに東京都知事選も行われ、色々と話題に事欠かない週末になる予定でしたが、それ以上の話題が空から降ってきました。この冬は雪が降るかも、積もる可能性がありますなどと何度かニュースで予報されていましたが、いずれもちらつく程度ですんでいました。今回はどうだろうと期待と不安を込めて土曜日を迎えてみると、今回は予報通りというか、予報以上に雪が積もってしまいました。週末だったので良かったと思いながらも、受験日と重なった受験生たちは大変な思いをしたようです。それにしても東京ではぼたん雪が降って積もる場合が多いのですが、この度は粉雪が降って積もりました。こんなさらさらな雪が積もるなんて珍しい事です。雪かきをしていても雪を持ち上げると軽いこと。積雪は多いものの、スカスカの雪なので解けるのも早そうです。日曜日の昼間には道路や人が多く歩く歩道などは雪の多くが解けていました。公園に行くと雪だるまが沢山ありましたが、どれも崩れかけのものばかり。粉雪だったのであまり堅く作れなかったのでしょう。雪合戦をしている子供たちも雪の玉を造るのに手こずっている感じでした。滅多に雪が積もらない東京では雪が積もると交通がマヒしたり、けが人が続出しますが、年に一回ぐらいなら積もってもいいかなと楽しそうに遊ぶ子供たちを見ていて思いました。

・2014年2月17日 ・・・ 「関東近辺祭りイベント訪問記 ひな祭りの更新

雪で環八が渋滞した写真また雪だ~!と喜んでいたのはきっと子供だけだったことでしょう。東京では珍しく2週連続して週末に雪が積もりました。しかも大量に。予報では雪が積もってもすぐに雨で消えてしまうようなことを言っていたし、ちょうど深夜にオリンピックのフィギュアスケートがやっていて、羽生選手の金メダルに夢中になっている間に気がついたら外が大変なことになっていました。なんていうか、してやられたといった感じです。世田谷では雨も大量に降ったので解けるのが早く、そこまで酷い雪といった感じではなかったのですが、東名、中央道、第三京浜と世田谷を起点にする高速道路が全て閉鎖されてしまったので、行き場のなくなったトラックが環八にあふれかえり、車が全く動かない状態が続きました。交通事情に関しては震災の時よりも酷い状態でした。スーパーに行っても棚がスカスカになっていたりと、大震災の悪夢再びといった感じでちょっと不安な週末を過ごすこととなってしまいました。でも東京はまだいい方で、山梨や群馬の方では記録的な積雪になり、車の立ち往生や集落の孤立といった災害が多く起こり、死者の数も多くなっています。一刻も早く除雪が進んで元の生活に戻れるようになって欲しいものですが、今週もまた雪の予報があるのでちょっと心配です。できればもう雪は・・・、勘弁して欲しいです。

・2014年2月24日 ・・・ 「関東近辺祭りイベント訪問記」 ひな祭りの更新

ひな祭りの写真ソチオリンピックが閉会しました。始まる前からテロだとか、ボイコット騒ぎだとか色々あり、始まっても五輪ではなく四輪だったりと色々ありましたが、何はともあれ無事に終わって何よりです。日本チームのメダル獲得数は歴代2位になるとか。頑張れニッポン!などと言いながら、真夜中に起きてまで熱心に応援していたわけではありませんが、起きて応援していた定番的な競技ではあまりメダルを獲得できていなかったので、ちょっと意外な結果でした。今まであまり注目されてこなかった競技での活躍があったようです。さて、この週末は久しぶりに雪のない週末となりました。久しぶりにバイクで遠出をしてきました。行き先は小田原近辺。間もなくひな祭りと言うことでひな祭り会場を幾つか回ってみた次第です。どこもいい天気というのもあって多くの家族連れなどで賑わっていました。ひな人形は出したりしまったりする手間や、置くスペースを考えたら大量に展示してあるものを見に出かけるのが今時の楽しみ方のような気がします。それにしても幹線道路の道路の痛みが酷かったですね。特に国道246号など多くのトラックがチェーンを付けて走ったせいで、アスファルトがかなり削れていました。農産物の被害や建物の被害、除雪費用など報じられていますが、道路の補修費も相当かかりそうです。雪というのは本当に不経済ですね。

・2014年3月3日 ・・・ 「関東近辺祭りイベント訪問記 ひな祭りの更新

ひな祭りでの一こまの写真年が明けたと思ったら、あっという間に節分が終わり、気がつけば桃の節句、雛祭り。きっとすぐに新年度を迎える事になってしまうのでしょうね。月日の巡りが早く感じられる今日この頃です。世界情勢もつい先日まで平和的な雰囲気でオリンピックが行われていたソチのすぐ近くで、ロシアとウクライナの衝突が起き、冷戦状態。シリアに引き続き、この地域でも紛争が起きると世界のあちこちの火種が燃え上がりそうでちょっと心配です。とまあ私がそんな心配をしてもなるようにしかならないので、この週末は久しぶりに友人と伊豆へバイクツーリングに・・・、行く予定だったのですが、再び雪が積もるかもしれないといった不吉な予報もあり、中止とする事にしました。幸いなことに関東南部では雪は積もりませんでしたが、冷たい小雨が降るあいにくの空模様の週末には変わりありませんでした。暇だったので日曜日には埼玉の方の雛祭りを訪れてみました。さすがにひな祭り前日の日曜日ともあって、小雨が降る中でもそこそこ人が訪れていました。そしてイベントなども多く行われていて、散策以外にも結構楽しむことができました。

