風の足跡 ~風の旅人旅行記集~

~ 国内の旅やバイクツーリング日記 ~

宇都宮餃子&佐野ラーメンツーリング

*** ページの目次 ***

~~~ §1、冷凍餃子事件 ~~~

<2008年2月>

ここのところ、テレビのニュースや新聞、そして巷の話題を独占しているのは中国産の冷凍餃子だったりします。
それは美味しいとか、不味いとかいった以前の問題で、食べちゃ駄目な毒入り餃子なのです。
これは無差別殺人なのか、食品テロなのか、そのニュースが流れたときは衝撃的でした。
現在では 一般家庭で当たり前の食材になりつつある冷凍食品。
全国的に売られているものなので、被害者も日本各地で続出。
国民的関心事件となり、報道も加熱していきました。

一体どこで毒が入れられたのか。
中国の工場、物流、日本の倉庫、販売店、色々な可能性がありますが、国内での線は警察の捜査によって消えました。
では中国となるのですが、国際的な問題でもあるために捜査も進まず、問題がひたすら長引き、餃子のイメージも長い下り坂に突入していきました。

line

これは風評被害だと言う人もいますが、いや実際売り上げが下がっているのでそうなのですが、連日メディアから餃子の単語が耳に入ってくると、餃子好きの人間としてはむしろその逆なのです。
絶えず餃子の宣伝が流れているような感じで、やたらと食べたくなってしょうがない。
これは日本餃子協会の陰謀ではないか。
って、そういった団体はあるのかないのか知りませんが、どんどんと頭が餃子に洗脳されていき、結局普段よりも餃子を多く食べている自分がいたりしました。

更には最近のマイブームである食べ歩きの煽りを受けて、無性に本場というか、餃子が盛んな町の宇都宮で餃子が食べたくなってきました。
よしっ、宇都宮に餃子を食べに行こう。スーパーで売っている宇都宮餃子では駄目だ。
ちょっと寒いし、遠いけど・・・。
という事で、2月の寒い中をバイクで走る根性のある後輩とともに宇都宮に向かう事にしました。

line

せっかく遠出するなら下調べをしておこう。
わざわざ購入するのももったいないので、図書館に出向き栃木のガイドブックを借りてきました。
ガイドブックを眺めると、巻頭の特集に宇都宮餃子のほかにも佐野ラーメンが載っていました。
おっ佐野ラーメンもいいではないか。
餃子といえばラーメン。ラーメンといえば餃子。
同時には食べれないけど、組み合わせ的には黄金コンビです。
それに資料を読む限りでは調理にこだわりが感じられ、そういった職人魂が食欲をあおってきます。
では、餃子の前に佐野ラーメンといきますか。

でも食ってばかりでは腹がきついぞ。
少しは観光をして腹をすかせたり、昼食までの時間調整をしなければ・・・。
という事で、当日は国道4号沿いにある道の駅庄和で集合し、ちょっと足を伸ばして足利氏のふるさと足利へ寄ってみることにしました。

~~~ §2、足利観光 ~~~

足利尊氏公の像の写真
足利尊氏公の像
鑁阿寺の楼門の写真
趣のある橋と鑁阿寺の楼門

足利といえば室町幕府を開いた足利将軍のふるさと。
そういった足利氏にまつわる歴史的な物がいくつか残っている町で、以前から訪れてみたいと思っていました。

足利に到着すると、早速その足利氏の所縁の場所、鑁阿寺に向かいました。
鑁阿寺は少々変わった雰囲気を持つ寺で、なんと寺域はほぼ正方形でその周囲を土塁と堀がめぐらされています。
これはこの場所が鎌倉時代に築かれた足利氏の居館跡であった名残りで、水掘や土塁は当時の武家屋敷の面影をよく残しているとかなんとか。

要は足利氏の本拠地、城的な感じで利用されていた場所だったようです。
そのためお寺でありながら日本名城100選に指定されていたりします。
もちろんそれだけではなく、そういった貴重な遺構を含め、歴史的な寺の建造物など寺域全体が国指定史跡にも指定されているといった歴史的価値も由緒もあるお寺なのです。

境内を散策した感じでは楼門の前の堀にかけられた屋根付きの橋はとても趣きがあって素晴らしいものでした。
この橋のある景観がこの寺で一番絵になっている感じがします。
それ以外はありふれた古刹といった感じでしょうか。
重要文化財の本堂などはそれなりに威厳を感じる建物だったのですが、あまり知識のない我々は重要文化財の看板の方にほぉ~と頷いていたのでした・・・。

line
足利学校の方丈と庫裏の写真
足利学校の方丈と庫裏

そのほかには山門から参道に出た少し先に足利学校があります。
足利にある学校なので足利学校・・・。
って、ごく普通の学校っぽい名前ですが、ここはなんと日本で最も古いの学校と言われているとか、なんとか。
重要文化財とか、国宝とか、日本で一番って文字に弱い我々は早速向かいました。

