風の旅人について

***   風の戯言(更新日記) ~ 2007年版 ~   ***

・2007年1月9日 ・・・ リニューアル中

新しい年を迎え、停滞気味のサイトのことを考え、思い切ってサイトのリニューアルをする事にしました。って、毎度毎度停滞した後に行うお決まりのようなリニューアルですが、今回はちょっと大がかりにサイトを見直すことにしました。それは根本的にファイルや項目を見直してシンプルに、そして画像をブローバンド時代にふさわしく大きく大胆にといった感じです。とまあここまでは今までと同じパターンなのですが、更新が停滞するのはファイルが煩雑で更新に時間がかかるというのが原因だと改めて認識したからです。サイト全体に規則性を持たせてそれに沿って更新作業をすれば無駄に時間がかからないのでは。更新のめんどくささが少し和らぐのでは。と期待しての大改造です。というわけで、現時点で少々旅行記などのページが中途半端な状態になっていますが、ご了承ください。それと暇を見つけての作業なので、リニューアルが完成するまでにはちょっと時間がかかりそうです。一応春頃をめどにしていますが、もうちょっと延びるかもしれません。

・2007年2月3日 ・・・ リニューアル中

なんだか最近暖かいし、ちとツーリングにでも行ってみようかなと思ったものの、朝起きたら寒くて断念。暖冬とは言うものの、まだバイクには厳しい冬でした。で、昼ごろに買い物や新しく出たwindows vistaを見学しがてら秋葉原に行き、ついでに近くの湯島天神に行ってみると梅祭りと豆まきをやっていました。あれっ、節分ってうららかな春の行事だったけ?なんか変な感じ。朝とは打って変わって昼間の町は春って感じでした。それにしてもビックリしたのが秋葉原のメイン通りに以前は大量にバイクが路駐していたのに、今回訪れるとまったく無くなっていました。どこに停めようかと悩んでしまいましたが、裏通りに入ってみるとずらっと並んでいました。ちょっとそこまでと気軽に乗れる乗り物のバイク。しかし最近はバイクを停める場所ですら苦労する世の中になってしまいました。もちろん無秩序で迷惑な路上駐車は問題外なのですが・・・。

・2007年2月12日 ・・・ リニューアル中

連休最終日、今日こそはバイクで出かけるぞ!と気合いを入れて一人で箱根のほうに行ってきました。 天気がいいようなので、思い切って金時山に登ってみると、富士山の奥に北岳がくっきりと見えました。素晴らしいほど快晴。 その後は普段行かない箱根の1号線も走ってみましたが、予想通り大渋滞。 温泉街はこれでもかというぐらい混雑していて、九十九折の道もかなり混んでいました。 まさに紅葉時分の日光いろは坂状態。こういうときにはバイクは便利な乗り物です。山の神イマイだ~、100台抜きだ~と箱根駅伝を思い出しつつ車の横を抜けていました。(笑) その後、バイクの聖地大観山の方にも行ってみましたが、バイクと車が半々と言う感じでした。いくら暖かくてもまだちょっとバイクの時期ではない感じです。それにしても芦ノ湖でも大観山でも年配のバイク乗りが多い事。ぱっと見た感じで若者3に対して7といったところです。家族サービスをしなくてもいい年代・・・というか、家族に相手にされず、親父集団となってバイクで走っているのだろうか。暇は沢山もてあましているだろうし・・・自分もそうなっちゃうのかなと考えてしまいました。団塊の世代の退職はツーリング風景にも影響してきているような、関係ないような・・・。はてはてどうなのでしょう?

