風の旅人について

***   風の戯言(更新日記) ~ 2010年後期版 ~   ***

・2010年7月12日 ・・・ 特になし

アカヒレの稚魚の写真サッカー日本代表は残念でしたね。いいところまで行きながらPKで敗退。今までは何気なく見ていたPK戦でしたが、実際に日本代表が行うとなると、見ているだけでハラハラドキドキ。PK戦ってこんなに力が入るものなんだと思ってしまいました。これもここまで勝ち進めたからこそこういった感動的な?PK戦ができるものなので、参加するだけではなく、勝つ事の重要性も感じたPK戦でした。何はともあれ長かったワールドカップもようやく終わったので、これからは規則正しい生活に戻れ、ここのところ若干体調不良に悩まされていたのと妙に耳に残るブブゼラの音からも解放されそうです。という事で、ボチボチとほったらかしにしていたHPの更新を再開したいと思っています。話は変わりますが、この週末は外出するには天気も良くないし、苔だらけの水槽をきれいに掃除しようかと覗いたらアカヒレの稚魚がうじゃうじゃと泳いでいてビックリ。これは掃除どころじゃないぞ。えらいこっちゃと慌てて別の水槽を作り、稚魚を移し替えました。せっかく生まれても魚の場合は親が稚魚を餌と間違えて食べてしまうからです。増えて困っている人はそのままほったらかしにしているようですが・・・。私にとってはアクアリウムを初めて最初の稚魚なので、ちゃんと育てられるかどうか分かりませんが、色々と調べながら試行錯誤して育ててみたいと思っています。夏休みの自由研究という歳ではありませんが・・・汗。

・2010年8月2日 ・・・ 特になし

近くの神社の盆踊りの写真久しぶりの更新となります。といっても内容の更新はほとんどできていませんが・・・。私にとって魔の7月がようやく終わりました。なぜかここ数年必ず7月に体調を崩してしまいます。今年こそは体調を崩さないようにしようと6月終わりからなるべく無駄な外出を控えるなど体力温存作戦をとってみたのですが、7月になってからの急な猛暑にコロッとやられてしまいました。見事に裏目に出てしまった感じです。その他にも歯医者にかかったり、犬がダニアレルギーとなって家の掃除と犬の看病で大変だったり、熱帯魚の産卵も続いていててんてこ舞いでした。それにしてもここのところ暑過ぎですよね。自分だけが暑さに苦しんでいるのかと思ったら、日本中で猛暑のオンパレードとかで多くの人が体調を崩したり、酷い場合には亡くなっている方もいるようです。更には北国ロシアでは記録的な猛暑とかで気温38℃まで上がったとか。あの冬になると氷点下の日々が続くモスクワが東京より暑いとはビックリです。そりゃウォッカを飲んで川に飛び込みたくなるのも分かる気がしますが、それで水難事故となり千人以上が死んでいるというのはちょっと笑えない話です。その他ではパキスタンで大洪水が起きたり、冬にあたる南米では寒波到来と気候が極端な感じがします。気候がおかしいと単純に温暖化と片付けてしまいがちですが、もっとスケールの大きな事が影響しているのかもしれませんね。例えば、太陽とか、地球の内部のコアとか・・・。何にしても夏が暑いのはわかりきった事なのですが、ほどほどの暑さで押さえて欲しいものです。ちなみに写真は近くの神社の盆踊りです。各地で盆踊りや夏祭りが行われ、夏真っ盛りですね。