・2014年3月10日 ・・・ 特になし

篠塚稲荷神社で行われた初午祭の写真なんか寒いですね。3月になったんだからもう少し暖かくなってもいいのでは・・・・、なんて思う日々ですが、大雪を経験した後では、雪さえ降らなければ少々の寒さなら我慢しようといったところでしょうか。何にせよ近所の梅や河津桜は未だに満開だったりと季節が少々ずれ込んでいるのは確かなようです。でも今週から来週にかけては特に西日本で気温が上がるとかなんとか。関東はそれほどではないようですが、季節が一気に進むかもしれません。さてこの週末は、天気も良かったので小山の篠塚稲荷神社で行われた初午祭を見に出かけました。ここの初午祭は少々変っていて飾り馬が登場し、地域を練り歩きます。神社の周囲は田畑や養豚場や牛の牛舎が多く、そういった中を飾り馬が進んでいく様子はとても素朴で美しいものでした。また祭りでは神楽が舞われ、流鏑馬が行われたりと昔懐かしいというか、とても雰囲気のよい祭りでした。こういう祭りを見学して歩くのは楽しいものです。最近ではこういった祭りを訪れるとカメラマンの数が異様に多くなったように感じます。そういった祭り見学のブームなのでしょうか。ただ時々行事の進行の妨げになるような事をしてしまうカメラマンも見受けられ、同じ写真愛好家としては残念に思うこともあります。歩きスマホと同じでファインダーを覗いたまま移動したり、後ずさりするのは危険ですし、写真を撮ることに夢中になりすぎず、周囲の状況を考えてから写真を撮るようにした方が色々と失敗がないかと思います。

・2014年3月17日 ・・・ 特になし

佐原の水上雛祭りの写真あの大震災から三年が経ちました。今週は追悼番組が多く流れ、そういった番組を見るとあの時の記憶がよみがえってきて心が痛みます。思えば震災の起こった2011年は私自身もっとも旅に出なかった年です。旅について考えたり、ホームページの更新を行うといった気力もなく、ただ悶々としていた一年でした。世間でも右に倣えとばかりに多くの行事等が自粛という波に飲み込まれ、自治体や企業は世間の風評を気にして義援金など社会体裁を整えるのに神経を使い、人間関係においてもとてもギスギスした年で、日々心が塞ぐ思いでした。正直言ってあまり思い出したくない一年でありますが、忘れてはいけない一年でもあるように思います。この週末は煌びやかな雛衣装に身を包んだお内裏様とお雛様一行が舟に乗って優雅に進む水上雛祭りが行われるというので佐原の方へ足を運んでみました。今年で二回目とかで、まだまだ認知度は高くありませんが、それでも多くの観光客が訪れ、町が賑わっていました。この佐原も大きな地震で古い建物の多くの被害が出た町でもあります。震災の翌年訪れたときにはブルーシートで覆われていたり、足場が組まれていたりする建物が目に付きましたが、三年経った今では表通りではそういった建物は目にしなくなりました。他の蔵の町などを訪れた感じでは地震で被害を受けた地域はだいぶん復興したかなといったところですが、テレビで見る限りでは津波の被害の大きかった地域や原発の被害を受けている地域の復興はまだまだのようです。何もしていない人間が一日も早い復興をなんて言っても軽薄な響きしかありませんが、そういった地域の人たちが普通に暮らせるような日が早く訪れる事を願っています。

