風の足跡 ~風の旅人旅行記集~

~ 国内の旅やバイクツーリング日記 ~

日本一早いらしい初日の出ツーリング

*** ページの目次 ***

~~~ §1、プロローグ ~~~

<2007年1月>

近年、暇人達の恒例行事となりつつある元旦の初日の出ツーリング。
しかし、一昨年は大雪の為に中止。
昨年は遙々御前崎まで遠征するものの、曇っていてちゃんとした初日の出が見れないといった散々なツーリングが続いていたりします。

今年は初日の出が見られるだろうか。
元旦の寒い中、みんなで出かけること自体楽しいのですが、できればものすご~く寒い思いをして行くので、その努力に見合ったスカッとした綺麗な日の出が見たい。
二度あることは三度あるってなもんだから、今年も駄目かな・・・。
いや今年こそは・・・、う~ん、メンバーに雨男が多いからな。
無難に近場でやったほうが 見られないときのガッカリ度も少なくていいかも。
よしっ、探してみるか。

line

そういったわけで、近場でいい場所はないだろうかと捜し始めました。
が、当然といえば当然なのですが、都心ではなかなかいい場所がありません。
都心となると真っ先に思いつくのはやっぱりビルなどの高い建物。
しかしそれでは味気なさ過ぎるし、バイクで行かずに電車で行ったほうがいいってなもの。

バイクで快適さを求めるならやっぱり東京湾に浮かぶアクアラインの海ほたるが筆頭にあげられます。
ここはデートスポットで有名なだけあって雰囲気はいいし、施設は高速のサービスエリア並みに整っているので、日の出を待っている間も暖かいし、何より東京からだと海底トンネルを通っていくので走っていても暖かい。
とまあ、なかなか好条件が揃った場所なのですが、例年大混雑する事でも有名です。
かなり早い時間に行かないと駐車スペースがいっぱいになり、海ほたる自体が封鎖されてしまいます。
それにバイクで行くには通行料金が高いし、厳密に言うとここからの日の出は水平線からではなく、千葉の房総半島の山々の上からの日の出になります。

更にモチベーションの問題ですが、わざわざ正月にバイクに乗って海ほたるに行く必要が感じられないというのが一番の問題です。
カップルとかが多そうだし・・・。ある意味極寒なツーリングになりそう・・・。
そもそも海ほたるだけに行くのなら車にみんなで乗って行くほうがかなり安上がり。
と、都心から近場でお手ごろなスポットを探すものの、見つかりませんでした。

line
清澄山のお土産屋に掲げられた
初日の出日本一の横断幕

で、浮かんできたのは房総半島の清澄山。
最近旅の小ネタにハマッている私が何気なく本を読んでいて見つけたもので、なんと日本一早い初日の出が見られる場所だとか。
なんで房総半島の中ほどの山が日本一なの?
日本最東端である北海道の納沙布半島ではないのか?

これは、冬になると太陽は赤道よりも南を回り、北になるほど日照時間が短くなります。
そういった事から同じ経度なら南であるほど日の出が早くなる事になります(もちろん地球の丸さとか、地軸の傾きとか色々関わってきますが、あくまでもシンプルな考え方という事で・・・)。
実際、正月の前後10日間は納沙布半島よりも関東の最東端である銚子の犬吠埼の方が若干日の出が早い計算になるようです。

という事で、小笠原諸島などの離島を除けば日本一早い初日の出の町は銚子という事で、銚子が初日の出の町として売り込んでいたりしますが、これは標高10m付近の話。
もう一ひねりして考えると標高が高いと日の出が早く見えることになります。
それを加味して考えると、標高400m弱のこの清澄山が若干銚子よりも早いといったわけなのです。

line

こういった経緯で今年の初日の出ツーリングは”日本一早い初日の出を見に行こう!”という大層なキャッチフレーズがついたツーリングとなりました。
都心からはちょっと距離がありますが、昨年の御前崎ほどでもないし、ネタ的には寒い中わざわざ行ってみようかといった気分になれます。
一週間前の天気予報では例年の雪ではなく、なんと晴れ。
今年は眩しい朝日を見られるかもと期待が膨らんできました。

期待しつつ前日の大晦日を迎えると、天気予報は晴れのち曇りのち雨と変っていました。
東京は晴れなのに、我々が行こうとする房総半島の南部だけ午後から雨が降るとの予報。
まあ午後からなので関係ないとはいえピンポイントで行く場所に雨が降らせることができるとは、雨男大明神である友人のパワー恐るべし!
あまりにも天気の悪いツーリングが続くと誰かのせいにしたくなってくるものです。