・2010年8月9日 ・・・ 特になし

阿佐ヶ谷七夕まつりの写真相変わらず不調続きの管理人です。発疹みたいなものは収まったものの、まだ体がだるく、病院に行こうか行くまいか迷いつつある今日この頃です。HP製作は画面を見て細かい作業を行うと頭痛が酷くなるので敬遠しています。更新がずっと滞っていますが、ご了承下さい。中途半端に更新するよりもしっかりと治して9月から再開しようかなと思っています。全く今年の夏の暑さはたまりませんね。残暑も厳しくなるとかいう事なのでちょっと秋口も心配だったりしますが・・・。さて、間もなくお盆です。今年は円高の影響もあって海外旅行が久しぶりに大盛況とか。とはいうものの、異常気象は日本だけではなく海外でも同じように起こっているので、行く先々で思いもよらないトラブルに巻き込まれたりする事も多そうな感じがします。最悪の事態を招かないためにも、くれぐれもしっかりと情報収集を行い、万全の備えを忘れないようにした方がいいかと思います。かくいう私は暑さや体調不良に参っているので、今年はなるべく近場で楽しもうかなと思っています。先週末は久しぶりに遠出をして橋本や福生の七夕まつりや八王子祭りに出かけようかと思っていたのですが、体がだるさが抜けなく、近くの阿佐ヶ谷七夕まつりで済ませてしまいました。ここの七夕まつりは初めの訪問だったのですが、結構活気のある七夕まつりでした。これといって大きな催し物はないものの、都内のお祭りらしく、人の多さはなかなかのもの。阿佐ヶ谷も意外に活気のある場所なんだなとちょっと驚きました。ただアーケードの商店街での開催なので、熱気がこもる事。人の熱気に当てられて、やはり帰宅すると頭痛が酷くなってしまいました。

・2010年8月16日 ・・・ 特になし

大山の絵とうろうまつりの写真相変わらず暑い日が続きますね。春先は寒くて、霜などのために多くの農作物が不作だったのが、一転してこの夏らしい暑さによって米などは豊作になるのではと言われているようです。とりわけ田舎の夏祭りを訪れると、秋の収穫が安泰なせいか関係者の顔が明るいのが印象的でした。さてお盆も終わりですね。お盆や正月の期間は東京の人口が一気に減るので、車や人が一気に少なくなります。混雑している場所はやはり混雑しますが、それでもこれが標準だったら東京も暮らしやすいのにな~といつも思ってしまいます。さてお盆と言えば灯籠が欠かせません。灯ろう流しや万燈会といった行事が各地で行われています。今年は比較的近くて涼しげな場所という事で、大山の絵とうろうまつりに出かけてみました。道沿いに並べられた絵灯籠は趣があり、門前町の町並みと相成って素晴らしいものでした。ただ、手間や時代の流れなのか、蛍光灯による点灯なのがちょっと残念なところ。でも仕方のない事ですね。山の上の阿夫利神社にまでケーブルカーで登ると、さすがに涼しく、ちょっと早い秋の訪れを感じてしまいました。

・2010年8月30日 ・・・ 特になし

コリドラス・ハステータスの写真もう夏も終わりですね。今年の夏はどうでしたか?と聞くまでもなく、「ひたすら暑かった」という感想が多いかと思います。それにまだまだ暑さは終わったわけではなく、8月も終わりだというのに猛暑日の連発。9月も残暑が厳しいとかで、全くもってたまりませんね。イベントにでかければ倒れる人も多いようで、救急車のサイレンを良く聞きました。本当に今年の夏は救急隊員の人は大変な夏だったかと思います。私も先日くらっときたと思ったら足がいう事を聞かなくなり、危うく倒れるところでした。夜だったので大事には至らなかったけど、昼間だったらやばかったのかなと思ったり、昼間の蓄積が夜にきただけなのかなと思ったり、何にしても熱中症は高山病みたいにいきなり無理をしたり、疲労が蓄積されると病気モードのスイッチがオンになる病気かなと感じました。さて来週からは9月。いよいよ秋祭りの季節ですね。世田谷の秋祭りのページを作りかけていたのですが、夏バテで製作どころではなかったので結局秋祭りの季節に間に合いませんでした。期待されていた方がいらっしゃったら申し訳ありません。今年は昨年行きそびれた祭りを訪れつつ、秋祭りのページを製作していこうかなと思っています。ちなみに写真はうちの水槽で飼っている熱帯魚です。コリドラス・ハステータスといってなかなか可愛い魚です。熱帯魚ですらこの暑さは堪えるようで、今年の夏は扇風機の風を水槽に当てたりと管理が大変でした。