・2007年2月18日 ・・・ リニューアル中

今日は記念すべき第一回東京大マラソン大会が開催されました。 あまりマラソンに興味のない人でも、都内の道路が大封鎖されるので、かなり関心の高いものとなりました。しかしながらあいにくの雨模様。この寒い時期に雨というのはちょっと市民ランナーには気の毒に感じました。ちなみに我が家からは広島から上京してきたおばさんが参加しました。そして無事完走。こういった人が身近にいると来年は私も参加しようかなという気になってしまうものです。って、さすがに健脚を誇る私でも42kmはまともに走った事がないので、現実的になって考えるとちょっと無理なのですが、おばさんが完走した当日などはそう思ってしまいました。恐らく42kmいきなり走れるほど甘くないはずです。そもそも歩くだけでも42kmはかなりの距離です。なんせ時速5kmで歩いても8時間ですから。ちなみにユーラシア大陸を徒歩で横断した人などが1日に歩くのも40kmぐらいです。それ以上は次の日がしんどいとか。全く持って気の長くなるような話です。

・2007年2月25日 ・・・ リニューアル中

この「風の旅人」が使用してきたサーバー「komazawa.com」が今年の6月末で廃止されることになりました。「風の旅人」を開設した頃からずっとこのアドレスに愛着を持っていたので残念です。それに卒業生へのサービスということで半永久的に使えるはずだったので、一生このアドレスで「風の旅人」を運営していこうかなと考えていたから、ちょっとがっかりしています。それにアドレス変更なんて全く考えていなかったので、リンク先などを特に保存していなく、アドレス変更はちょっと大変な作業になりそうです。それにしてもたまたまリニューアルしている最中だったからよかったものの、突然の決定にやはり納得がいかない部分もあります。そもそもHPの方は問題なかったのですが、メールの方は年末からずっと落ち続け、どうなっているんだと非難苦情の雨嵐の中の決定だったからです。いくら無料のサービスだからといっても、出来るだけきちんとした対応をして欲しいものです。

・2007年3月25日 ・・・ リニューアル中

来週末は友人たちとツーリングだし、午前中はバイクの洗車でもするか・・・とバイクの洗車を行いました。今年に入ってまだ一度も洗車をしていないので、かなり埃をかぶっていました。さすがにまだ水が冷たい。簡単に済ませてしまおうということで、ワックスの混じった洗剤でぱっぱと洗って終了。後はタオルで拭いてピカピカ。簡単に済ませてしまったけど、今の時期はこれで十分。ぴかぴかになっていることが大事なのよね。さて終わった、家に入ってテレビをつけると、なんかえらい事になっていました。能登半島で大地震!!!!って、昨年の秋に行ったばかりやんけ。能登に住む友人は大丈夫だろうか。電話をかけてみるものの、回線が混雑していて全く繋がりません。なんだかえらい事になってしまったな。能登の知名度がないと友人は嘆いていたけど、これで一躍時の場所になったのではないか。いやいやそんな冗談を行っている場合ではない。それにしても最近は数年に一回の割合で大きな地震があるような・・・。関東大震災もそのうちにあるかも・・・。防災グッズでも買いに行こうかな・・・。ちょっと不安に感じてしまいました。夜になると友人とようやく連絡が付き、無事が確認できホッとしました。ただ家などの被害が結構出ているとかで、声が疲れているのが気になりました。

・2007年4月1日 ・・・ リニューアル中

管理人代行と春の陽気に誘われて、バイクで三浦半島を一周してきました。横浜から横須賀へ、そして東端の観音崎を回って南端の三崎の方へ。そこで昼食を取った後は、北上。荒々しい海岸で有名な荒崎や、ヨットで有名な葉山などにより、鎌倉へ。ちょうど桜の時期なので、鶴岡八幡宮の前の参道は桜のトンネルになっていました。おかげで町中大渋滞。これでもかというぐらい混んでいました。バイクだったからよかったものの、車だったら通り抜けるだけで恐ろしく時間がかかったことでしょう。とまあ、一周したのですが、それなりに見所があり、三崎港ではマグロが食べられと、東京からは近くてお手ごろなツーリングコースだと感じました。あまり時間がかからないので、とりわけ日照時間の短い春先にはお勧めだと思います。名物の三浦大根も道路脇で安く売っていますし。