~~~ §2、清澄寺での初日の出 ~~~

当日は寒い中、わざわざ高速道路を隊列組んで走る必要もないし、できるだけ仮眠をとりたい人や暮れでそれぞれ忙しいだろうから、今回は目的地近くの市原PAで集合する事にしました。
私はいつもどおり下道で大晦日の都内を散策しながら集合場所へ。
しかし、なんか寒い。
冬の夜なので寒いのは当たり前だし、覚悟の上の事なのだが・・・、この寒さは異常だ。
特に海沿いの橋の上などは寒さで体がしびれるような感じがしてくる。
なんか変だ。今年は暖冬なので体がまだ冬の寒さに慣れていないのだろうか。

しかし、走っていて仰天。道路脇の気温表示を見ると、なんと-1℃。
寒いはずだ。ひょぉ~~~点下ではないか。
今まで氷点下といった寒い中でツーリングした事があったけな。
色々と思い起こしても思い当たりません。
そもそも寒い時期にツーリングをする事が基本的にないもんな。
これは私にとって人生初の氷点下ツーリングなのかもしれない。

line

袖ヶ浦で無事にみんなと合流し、隊列を組んで清澄山に向かいました。
最初のうちはちゃんとした道だったのが、段々と内陸に入ると道は細くなり、そして迷子。
迷子になるかもしれないと思いちょっと早めの集合時間にして正解でした。
言い訳をさせてもらうと、あまりに寒すぎて吐く息でシールドがすぐに曇り、視界が悪く、更に薄暗い道なので案内板も見難かったのです。

なんとか清澄山に到着してみると、駐車場は満車状態。
バイクも数台停まっていました。
結構人が来ているんだな。
流石は日本一早い初日の出ポイントだ。
仲間に「ほら凄い場所だろ」とここを目的地を選んだ正当性をアピール。
もちろんさっき迷子になった汚名返上といった意味も含んでいました。

しかしここの凄いところはそれだけではありません。
あの日蓮さんがここからの日の出を見て日蓮宗を開眼した聖地だったりします。
さすがの日蓮さんも当時ここが日本一早い初日の出の場所とは知らなかったはず。
なんとも妙な因果というか、うまい組み合わせです。
日蓮さんは先見の目があったのだろうか。

line
参道を歩く友人たち
参道を歩く友人たち

駐車場にバイクを停めて、清澄寺境内の奥にある日の出ポイント、旭ヶ森の展望台を目指しました。
さすがに重装備なので、バイクを降りて歩き出すと徐々に体が温まってきました。
友人にいたっては寒いからとヘルメットを被ったまま。
気持ちはわからなくもないけど、さすがに後ろから見ると不審者です。

参道は清澄寺に続いていて、境内は明々とライトが灯されているものの、ほとんど人はいませんでした。
みんな初日の出を見るために旭ヶ森の展望台に行っているようです。
初詣は初日の出を見た後でいいか。
今なら並ばなくても参拝できるけど、それはそれでちょっと寂しい感じがします。
やっぱり人が多いときにお参りするのが初詣だよな。
ということで、 境内を素通りして、我々も旭ヶ森の展望台に向かいました。

line
旭ヶ森の展望台の日蓮像
旭ヶ森の展望台の日蓮像

少し丘を登って旭ヶ森の展望台にたどり着いてみると、日蓮の像が朝日のほうに向かって立っていて、多くの人が御来光を待っていました。
しかし、明るくなってきた東の空を見ると、びっしりと分厚い雲に覆われていました。
これではお日様が出てこれないな。
昨年と同じパターンだ。
日の出が見えるのは予定時間よりも20分後かな?