案内板に従って到着してみると、ここは入場料が必要でした。
でも日本で一番を見るためなら・・・とお金を払って中に入ると、さすがに古すぎて、今ではすっかりきれいになっていました・・・。
といった表現がふさわしいような新しい建物がありました。
近年大掛かりな修復工事が行われたのでしょう。
新築のにおいがしてきそうなほどでしたから。

line
孔子廟の写真
孔子廟

この足利学校の創設には、奈良時代の国学の遺制説、平安時代の小野篁説、鎌倉時代の足利義兼説などがあり、日本一古いと言いながらもはっきりとわかっていないようです。
実際に歴史的にはっきりしているのは、室町時代になってからで、関東管領上杉憲実が現在国宝に指定されている書籍を寄進し、鎌倉円覚寺から僧快元を招いて初代の庠主(校長)とし、学校を再興してからだとか。

そして戦国時代になるとイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルにより「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介されています。
そう言われると無知な我々にもこの足利学校がすごい学校だったんだなと実感できます。
でも実際に訪れた感想は孔子廟はそこそこ雰囲気があるものの、それ以外は新しすぎて雰囲気的にあまりその凄さを実感できないのが残念かなといった感じです。

line

足利学校を出て、巡らされた堀の外側を歩いていると観光客用の大駐車場があり、そこには大河ドラマで太平記をやっていたときの資料館みたいなものが併設されていました。
今では閑散としていますが、きっと放映していた年などには多くの観光バスが停まっていて、さぞかし賑わっていたことでしょう。
大河ドラマの観光ブームというのは怖い・・・。

~~~ §3、佐野ラーメン ~~~

昼近くなったので、足利から佐野へ移動しました。
佐野といえば佐野厄除け大師。
よくテレビなどで宣伝しているので、その知名度は抜群です。
せっかくだから寄ってみよう。
そう思っていたのですが、見事に曲がる場所を間違えてしまい、そのまま市内の中心部へ入ってしまいました。
まあいいか・・・。お腹すいているし・・・。

ということですぐに佐野ラーメンの店に向かいました。
やっぱりグルメにこだわるには佐野ラーメンの真髄を味わっておきたいところ。
それなら恐らく佐野ラーメンで一番有名な「とかの」にしよう。
と店に行ってみたものの、あいにくと祝日とはいえ月曜は定休日でした。
代わりというか、その次に興味のあった「亀嘉」という店へ行ってみることにしました。

line
「亀嘉」の佐野ラーメンの写真
本日の一品目
「亀嘉」の佐野ラーメン

人気店らしくちょっと混んでいたものの、少し待つと席に案内されました。
腹の減り具合からチャーシュー麺大盛りにひかれるものの、この後には餃子の食べ比べが控えているので、普通のラーメンで我慢することにしました。
実際に食べてみると、見た目は喜多方ラーメンぽいけど、味はちょっと異なりました。
同じ鶏がらでも喜多方の芳醇な醤油味に対して、佐野は塩味が強いといった感じなのかな。
ちょっと塩からっさが口に残る感じでした。

元々は肉体労働者の食事として発展したので、このちょっとしょっぱめな味付けが佐野ラーメンの伝統となっているとかガイドブックに書いてありました。
麺の方は手打ちで、青竹打ちが主流のようです。
ただ、喜多方のようにきれいな平打ちとは違って、太さはばらばら。
歯ごたえはまぁまぁいいのだけど、麺自体にあまり風味を感じないのがちょっとマイナスに感じました。
もう少し麺の存在感がほしいかな。
でもそれは誤差の範囲といった感じで、全体的には満足のいくラーメンでした。
佐野ラーメンも侮れないかも。
また機会があれば 別の店のラーメンも食べてみたい。

line
佐野のいもフライの写真
本日の二品目
佐野のいもフライ

知らなかったのですが、ガイドブックをパラパラと眺めていると、佐野ではラーメンの他にジャガイモを串に刺して揚げたイモフライが有名というか、手軽なスナック感覚の食べ物として流行っているようです。
一本が60円ほどだし、これも食べてみるか。
ちょうど訪れた道の駅にも出店があったので、ここで注文してみました。

で、食べてみると、、、いもフライでした。
ソースがおいしさの決め手のようですが、やっぱりいもフライってな感じ。
決してまずくはないのですが、とびっきり美味しいというわけでもなく、やっぱりいもフライってな感想でした。
全くもって感想に困る食べ物です。

line
道の駅 どまんなかたぬまの写真
道の駅 どまんなかたぬま

ちなみにここの道の駅は「どまんなかたぬま」というたいそうな名前が付けられています。
ここは佐野市に併合される前は田沼市でした。
そして田沼市は我が市こそ日本の中心だと宣言し、こういった名前をつけてしまいました。
なぜここが真ん中なのか。
それは日本列島の北端と南端、それに日本海側と太平洋側の各地点から等距離に位置する場所が町にあるからだそうです。
その場所はここからちょっと山に入ったところで、その近くの蓬山ログビレッジには日本列島の中心の碑といったものがあります。