・2007年4月15日 ・・・ リニューアル中

リニューアルの方も大分仕上がってきて、ようやく公開のめどが立ってきました。とりあえず5月1日に第一弾を公開します。残りは仕上がり次第アップしていくという感じにします。今回のリニューアルでは根本的にファイルや項目を見直してシンプルに、そして画像をブローバンド時代にふさわしく大きく大胆にといった感じで作り直しました。デザインもそうですが、旅行記などもきちんと書き直しましたので、内容にもご期待ください。現在は少々旅行記などのページが中途半端な状態になっていますので、旅行記のページは5月以降ご覧になるほうがいいかと思います。

・2007年5月1日 ・・・ リニューアル中

いよいよリニューアルの日。さて更新だ!と、いきたかったのですが、事情により延期になりました。完全に出来上がっていなかったので、出来上がった分だけでもアップしようと思い、とりあえず新しいしいサーバーにアップしてみたのですが、実際にブラウザーで見てみると・・・?なぜかページ下部に余白ができていました。何でこうなるんだ。ソースを確認すると、なんだかよく分からないものが勝手に引っ付いていました。これが余白の原因となっていたようです。せっかくページの下まできっちりとデザインしたのにこれでは台無しではないか。一体どういう事。あれこれいじっても分かりません。さてどうしたものか。ずっとこの状態が続くようなら他のサーバー(プロバイダー)に変えようかとか考えると、確認が取れるまでリニューアルの方は待ったほうがいいかなという結論に至りました。リンクとかの兼ね合いで頻繁にアドレスを変えたくないので、ご了承ください。

・2007年5月5日 ・・・ リニューアル中

HPのリニューアルよりも先にパソコンがリニューアルしました。リニューアルが終わるまでデーターをあまりいじりたくなかったので、リニューアルが終わってからにしようかと思っていたのですが、処理速度の遅さに我慢できなくて秋葉原に向かいました。さすがにゴールデンウィーク真っ只中とあって、あちこちの店でセールを行っていました。その中でも一番安かったTーZoneでパーツを購入して、組み立てました。今まで使っていたものを引き継いで組み立てるつもりだったのですが、時代の流れは速いもので、ほとんどの部品の規格が合わなくなっていて使えるパーツがほとんどありませんでした。結局のところ新しいパソコンを一台買ってしまった感じです。でもこれで最新のデュアルコアを搭載したマシンとなり、作業もはかどることでしょう。たぶん・・・。

・2007年5月15日 ・・・ 「風の旅人 4th Edition」のβ版をアップ

とりあえずリニューアルのデーターをあげてみました。前回も書いたように引越しするはずだったサーバーにアップしてみると、サーバーの都合で不本意な空白がページ下部にできてしまうという現象が起こり、今もあれこれと迷っていますが、とりあえずリニューアルするといいながらしないのもみっともないので、とりあえず仮ということで今まで使っていたサーバーにデーターをあげました。6月末で使用できなくなるので、今更データーをあげるよりは新しいアドレスにあげて検索とかリンクの修正をしたかったのですが、仕方ありません。それから、この「4th Edition」自体まだ始動したばかりなので、ページ内容、デザインともに今後のあり方を模索中です。とりあえずはデザインの統一性と洗練、そして内容のレベルを上げることを目標に製作していきたいと思います。

おまけ・・・、F1の話ですが、とうとう日本のスーパーアグリチームがポイントを獲得しました。チーム代表の鈴木亜久里氏は日本のF1火付け役のドライバーの一人で、当時始めて予備予選を通過したときの無邪気な笑顔が今でも印象に残っているのですが、昨夜テレビを見ているとやはり昔と同じような笑顔をしていていました。頭は白髪が混じっていましたが、きっと心は昔と同じなんだなと笑顔を見てうらやましく思いました。そして、おめでとうございます。