やっぱり今年もか・・・と思いながら後ろの方でやる気なく待っていると、どこからとなく念仏や太鼓の音が聞こえてきました。
なんだろう。段々近づいてくるぞ。
しばらくするとお坊さんの行列が展望台に登ってきて、日蓮の像の前で東の空に向かって念仏を唱え始めました。

さすが日蓮宗の聖地。雲払いの念仏か。
なかなかサービスがいいぞ(かなり勘違い)。頑張ってくれ。
しかしこの分厚い雲に東の空が覆われている現状で、一体何時まで声を張り上げて念仏を唱えるのだろうか。
それにここに集まっている人も何時までいる気なのだろうか。
やっぱり分厚い雲の上から太陽の光りが少しでも見えるまでこの状態が続くのだろうか。
朝日が見えそうにない現状では、朝日よりも帰るきっかけの方を心配をしていた私でした。

line
清澄寺での初日の出
清澄寺での初日の出

諦めてそろそろ撤収しようかな。
今帰ると我々が撤収第一号だぞと思い始めた頃、驚いた事に雲の間から太陽の光りがのぞいてきました。
絶対に見えそうになかったのに・・・これは奇跡か。
それとも念仏の効果なのか?
あちこちから歓声が起こり、展望台に集まっていた群集は朝日の方向へ一斉にカメラを向けていました。

すっきりとした初日の出ではなかったけど、昨年よりはずっとましだし、なんだか念仏効果のせいかちょっと神々しくも感じました。
なんか凄い初日の出だったな。満足満足。
これでキリが付いたので、群衆は次々と帰路に着き始めました。
我々も辺りの写真を撮って、人の流れに沿って寺のほうへ戻りました。

line
参拝の様子
参拝の様子
清澄寺の参拝
清澄寺の参拝

清澄寺に戻ると、予定通りに初詣をしておくことに。
初日の出と初詣ができてしまうというのは便利でいいかもしれない。
ただ多くの人は先に済ませてしまったようで、日の出を見終わるとそのまま駐車場に向かっていました。
まあほどほどの賑わいということでいいかな。

この清澄寺は「せいちょうじ」と読むようで、日蓮さんが開基した寺なのかなと思っていたのですが、そうではありませんでした。
およそ1200年の昔、「不思議法師」と名付けられた僧侶が千光を発する柏の木で虚空蔵菩薩の仏像を彫り、その仏像の前で21日間修行をしたことが始まりになるようです。
承和3年(836)には天台宗である比叡山延暦寺の祖慈覚大師円仁師がこの地を訪れ、同じくその仏像の前で21日間の修行をした事で、この後は天台宗の寺として栄えていったそうです。
日蓮が登場するのは天福元年(1232)で、12歳の日蓮は小湊からこの寺に入り、道善法師に師事したそうです。
修行を終えると諸国に出て、各宗の奥義を学び、32歳の時に帰山し、旭が森で立教開宗の第一声をあげたそうです。
これがこの寺と日蓮の関係のようです。
ただこの寺が日蓮宗に改宗したのは昭和24年というごく最近のこと。
今では宗門直轄の大本山となっているようですが、ちょっと微妙な印象を受けてしまいます。

line

そんな案内板の写しはさておき、お参りを終えると、新年恒例のおみくじを私以外の3人が引いてみました。
すると3人とも大吉。
以前伝説の大凶を引いた友人までもが大吉とは・・・。
これは凄いことだ。
当然、本人は疑心暗鬼。