・2010年9月6日 ・・・ 「エッセイ集」のリニューアル、ver.4.0β

北沢八幡の神輿渡御の写真9月に入ったものの、激暑ですね。昨日は京都で39℃とかで、今年一番の暑さだとか・・・。いつまで続くんだ、この猛暑は!とイライラしてばかりでは余計に体に堪えるというものです。もうここまできたら開き直り、笑って我慢する方がいいかもしれません。とはいうものの、さすがに暑いのは終わって欲しいです・・・。我が家の犬はバテ気味だし、熱帯魚というか、一緒に飼っているエビの半数がここ数日の暑さで半分近く死んでしまいました。私の暮らす世田谷では、この暑い中神社の神輿の渡御が行われました。元々世田谷で一番盛り上がる神輿渡御なのですが、今年は初めて大神輿が出るとかで、内容的にも熱いものでした。しかしながらこの猛暑。熱ければ体力の消耗も早く、みるみる担ぎ手の生気が汗と共に流れていく感じでした。しかも暑ければイライラしてくるもので、堪忍袋の臨界点も早くなり、喧嘩も多いし・・・、というか、この暑い中アルコール飲んでいれば脳みそが溶けてしまうのは必定で、訳の分からない人も多々。今年はなんか至る所で怒鳴り散らす声が聞こえる殺伐とした雰囲気だったのがちょっと残念でした。

・2010年9月13日 ・・・ 特になし

多摩区の獅子舞の写真まだまだ激暑ですね。先日、なんか涼しいな。そろそろ長袖を着ようかなと気温を見たら28℃もありました・・・。慣れって恐ろしいですね。この猛暑の中秋祭りが真っ盛りですが、35℃なんて尋常ではない気温で御神輿を運行するのも見ていて大変そうです。熱中症や脱水症状などに気をつけて・・・、ってアルコールをグビグビ飲んでいるのでその心配ないのかな・・・笑。でも、それ以上に大変なものを発見しました。それは獅子舞です。被り物をしながら神社の境内などで踊るのはかなり過酷で、踊り終わるとふらふらな状態。子供が舞う事も多いので、途中で足が立たなくなる事も。暑い中一生懸命に舞う子供達には脱帽ものでした。後、先週はとても悲しい事がありました。テレビのニュースなどで知っている人も多いかと思いますが、世界選手権を戦っているバイクのレーサー富沢祥也選手がレース中に事故死してしまいました。今年から新しいカテゴリーができ、日本人が頑張っているという話を聞いて、久しぶりに全戦観戦(録画がほとんどですが・・・)していました。富沢選手は何となく昔の自分の顔つきと似ていて、親近感を持って応援していたので、全くもって残念で仕方がありません。享年19歳という若すぎるのも残念でしょうがありません。ご冥福を祈っています。

・2010年9月20日 ・・・ 特になし

ハステータスの子の写真大型連休というか、カレンダー的には休みの多い週ですね。ようやく猛暑がおさまり、まさに行楽シーズン。今まで暑くて行楽を控えていたのを爆発させたのでしょうか、高速道路の渋滞も予想以上になったとかニュースでやっていました。これから紅葉の時期まで毎週末の渋滞がひどくなりそうなりですね。さて連休がお休みという方はいかがお過ごしでしょうか。私はどこかのお祭りに行こうと計画は立てていたのですが、木曜日に熱帯魚が白点病にかかり、金曜日の夜にはカメラのレンズが調子悪いので直そうと試みたものの、完全に壊れて・・・、いや壊してしまいました。で、レンズを買いに行かなければ・・・、熱帯魚の薬も買っておかなければ・・・などとあれこれ考えていたら、なんかお出かけ気分がそがれてしまい、熱帯魚の世話や治療をしたりしてだらだらと過ごしてしまいました。そろそろ熱帯魚は季節的に厳しくなってくるので、一足先に冬支度。ヒーターを入れてあげました。ただうれしい事もあって、水槽の手入れをしていると、底の方から何やらもぞもぞと虫みたいなのが現れ、わっ、寄生虫だ!と慌てたものの、よく見ると稚魚でした。最初はオトシンの子かなと思っていたのですが、よく観察すると口にひげが・・・、なまず?ってことから調べてみると、以前も紹介したハステータスの子ではないかと判明。その他にも水面の浮き草の影にランプアイの稚魚もいて水槽内がちょっとした孵化ラッシュとなっていました。やっぱり飼っているものが新しい命を生み出してくれるとうれしいですね。