・2007年6月1日 ・・・ 「風の旅人 4th Edition」のβ2版をアップ

とりあえずリニューアルのデーターの第2版をあげてみました。前回も書いたようにI.Eで表示させるとサーバーの都合で不本意な空白がページ下部にできてしまうという現象が起きています。Operaだと問題ないのですが・・・。これはどうにもこうにもならないようです。どうしたものか今もあれこれと迷っていますが、とりあえず今までのサーバーが使えなくなる前に引越しを済ませてしまわないとえらいことになるので、しばらくはこの状態で我慢することにしました。そのうちリニューアルが落ち着いたらその時にあれこれと考えようと思います。それから、本来なら古いページのほうに新しいページのアドレスなどを表示させたりするのですが、困ったことに5月から旧サーバーが一切データーを受け付けなくなってしまいました。6月末まで使用できるはずだったのですが、まったくもってひどい話です。あまり安いサーバーとかは使用しないほうがいいかもしれません。軌道に乗った後で廃止とか、システムの変更をされるとなかなか辛いものがあるので、、、涙。

・2007年6月15日 ・・・ 「風の旅人 4th Edition」のβ2版の修正

古いver.3.7のページが何時の間にやら旧サーバーから消えてしまいました。かろうじてver.3.7からの橋渡しを掲示板で行っていたのですが、それも出来なくなってしまいました。細い糸をぷっつりと切られた感じであり、また過去からのきっぱりとした決別といった感じでもあります。とりあえずこれで4th Editionのみの公開となったわけなのですが、ver.3.7からリンクを引き継げなかったので、現在検索に全く引っかからない状態です。早急にヤフーの登録サイトのリンク変更だけは済ませたのですが、日々の訪問者はごくわずか。 検索に引っかからないページというものは本当に寂しいものです。あまりの閑古鳥ぶりに更新に対する気合が全て抜けてしまい、ほとんど更新が進みませんでした。やはり見てくれる人のほとんどいないページを作るのは気分が乗らないものですね。

・2007年7月1日 ・・・ 特になし

最近、モータースポーツ界を賑わしているのは新人のルイス・ハミルトンという新人のF1ドライバーです。モータースポーツ界の最高峰であるF1で勝つことは当然ながら難しいことなのですが、ルーキーであるハミルトンがもう既に2勝。しかもポイントリーダーとなっているから驚きです。ただ彼にまとわりついているのは黒人初のF1ドライバーという肩書きです。そんなに強調していうべきことでもないと思うのですが、やはり人種差別や移民問題が深刻な社会問題になっているヨーロッパ発祥のスポーツの宿命なのかなとも思えてきます。サッカーのようにそのうち黒人だからとか変な偏見で彼の才能をつぶすようなことがなければいいなと加熱する報道を見ながら思ってしまいました。