しかし、辺りから聞こえてくる声は、「やったー大吉だ。」
「中吉か~、まあまあだな。」と言ったような縁起のいい歓声ばかり。
この状況から考えるに、どうやら新年大売出しといったところ(デパートじゃないって!)。
もしくはたまたま大吉のクジが固まっていてタイムサービス状態になったのかも(スーパーじゃないって!)。
いや、これこそ「不思議法師」様の神通力なのだろうか・・・。名前的に・・・。

~~~ §3、石仏と断崖の日本寺 ~~~

清澄寺を後にすると、山を下って一旦外房に出ました。
そして長狭街道をひたすら西進して、房総半島を横切りました。
山を下りたし、太陽も昇ってきて気温が上がったし、深夜に走っていたときに比べると何とも快適。
ちょっと風が冷たいけど青空の下すがすがしい道中でした。

内房に出て向かったのは鋸山。
ここは前々から行ってみたかった石仏のテーマパークみたいな所です。
フェリー乗り場のある金谷からロープウェイで山頂付近に行けるけど、お金がもったいないので却下。
有料道路でも同じように山頂に行けるようでしたが、バイクは通行不可ということで却下。
勿論下から徒歩で登るのも却下。
残された方法は一般道で中腹にある日本寺の駐車場まで行くルートでした。
ここから山頂まで少し登ることになりますが、そこまできつくないはず・・・。
ロープウェイの料金を考えれば苦にもならないだろうということで、このルートで鋸山へ向かいました。

line

細く曲がりくねった山道を慎重に登り、日本寺の駐車場に到着しました。
結構登った気がしていましたが、見上げるとまだまだ山の中腹。
これからどれだけ登らなければならないのかわからないけど、それなりに覚悟をしておいた方がよさそうだ。
バイクを降りて、お寺の方へ行くと入場ゲートがありました。

入場料金は600円。「文化財の維持・管理および境内の環境整備・復興のため、拝観料を頂戴しております」と書かれていても、お寺の見学料だと思ってしまうと結構高く感じるもの。
「正月だから無料になったりはしないのですか?」とチケットを売っているおじさんに頼んでみても、申し訳なさそうに首を横に振っていました。

line

ここ日本寺は日本一大きな石仏やら千五百羅漢に百尺観音と大小様々の石仏が安置されている事で知られています。
何でこんなに石仏が沢山あるの・・・と疑問に感じるのですが、それはチケット購入時にもらったパンフレットによると、今から約1300年前の神亀2年(725年)に、聖武天皇の勅詔と光明皇后のお言葉を受けた行基菩薩によって日本寺は開山されたようです。
しかも開山当時は、七堂十二院百坊を完備しているといった国内有数の規模を誇っていて、良弁、空海、慈覚といった名僧が留錫(りゅうしゃく)したと記録されているとか。
そういわれるととんでもなく凄いような気もするけど、やっぱりなんで石仏が沢山あるのかという謎が解けない・・・。
いや単純に彫刻するのにちょうどいい岩がたくさんあったからなのだろうか。

line
鋸山の大仏(薬師瑠璃光如来)
鋸山の大仏(薬師瑠璃光如来)
お願い地蔵尊とプチ地蔵達
お願い地蔵尊とプチ地蔵達

そんな事を思いながら少し登ると、大きな大仏のある広場に着きました。
これが有名な大仏か。
案内を読むと、日本寺の御本尊で薬師瑠璃光如来になるようです。
薬師瑠璃光如来とは、瑠璃光を以て衆生の病苦を救う医薬の仏様で、左手に薬壺を持っているのが特徴のようです。
制作されたのは天明三年(1783年)頃で、世界平和、万世太平を祈願し、大野甚五郎英令が27人の門徒と岩山を3年かけて彫刻したものが原型となるようです。
現在の形になったのは昭和41年で、4年にわたって修復されたとか。
修復されてからまだそんなに月日が経っていないので輪郭などがはっきりとしていて素晴らしい。
なかなか立派な大仏です。
あまり見学するのに気乗りしていなかった友人達もこれはすげぇ~と感嘆していました。

この同じ広場内にはさりげなくお願い地蔵尊があったのですが、その周りは小さなお地蔵様がわんさかと山積みになっていました。
巨大な大仏とちっこいお地蔵様。
その対照は面白い感じもしますが、これはなかなかシュールな光景でした。
沢山のお地蔵様・・・・。
このワサワサした感じは・・・。大量の昆虫や藤壺と同じ。
じっと見ているとなんだか背中がかゆくなりそう・・・。

line
鋸山の長い階段
鋸山の長い階段
見学中
見学中

大仏広場から山頂へ向けて出発しました。
ここからはひたすら階段や坂が続きました。
分かってはいたけど、やっぱりこれはしんどい。
歩き出してすぐに暑くて上着を脱ぎました。