・2010年9月27日 ・・・ 世田谷散策記の10月の予定を追加

菅生の農村歌舞伎の写真ここのところ雨が多く、不安定な天気続いていますね。ようやく長く辛かった猛暑が去ったのはありがたいのですが、これはこれで日々の気温の変動が激しすぎてちょっと気を抜くと体調を崩しそうです。まだまだ気が抜けない日々が続く感じです。さて巷では台風よりも何よりも尖閣問題一色だったりします。まあ私なりにも色々思うところもあるわけですけど、島根県出身者としては竹島問題をほったらかしているからこういう事になるんじゃないの?ってまず思ってしまいました。恐らく対馬の人、北海道の人なども同じように思っているのではないでしょうか。もちろん争いや戦争を勧めているわけではなく、きちんと言うべき事はきちんと言って、正しいと思う事は毅然とした態度でハッキリと強く抗議すべきだと思います。これは日本人の欠点だなといつも思います。海外で日本人がぼられる典型的なパターンがこれに当てはまり、日本人にはとりあえず適当な理由を言って倍の値段をふっかけておこう。何か言ってきたら強く言えば泣き寝入るから大丈夫といった感じです。起きてしまった事はしょうがないとして、今後是非日本の指導者として国民から見て恥ずかしくないような対応をして欲しいと願っています。それはさておき、この週末はのんびりとした秋祭りを求めて菅生の農村歌舞伎を見に行ってきました。いわゆる地元の人が地元の人のために行う歌舞伎や演劇なのですが、やはりお祭りの原点は世界共通こんな雰囲気だよなと改めて思えるほど雰囲気のいい舞台でした。地元ネタが多いので部外者には微妙なところも多々ありますが、見ていてほのぼのとした気分になりました。

・2010年10月4日 ・・・ 旅のエッセイ集の更新、新編を2編追加

近所の神社の神輿渡御の写真ようやく秋らしくなりましたね。犬の散歩に半袖で出かけたら思わず身震いしてしまいました。さて10月になりましたね。この前まで激暑だったので、まだ9月半ばといった気分なのですが、10月といえば秋祭り。特に私の暮らす地域では10月の第1週末と第2週末は秋祭りラッシュで、それぞれの週末に10ぐらいの神社のお祭りが行われます。昨年から地元ネタのページを作り始め、せっかくなのでお祭りも全部制覇してみようと思いつき、この前の週末もお祭り巡りをしました。御神輿わっしょいのお祭りが好きかといわれるとちょっと微妙ですが、まあ地元なので散歩がてらといった感じで自転車に乗って5つの神社を回ってきました。近年では御神輿を担ぎたがる人が少なくなってしまったようで、小さな神社などでは大きな神輿が出せなくなってしまったと嘆いているところもあります。さすがに娯楽が沢山ある今のご時世で御神輿を担ぐ事に楽しさを見いだす若者が少ないのはしょうがない事でしょうね。それに町内会といった地域の繋がりも薄くなっているご時世ですから、地域で一体となって共同で何かをしようという事も少なくなっている感じです。都会ではそう感じたのですが、田舎ではどうなのでしょうか。