~~~ §4、宇都宮で餃子食べ比べ ~~~

佐野を後にして国道293号をひたすら走り宇都宮に向かいました。
近いように感じていたけど実際は結構距離があったりして・・・。
でもお腹をすかせなければならないからちょうどいいのかな・・・。
なんて考えながら走り続け、宇都宮の手間の鶴田で餃子専門店正嗣の鶴田店に入りました。
ガイドブックなどを見ると、宇都宮では「みんみん」と「正嗣」が特に有名で、「みんみん派」か「正嗣派」と分かれるとかなんとか。
今回の遠征では絶対に外せない店です。

正嗣の餃子の写真
本日の三品目
正嗣の餃子

市内の本店は並ばないといけないほど混雑をしているようですが、郊外の店はすいているとの情報を得て、途中にあるこの店を選びました。
おかげで並ぶことなく注文でき、時間節約にもなりました。
しかし注文を忘れていたようで出てくるまでに時間がかかったのと、焼きすぎてこげていたのがマイナス。

味のほうはオーソドックスな手作り餃子といった感じ。
キャベツのしゃきしゃき感と噛んだ時の甘さが絶妙。
焼き餃子と水餃子を注文したのですが、どちらでも美味しいと感じました。
しかも170円と安いのも好印象。
値段と味のバランスが最高の餃子だと思いました。
これはいい。早速お土産用として一箱購入してしまいました。
もちろんこういう展開になると想定して、保冷材入りのクーラーボックスを持参していたのです。

line
餃子像の写真
餃子像

宇都宮市内に入ると、早速餃子の食べ比べだ。
という腹の状況ではなかったので、まずは餃子の町宇都宮に来訪した記念だ!という事で、駅前の広場にあるという餃子のモニュメントに向かいました。
ガイドブックに載っている写真ではなんか不気味な像だなといった印象だったけど、実際に間近で見てみると小柄で可愛らしい感じの像でした。
案内板によると餃子の皮に包まれたビーナスをモチーフにしているとか。
そう考えると結構臭いが・・・なんて考えてはレディーに対して失礼ですね。

餃子の像自体珍しいし、今回の趣旨からして外せないポイントなのでお互い餃子ちゃんと記念撮影を撮りっこする事に。
後輩の写真を撮ろうとファインダーをのぞくと、なんかこの像の女の人が妊娠している女性にも見えてきたりして・・・。
後輩と並んでいると、私妊娠しちゃったのよと語りかけているようで、思わずファインダーをのぞきながら笑ってしまいました。

line
二荒山神社の写真
二荒山神社

この後は餃子専門店が集中している駅の反対側に向かい、バイクを停めました。
ただ、まだお腹の方がきつい。
ラーメンに、イモフライに、正嗣で食べた餃子二皿がまだお腹に消化されずに残っているというか、まだ少々胃が重い感じ。
少し歩くなどして消化を助けなければ。
ということで、 まずは付近を散策をしてみることにしました。

まずはすぐ近くにあった宇都宮の象徴のような二荒山神社。
この神社は町の中心部にあることもあって参拝客の多いこと。
宇都宮では「二荒さん」とも呼ばれているとか。
参拝している様子などを見ていると宇都宮の人々の心のよりどころなのかなと感じつつ、我々も交通安全をお願いしました。
ここは鳥居から拝殿までは長い階段があったので、そこそこいい運動にもなりました。

line
みんみん本店の写真
みんみん本店

参拝や散策を終えると、餃子の専門店が集まっている付近を訪れてみました。
そろそろ食べ始めないと帰るのが遅くなってしまう。
まずは正嗣と双璧をなす「みんみん」へ。
どうせなら本店で食べたいと思って向かったのですが、店の前には大行列ができていました。
大人気のようです。
って、今4時半だよな。
こんな中途半端な時間にも行列ができるものなのか・・・。
ということは一日中行列しているのか・・・。ちょっと驚きました。