こうなるならバイクのところへ置いて来ればよかった。
歩きにくい・・・。ちょっと失敗。

思えば昨年も久能山東照宮の千段もある階段で苦労したっけな。
今年もこのままだと同じぐらい歩くかも。
なんか「初日の出ツーリング=長い階段=しんどい思い」といった変な公式が出来上がりつつあるような気が・・・。
来年からはほどほどにしておかないと、友人などが一緒にツーリングをしてくれなくなるかもしれない・・・。
そう考えるとちょっと心配になってしまい、他の仲間の顔色をさりげなくうかがってみたりして。
うん、まだ大丈夫そうだ。

正月はあまり動かないので元旦にまとめて三日分ぐらい運動しておけば、その後気兼ねなく酒も飲めるというもの。
これぞ正しい正月の過ごし方・・・なのかな?
なんて友人思いなんだろうと、正月なのでプラス思考で考える事にしました。

line
羅漢像
羅漢像
首のない石像群
首のない石像群

山頂までの斜面は羅漢エリアといって千五百羅漢が並ぶといった凄まじいエリアです。
歩いていると道の脇に「西国観音」「百躰観音」などといったエリアが設けられ、石像が所狭しと並んでいました。
確かにこれは凄い。
凄いと思うんだけど・・・。
最初にメインイベントの大仏を見てしまったものだから、途中にある小さな石仏などが「おっすげぇ~」と輝いて見えることはなく、同じような石像が並んでいるとしか見えないのです。
しかもこのエリアはひたすら階段や坂が続き、石像どころでは・・・といった気分だったりします。
ただ途中に汗かき不動なんている石像が置いてあったのですが、まさにその通り。
君もかいといった感じで、これだけは凄く共感できたりしました。

また一カ所首のない石像が並んでいるところだけはシュールで立ち止まってしまいました。
こういうのを見ると、戦争で異国人に首が切られてしまった仏像がずらっと並んでた東南アジアの遺跡を思い出してしまいます。
ここでもそういったことがあったのだろうか。
それとも老朽化や地震で落ちたものが集められたのかな。
色々と考えてしまいました。

line
百尺観音
百尺観音

汗だくになって山頂エリアに到着。
さすがに坂の後半はみんな無口になって歩いていました。
山頂付近はむき出しの岩が壁のようにそびえていました。
かつての石切場跡になるようです。
そのそびえている岩壁の一つにとても大きな百尺観音が彫られていました。

さすがに百尺だけあって見上げるような大きさです。
この観音様は比較的新しく、昭和35年から6年の歳月をかけて彫られたものだそうです。
世界戦争戦士病没殉難者供養と交通犠牲者供養を行うために発願されたものなので、航海、航空、陸上交通の安全を守る本尊として崇めらているとか。
ほぉ~、それならば拝んでおかなければ。
今日のツーリングが事故もなく終わりますように。
それから今年一年無事故無違反で済みますように。って無違反は関係ないか・・・。

line
地獄のぞき
地獄のぞき

百尺観音から少し登ると完全に山頂にでました。
ここには展望台が設置されていますが、あいにくと雲が多く、あまりいい眺めとはいきませんでした。
でもここは遠くを眺めるだけの展望台ではないのです。
下を眺める展望台でもあり、その怖さから地獄のぞきと呼ばれています。
早速のぞき込んでみるものの、う~~~高い。

よく考えると、わざわざのぞき込まなくても高いのは分かっているんだけど、なぜかやっぱりのぞいてしまうのが不思議。
これぞ悪魔のささやきなのか。そして気がつくと地獄に引き込まれて・・・。
いやいやそれは勘弁。慌てて後ずさりしていたりして・・・。
高所恐怖症の友人に至っては手すりに近づくことすらできませんでした。
まあしょうがない。高所恐怖症でなくても結構怖いのだから。

のぞき込むのには自然と手すりに寄りかかることになります。
でもこんな手すりに命を預けていいのだろうか。
もし外れてしまったら・・・と考えてしまうと、自然と腰が引けてしまうものです。
覗いている時に後輩に「手すり外れたらやばいよね」と声をかけると、あわてて後ずさりしていました。
素直な反応でなかなか面白い。

line
日本寺の駐車場で
日本寺の駐車場で

地獄のぞきを見た後は、千五百羅漢を歩きながら見学しつつ、駐車場まで下っていきました。
さすがに下りは楽ちん。
石像はもう満腹といった気分なので、ほとんど素通りといった感じでした。

駐車場に到着すると、一仕事終えたような充実感で一杯。
友人は恒例の重労働が終わって一安心といった感じでした。
あっ、天気もいいし、写真を撮っておこう。
バイクを並べて、タイマーをセットしてパシャッ。
充実感が一杯のいい顔をした写真が撮れました。