・2010年10月11日 ・・・ 旅の足跡の更新。全体的にデザインと文章の修正

雑居祭りの写真大雨になったと思ったら、翌日は雲一つない快晴。ここのところめまぐるしく天候が変わります。この連休も運動会とか行楽とか予定のあった人は天気がどうなるんだと心配しながら連休を迎えたことでしょう。近所のイベントも残念ながら雨のために中止となったり、翌日に順延となったりと主催者の人達も大変だったようです。雨で順延といえばF1世界選手権の日本GPは予選が雨のために順延となり、過去にあまり例がない予選と決勝が同じ日に行われました。今年は久しぶりに見るものを熱くさせるような日本人ドライバー、小林選手が参戦しているので、期待しながらテレビ観戦しましたが、期待を裏切らない走りで私を含め、多くの人に感動を与えたのではないでしょうか。本当なら先週に行われたバイクの日本GPでも同じように期待の富沢選手が走る予定でしたが、残念ながら少し前のレース中の事故でなくなってしまい、それはかないませんでした。今年はこの二人が冷え切った日本のモータースポーツ界を盛り上げてくれていた感じだったし、キャラクターも似た感じだったので、小林選手の走りを見ていたら二人がダブって見え思わずジ~ンときてしまいました。写真は近くで行われた雑居祭りのものです。このお祭りもあいにくの雨のために一日順延となり、いつもよりも少し盛り上がりにかけるかなといった感じでした。雑居といえば雑居ビルと連想し、雑居ビルで行われるバーゲンセール的なお祭りといったイメージを持ってしまいますが、ここの雑居はそのままの意味で、地域に色んな人が暮らしているといった意味の雑居で、様々なボランティアの団体、地域の婦人会、外国人の団体などが公園に集まってお祭りを開くといった面白い趣向のものです。世界中でここのように雑居がうまくいくといいのになと思うのですが、なかなかうまくいかないのが実際ですね。特に最近ギスギスした関係を持つ隣国を見るとそう思ってしまいます。

・2010年10月18日 ・・・ 世田谷散策記の世田谷の盆踊りを公開

清掃工場見学会の写真だんだんと葉が色づいたり、散っていったりと秋が深まっていくのを実感しつつも、昼間は普通に半袖で過ごせたりする今日この頃です。まあ異常気象なんて言葉は何年も前からずっと言われ続けているのでもう慣れましたが、今年に限って言えばどうも亜熱帯地域に暮らしている気分です。ちょうどミャンマーあたりが同じような気候でしょうか。おかげでミャンマーの熱帯魚が未だにヒーターを入れなくても元気に過ごせていたりします。後、未だに蚊が多いのは困ったものですね。ここのところ刺されまくりです。さて先週末は色々とイベントがありましたが、世田谷市場まつりや清掃工場見学会というのに出かけてみました。普段は入れないので、ちょっと楽しみにして訪れたのですが、市場に関しては特価品が多いと言うことで、凄まじい買い物客が訪れていました。無料提供品も多く、その周りは人だかりに。ゲリラ的に無料配布を行うと押すな押すなの大混乱。イノシシのようなお年寄りが多いのには閉口。なんて言うか、無料の力恐るべしとしみじみと思ってしまいました。清掃工場の方は最近大人の社会科見学みたいなものが流行っているとは聞いていたのですが、訪れてみると結構年配の人が多く、一生懸命係の人の説明を聞いている姿が印象的でした。この二つは隣同士の立地なのですが、随分と雰囲気が違っていて面白かったです。

・2010年10月25日 ・・・ 世田谷散策記の世田谷からの富士山を公開

マクラーレンホンダの写真先週末は何となくだらだらと過ごしてしまった週末でした。日曜日は山梨で友人の出るレースがあったので、それの手伝いに行く予定にしていたのですが、時間の都合で一緒の車で行くことができなくなり、バイクで後から行くにしても天気予報では夕方から雨。一人でずぶ濡れになって帰るのも寂しいのでやめました。それならば入間の万灯でも見に行こうと思ったのですが、初開催で何かと話題の多かったF1の韓国GPが気になって観戦していたら、いつの間にか週末が終わってしまっていたといった感じでした。でも今回の韓国GPは面白かったです。コース自体の完成が数日前という突貫のため、コースの至る所が壊れたり、色々と不手際が起こったりといったハプニングに加えて、天候悪化のおまけ付き。今までのレースのように整然とルールに則ってといった感じではなく、一体何が起きるのだろうといった先の読めないワクワク感が満載でした。おかげで近年にない展開となり、ちょうど昔のF1を見ていたときのワクワク感を思い出しながら見ることができ、いつの間にかレースにのめり込んでいました。そう考えると現代のスポーツ、特に規模が大きく、お金が多く絡むことに関しては、これでもかというぐらい規則が設けられ、秒単位でスケジュールが進んでいってといった少々退屈なものになってしまった感じがします。もちろんそうしないと収拾が付かなかったり、後からクレームを付けてきて主催者側が大変なのでしょうが・・・。まあ無責任に見ている側の勝手言い分ですね。とりあえずなんも写真を撮っていない週末だし、ちょっと懐かしくなって昔つくったプラモデルでも撮ってみました。