近くにある正嗣の本店を訪れてみると、こちらも行列ができていました。
宇都宮餃子恐るべしってやつだな。こんなに人気があるとは思っていなかった。
でもどうしよう。並ぶのは面倒だな・・・。時間も掛かるし。
でも、「みんみん」の餃子を食べないと、今回の餃子の食べ比べが中途半端なものになってしまうのは確かです。
おっ、そういえば餃子の店が集まっているという「来らっせ」というのがガイドブックに載っていたな。
そこに行ってみるか。

ガイドブックを開くと、さっき訪れた二荒山神社近くのデパートの地下に「来らっせ」はあるようです。
ということで早速訪れてみると、ここはそんなに混んでいませんでした。
広い空間にはいくつかの餃子の店が営業していて、手軽に食べ比べができるようになっていました。
これはなんとも気の効いた場所ではないか。
店ごとの雰囲気の違いや、実際の店舗との味の違いなど気になる部分もありますが、何軒もはしごして食べ歩かなくてもいいとは時間のない観光客にはありがたい。

line
みんみんの焼きと水餃子の写真
本日の四品目
みんみんの焼きと水餃子
めんめんの羽餃子の写真
本日の五品目
めんめんの羽餃子
五月の焼き餃子の写真
本日の六品目
五月の焼き餃子

デパート内にある餃子を集めた「来らっせ」で、みんみんの餃子を中心に「五月」「めんめん」「幸楽」の餃子を食べ比べてみました。
まずは正嗣と人気を二分する「みんみん」の餃子を食べてみました。
しかし・・・あれっ、私の中では普通の餃子でした。
ちょっと期待していただけにがっかり。
本店などで食べれば違う結果だったのだろうか。
でも 後輩の方はかなり気に入っていたようでした。

予想外に美味しかったのは幸楽の餃子。
シンプルながら旨みが詰まっている感じでした。
羽付き餃子で有名な「めんめん」は高級中華料理店の餃子と言った感じで、味付けが小龍包みたいでした。
案外蒸し餃子にすれば美味しいかも。
これは好き嫌いが分かれそうで、その分羽付きにして話題性を高めているような気がしました。

「五月」は他のが味に特徴があったせいか、なんか味気なく感じてしまいました。
最初に食べていれば違った印象だったのかも。
たぶんさっぱりとしている分飽きはこないといった感想となるのでしょうが、もうすでにいろんな餃子を食べた後では餃子自体に飽きがきていて、さっぱりしたといった感想が出てこないものです。
そのためなんかいまいちな評価でした。

今回ここで食べ比べてみて気が付いたのは、餃子の味以上にタレの味がぜんぜん違うということでした。
ラー油にこだわっているところ、醤油にこだわっているところ、ここまでタレの味が違うとは思っていなかったので、全て同じタレで食べるのとそれぞれのタレで食べるのとでは全く味の感触が違ってくることでしょう。
次回食べ比べるときにはこの点を留意してみたいなと思いました。

こういった食べ比べは一人で行うと真剣になりすぎて面白味がないのですが、友人などとわいわいとやってみるとなかなか楽しいものです。
それに多くの種類の皿を頼めて、それを分ければ数個単位で食べることができるから効率がよかったりします。
最初はもっと多くの種類を食べれるかと思っていたのですが、小さい割には結構餃子というのはお腹にくるものですね。
ちょっと侮っていました・・・。

line

とりあえず今回の第一回宇都宮餃子選手権の私個人的な結果は
1、正嗣
2、幸楽
3、みんみん
4、めんめん
5、五月
でした。

もちろんどれもおいしかったのですが、あくまでも餃子は安く手軽にといった個人的な主観に基づいた感想です。

餃子は好きな食べ物なのでまたいつか第二回を行いたいな。
そのときはもう少しマニアックな線まで掘り下げてみると面白いかも。
そんなことを考えつつ、ヘルメットの中に餃子の臭いを漂わせながら帰路の道を走りました。

宇都宮餃子&佐野ラーメンツーリング  ー 完 ー

・風の足跡 INDEXに戻る↑

<国内の旅やバイクツーリング日記 宇都宮餃子&佐野ラーメンツーリング 2008年2月初稿 - 2015年10月改訂>