・2014年3月24日 ・・・ 世田谷散策記 世田谷の桜の更新

近所の神社の桜の写真なんか世界中できな臭くなってきましたね。旅客機は行方不明になるし、シリア周辺国からシリアへの攻撃。でも一番はロシア。国際的に影響力の小さな国での紛争はよくあることだとか、影響しても一時的でしかないといった感じで、まだ安心してニュースを聞くことができるのですが、大国がまともに紛争に関わってしまうと最悪のケースに至る場合も考えなければならなく、とても心配です。今後どうなっていくのでしょうか。とまあ私が心配したところで自分の抜け毛が増え、胃が痛くなるぐらいしか世の中が変らないのが実際のところなので、あまり深刻に考えないのが一番かもしれません。それにしてもこの三連休はとても天気が良かったですね。まさに絶好の行楽日和となり、旅行、散策、などに出かけた方も多かったと思います。気温も高く、日差しがあったことから冬物の片付けをしようかなと思ったものの、近年の天候はよく分からなく、今後強烈な寒の戻りといったこともありえそうなので、今回はやめておくことにしました。このまま順調に暖かくなってくれれば桜の開花も間もなくといった感じでしょうか。そういえば桜の時期が間近だと言うことで慌てて世田谷の桜のページの更新を行いました。今年は平年並みの開花時期になりそうなので、桜祭りを行う関係者の方は胸をなで下ろしているのではないでしょうか。近年は満開になるのが3月中旬と早すぎて散った後になったり、逆にまだ咲いていなかったりと不遇の年が続いたので、今年の桜祭りは楽しみです。

~~~ リニューアル中と言いながら精神的に忙しくて休眠 ~~~

・2014年5月19日 ・・・ 世田谷散策記 せたがや百景のリニューアル

砧公園のバラの写真ご無沙汰していました。約2ヶ月ぶりの更新です。桜の時期から気がつけばバラの時期になっていました。リニューアルをしようとファイルをバラバラにしたら結構手一杯になってしまい、おまけに家の事情であれこれと日常が多忙となり、ちょっと更新から遠のいてしまいました。それでも少しずつリニューアルのページを作り、ようやく「せたがや百景」の部分のみ完成したので今回更新しました。ただ世田谷散策記のページは連動している部分も多いので、写真が表示されなかったり、リンク先が表示されなかったりと不具合がでてしまいます。もうちょっとで他のページのリニューアルも完成するかと思うので、しばらく我慢くださいませ。とまあ世田谷のページを作っているのはいいのですが、今年中には区外へ引っ越す事になりそうなので、ちょっと寂しい感じです。引っ越し先でも百景があればまた別の百景に挑戦しようかなと期待に胸を膨らませつつも、それまでには世田谷のページのリニューアルを終えなければと慌ただしい日々を送っています。

・2014年5月26日 ・・・ 世田谷散策記 世田谷の秋祭りのリニューアル

湯河原のお湯掛け祭りの写真ここのところなかなか時間が取れなかったのですが、この週末は久しぶりに友人達とツーリングへ出かけることができました。目的地は伊豆。今後伊豆へ行く機会がなくなるかもしれないので、後悔が残らないように今まで行きたくて行けなかった場所を中心に回りました。その目的地の一つが土肥金山。伊豆半島一周の際に何度も前を通っているのですが、入場料がそれなりにかかるという事で素通りしていました。実際に入ってみると、坑道内はちゃんと整備され、いやバリアフリーに対応する程整備されているので、いかにも観光地といった感じでしたが、多くの人形で動く解説が為されていてわかりやすいようになっていました。そしてずっしりと重いギネス認定の金塊に直に触れるのはいいですね。金塊が恐ろしく重いという事も新しい発見でした。その他、柿田川湧水公園もいい所で、訪れておいて良かったと思える場所です。そして夜は湯河原のお湯掛けまつりを久しぶりに見学。前回ブレた写真ばかりだったので、今度こそと少し対策を行ったものの、やはりブレ写真の連発。夜の動く写真は難しいですね。もっといい機材を買わないと無理かな・・・と思ってしまいました。とまあ、久しぶりに楽しい週末を送れて良かったです。

・2014年6月2日 ・・・ 世田谷散策記 せたがや地域風景資産のリニューアル

白州蒸留所の写真この週末は前々から行ってみたいと思っていたサントリーの白州蒸留所へようやく行く事ができました。正直、ウイスキーの蒸留所へ一度行ってみたいというのが本音で、東京から一番近くて見学できるのがここ白州だったというわけです。白州蒸留所のウイスキーといえば森香るハイボールが知られています。ちょっと癖があるというか、個性のある味で、そういったウイスキーがどうやって造られるのか、ガイドツアーに参加して見学する事ができました。そして施設の規模の大きさもですが、辺り一面守に囲まれた施設周辺の環境の良さにも驚きました。こういった環境からいいウイスキーができるのですね。で、見学の最後はお楽しみの試飲。やっぱりきちんとした氷や炭酸水で作られたハイボールはおいしいですね。そして有料でしたが、全く熟成されていない出来たての原酒やボトルで2万円もするのでまず普段飲めない18年ものなども安価に飲む事ができました。18年も熟成させるとこういう風になるんだと考えながら飲むと、感慨深いものがあります。とまあかなり満足のいく蒸留所見学でした。ちなみにその後は諏訪の方へ行き、御田植祭を見た後に、今度は日本酒の酒蔵をはしごしました。こちらでも試飲ができ、一日酒三昧とちょっと贅沢な休日でした。

~~~ 引越しの準備と、引越し先で二ヶ月インターネットがつながらなかったために更新を休止。 ~~~

<風の戯言(更新日記) ~ 2014年版 ~ 2014年1月初稿 - 2015年9月改訂>