・2007年7月25日 ・・・ 特になし

夏休みになりました。といっても子供達の話で大人にとっては暑い季節になったと表現した方が共感してもらえるような気がします。それにしても今年もまた台風に地震と災害に見舞われた夏になってしまいました。ここ何年も毎年台風で多くの被害が出て、数年ごとに地震が起こるという夏の繰り返しといった感じです。全くといっていいほど被害を受けない東京に住んでいる身としては、他人事に感じる反面、もし東京で同じことが起こったらとか、ドカンと一発どでかいものがやってきて壊滅的な事態になるのではないかと考えると心配になったりもします。何にしても被災された方は気を強く持って復興に頑張ってください。

~~~   今年もやっぱり休眠・・・ zzz  ~~~

・2007年10月1日 ・・・ 特になし

更新をしなければと思いつつ、手付かずのまま三ヶ月放置してしまいました。本来ならリニューアルをしてページを発展させていく段階なのでしょうが、アドレスが変わったことで検索に引っかからなくなり、来客数がめっきり減ってしまい、更新を行う気力がなくなってしまいました。なんか勢いを削がれたというか、ガックリしてしまった感じです。それはさておき、今年の日本のモータースポーツの大ニュースといえばF1が鈴鹿サーキットから富士サーキットに移ったことでしょうか。それもただ単に場所が変わったというわけではなく、ホンダ所有のサーキットからトヨタ所有のサーキットに移ったという戦略的移動だったりします。かつて30年近く前に開催されたことがあった場所だったので、初開催という肩書きはないものの、近代F1では初開催。一体どんなレースになるだろうかと楽しみにしていたのですが(実際に行く予算と時間がなかった・・・涙)、あいにくの雨となり、ちょっと荒れたレースとなりました。これは天気のせいだからしょうがないのですが、問題は開催の不手際が多かったことでしょうか。道路の陥没やシャトルバスが来なかったりと、サーキットの外ではてんてこ舞いだったそうです。事実上初開催だからしょうがないといえども、F1の世界ではまたトヨタの名前が下がってしまったようです。

・2007年10月8日 ・・・ 「日本ツーリング漫遊記」の更新

いよいよ今年のF1も大詰め。新人でワールドチャンピオンを獲得という歴史的快挙に王手をかけたハミルトン。歴史的瞬間を!と思って夜遅くまで中国GPを観戦していたのですが、ハミルトンがまさかのリタイヤ。 しかもいかにも新人らしいボンミスで。おまけにチーム状態はギクシャクしている感じだし、圧倒的に有利な条件だったチャンピオンも手に入らないかもと思えるような感じでした。その後、何気なくインターネットを閲覧すると、ノリックがトラックに突っ込んで事故死という見出しがありました。ノリックは二輪レースの先駆け者。二輪の最高峰クラスで日本人として初の優勝したときの歓喜はよく覚えています。、、、本当に残念です。私にF1の魅力を教えてくれたセナ、そしてバイクレースの魅力を教えてくれた加藤大治郎、ノリックと魅力的なレースをする人がどんどん他界してしまうのは非常に残念です。結局なんかと寝付けない夜となってしまいました。

・2007年10月22日 ・・・ 特になし

今日は自分のバイクチームの6時間耐久レース。今年も出走せずに監督として携わることにしました。私の性格では自分で走るよりも戦略的にレースを見るほうが好きなのかもしれません。これは競馬などの影響なのだろうか・・・とまあ、ロン・デニスやフランク・ウィリアムズ(F1の有名な監督)真っ青の采配を振るったものの、少々トラブルがあり結果は5位。まあ入賞圏内だからいいかと草レースながら熱くなっていました。来年こそは表彰台へ・・・登れたらいいな。夜くたくたになって帰宅したら今度はF1の最終戦。今日三つ巴の決着がついてチャンピオンが決まると思うと何が何でも起きているんだと頑張ったものの、レースが始まって10分後には夢の国へ旅立っていました。そして朝起きたらライコネンがチャンピオンになっていました。今年は色々あったF1でしたが、まあこれでいいかと思えるような結末かもしれません。

・2007年11月6日 ・・・ 「日本ツーリング漫遊記」の更新

連休を利用して会津方面にツーリングに行ってきました。昨年は暖かかったので紅葉も遅かったのですが、今年はぼちぼち平年並み。前から行ってみたかった「塔のへつり」や「大内宿」を見学し、日光方面に抜けました。紅葉のほうは一応色づいているものの、なんか鮮やかさが足りない感じでした。これも異常に暑かった夏の影響や中途半端に暖かい秋の気候のせいだとか。でも紅葉はいまいちでも紅葉を見に行く車の列は色鮮やかでした。連休ともあって観光名勝はどこも手前から駐車場待ちの大渋滞。バイクでよかったと思ったけど、山道などをすり抜けて行くのも結構大変だったりします。それにしてもこのガソリンが高いご時世に登りの山道で渋滞していたらものすごく燃費が悪くて不経済だなとすり抜けながら思ったのでした。