・2010年11月1日 ・・・ 世田谷散策記の世田谷の紅葉を公開

ニューゼブラオトシンの写真先週末も季節外れの台風とやらで天気の悪い週末でしたね。日曜日には後輩と山梨で行われるお茶壺道中を見がてら、秋の景色を楽しむツーリングをしようと思っていたのですが、2、3日前の天気予報を見ると台風が来るとかで、がっかり。これは中止だなと諦めていたら、なんと直前の天気予報では台風が予想よりも早く通過するとかで日曜日は晴れるとか。これは日頃の行いがいいからに違いない。ツーリングに行けるぞと喜んでいたのも束の間。前日の天気予報では台風が去ってもすっきりしない空模様が続くとのこと。インターネットで調べてみると行事自体も中止となっていて、わざわざ山梨まで行くのも面倒だなと言う事で、ツーリングは中止としました。週末までの間、中止となったり、行けそうになったりと予定が変わりまくり、ツーリングに行かなくてもえらく疲れた週末となってしまいました。近所のイベントとかも雨のために中止というのが多く、全国的に先週末に行われるはずだった多くのイベントが中止になってしまったようですね。とりわけ学園祭などが中止となったのは一生懸命準備した学生達には残念だったことでしょう。で、中途半端になってしまった日曜日は特にすることがなかったので後輩と熱帯魚屋のセールに出かけました。そしてしましまのオトシンクルス、ニューゼブラオトシンというのを連れて帰りました。他の熱帯魚と仲良くしてくれて、そして長生きして欲しいものです。

・2010年11月8日 ・・・ 特になし

庶民歌舞伎の写真野球の日本シリーズはロッテが勝ちましたね。どちらのファンというわけでもないし、そもそも私自身が近年あまり野球を見なくなったので、日本シリーズがやっているなというぐらいしか知りませんでした。ただ、日曜日に行われた最終戦はたまたまテレビのチャンネルを合わせてしまい、そのまま試合終了までのめり込んでしまいました。手に汗を握る展開というか、久しぶりに野球が面白く感じました。しかしながらこれが今シーズンの最終戦。せっかく目覚めかけた野球熱も来年の開幕までには薄くなっていそうです。それと・・・、白熱した長い試合はいいのですが、放送時間延長のため楽しみにしていた深夜放送のF1が・・・・深夜3時からの放送となってしまい、生で見るのは諦めることにしました。まあしょうがないですね。こういった事はたまたま行事が重なってしまったといった感じで諦めも付くのですが、しょうがないで済ませたくない事もあります。今の政府の諸外国への対応がそうで、大学で政治を学んだ身としてはもっとなんとかならんもんなのかと憤りを感じてしまいます。政治家の発言を聞いていると、まるで最近の日本は中国の属領になってしまったかのように錯覚することもあります。週末には都内で大規模な中国に対してのデモが行われたようで、実際に行動に移して頑張っている人達もいるんだと感心してしまいました。ただ一人一人の人間としてみると、中国人だからといって嫌なやつばかりでもないし、とても心の温かい人もいます。その辺が旅人目線で見ると困ってしまいます。それはさておき、文化の日にはまたもや庶民歌舞伎を見てきました。隣町の民家園にある古い舞台を使っての公演だったので、懐かしさ・・・って、そんな昔に生きてはいませんが、古き時代の日本文化を満喫してきました。

~~~  更新の一時休止  ~~~

<風の戯言(更新日記) ~ 2010年後期版 ~ 2010年7月初稿 - 2015年9月改訂>