・2007年11月15日 ・・・ 特になし

ふと目に付いてマン島TTのドキュメンタリーを見ました。レースに興味のない人にとっては何じゃそれという名前のレースなんですが、イギリスとアイルランドの間に浮かんでいるマン島で行われるレースなのでマン島、ツーリング(T)、トロフィー(T)と呼ばれています。このレースが凄いのは今年で第100回(100周年)という歴史があるレースで、しかもバイクなのに一般の公道で行われるレースだからです。しかも一周が40km(だったかな?)と長いのです。だから次のコーナーはどんなんだったけな???といった感じでなかなか覚えられるものではありません。思いっきり突っ込んでコースが違っていたりすると壁に激突!ってな具合になってしまいます。かといってレーサーはゆっくり走るわけはなく、それを承知で攻めていくので、ある意味非常に危険なレースで、度胸が試される勇敢なレースとしてバイクのレースの中ではある意味最高の評価がつけられるレースでもあります。車のモナコGP、ル・マン24H、インディー500と三大レースと呼ばれるものがありますが、バイクはマン島TTに尽きるのかもしれません。ぜひとも行ってみたいと思うものの、もちろん出場する技術もお金も度胸もありません。誰か身近な人で出る人がいないかと友人などに声を掛けてみたものの、誰もそんな金も暇もないとの事でした。

・2007年12月1日 ・・・ 「風の旅人エッセイ集」「日本ツーリング漫遊記」の更新

とうとううちの近所のガソリンスタンドもレギュラーガソリンが150円を越えてしまいました。円高が進み1$が110円を割るような為替相場を見ると、ガソリンも・・・と思ってしまうのは私だけではないはず。そして発見しました。リッターあたり15km走る車なら1kmあたりガソリン代が10円かかるんだと。というのも、ツーリングに行くとリッターあたり18~20km走る私のバイクも町乗りばかりだと15kmほど。先日ガソリンを入れに行くと、給油毎にリセットする距離計と入れたガソリンの値段がほぼぴったりでなるほどと気がついたわけです。それ以降100m走るごとに1円ずつ料金が増えていく感じで、距離計がまるでタクシーのメーターみたいな感じがしてきて、メーターを見るのが嫌になってしまいました。そしてもう一つ気がつきました。家から往復9km離れたガソリンスタンドは1リットルあたり近所のスタンドよりも2円安いのですが、その為だけに往復すると90円かかるということです。近所の比較的安いガソリンスタンドまでは往復3km程度で30円。バイクなので入れるガソリンは一度に20リットル弱なので、わざわざ安いからと遠くへ行くよりも近所で入れたほうが断然お徳という事になります。わざわざガソリンを費やして安いガソリンを入れに行くというのもよくよく考えて行わないと、かえって高くつくんだなと思いました。

・2007年12月10日 ・・・ 特になし

そろそろ内容の更新をしなければと思いつつ、師走を迎えてしまいました。この時期は日が落ちるのが早い分、夜の街が一層きらびやかに感じます。都内のいたるところでクリスマスのイルミネーションが点灯しているのですが、六義園(元大名庭園)でも色づいた紅葉のライトアップがされていると聞いて、さっそくカメラを持って出かけてみることにしました。訪れてみると、普段見慣れた街路樹のライトアップとはまるで別物で、色とりどりの庭園の木々が闇の中に浮かび上がっている感じでした。これがなかなか幻想的で、なかなかいいデートスポットだと思います。またアマチュアカメラマンも多く、私も秋に購入したデジタル一眼でパシャパシャと撮ってきました。ようやくデジタルの特性に慣れてきた感じですが、フィルムになれすぎているので、両者の相違に苦労しています。

・2007年12月20日 ・・・ 特になし

今年もまもなく終わり。あまりいい年ではなかったような・・・よく分からない年でした。良くなかった事の一つにネズミ捕りにつかまったというのがあり、先日免許の更新に行くと、ゴールド免許から一般の免許証にランクが下がってしまいました。ゴールドに見慣れているとなんか免許証がちゃちくなった感じがします。おまけに今までの「普通」が「中型(限定)」に変わったのも変な感じ。更には悪用防止とかで本籍欄が空白なのも本籍のない人間みたいで違和感を感じます。もう一つ、ICチップ埋め込みとかで厚みが増していました。なんか色々変わった免許ですが、まだ世間一般では知られていないのが実際のようで、ゴールド免許証ではないけど人に見せると何これ、凄い!と驚くので鼻が高かったりします。

<風の戯言(更新日記) ~ 2007年版 ~ 2007年1月初稿 - 2015年9月改訂>