~~~ §4、鹿野山神野寺 ~~~

いや本当によく歩いた。さすがに足が重いな。
それよりも いい運動をした後はお腹も空くというもの。
という事で、食事にしよう。
やっぱり元旦だしファミレスとかしかないよね。
地図を確認するとすぐ下の金谷にガストがありました。
またガストか。昨年と一緒だな。
でも他にいい選択肢がなかったので、そのままガストに直行しました。
標準メニューに変わる10時をちょうど回ったところだったので、今年も昨年同様にハンバーグに大盛りライスを頼みました。

line

一時間ちょっと休んだ後、さあそろそろ出発するかと外に出てみると、空は一面厚い雲に覆われていました。
さっきまであんなに天気がよかったのに・・・。
これは見事なほどに天気予報どおりではないか。
って事はそのうち雨が降ってくるかもしれない。
早いところ北に抜けたほうがいいぞ。
東京や千葉の北部は晴れの予報のはず。
という事で、最終目的地である鹿野山への急いで向かう事にしました。

振りそうで振らない空の下、再び内陸部へ。
途中、マザー牧場の横を通り抜けると、元旦早々多くの家族連れで賑わっていました。
よく考えれば牛に正月があるわけがないか。
ここは普通の祝日と変らないなと通り過ぎ、1kmぐらい走ると、目的地の鹿野山神野寺へ到着しました。

line
鹿野山、神野寺の参道
鹿野山、神野寺の参道
鹿野山、神野寺
鹿野山、神野寺

ここは他の2つの寺とは違って多くの屋台が出ていて縁日さながらの賑わいでした。
なんだか典型的な田舎の正月といった雰囲気です。
これはいい。
境内を歩いていると、まさに正月といったほのぼのとした気分になってきました。

この鹿野山神野寺は、なんと今から1400年前に聖徳太子によって開山されたといわれています。
山号の「鹿野山」は、聖徳太子がこの寺を建立する際に、野生の鹿が沢山集まった事からインドのお釈迦様の初転法輪の地(鹿野苑)にちなみ、「鹿野山」と名付けたとか。
う~ん、本当だろうか・・・。
そもそも聖徳太子ってこっちの方まで来た事があるのだろうか。
いや疑ってはいけない。御利益がなくなってしまう。

そういった伝説的な由緒がある境内を散策し、今日三度目の詣でを終えると本日の予定は全て完了。
満足満足。今年は三度もお参りをしたのでいい事があるかな・・・。
そういう素直な発想を持つ事自体が幸せになれる秘訣かもしれません。

line

さて出発しよう。
もうちょっと屋台で買い食いしたりと正月気分というか、祭り気分を味わっていたいところですが、微妙な空模様なので急いで北へ抜ける事にしました。
強烈な雨男集団なので、雨に対してはめっぽう弱気だったりします。
という事で、山を下りながら北上し、最寄の君津インターを目指しました。
そして君津インターの手前で解散。
一般道で帰る者、一気に高速で帰宅する者、別の方面に行く者とそれぞれが別の道に分かれました。

line

今年も昨年に引き続きよく歩いた初日の出ツーリングとなってしまいましたが、まあ天気には恵まれたのでいいツーリングだったかな。
話のネタ的にも面白い場所だったと思うし・・・。
やっぱり寒い中ツーリングを行うには何かしら行う意義というか、楽しみというか、モチベーションを上げるための何かがあった方がいいというのはメンバーの様子からも分かりました。

でも、本当に日本一早かったのかというと・・・、ちょっと疑問。
まあ全国的に考えても日本一なんてものは客寄せのためにこじつけのように付けられていることも多いで、気分的に「元旦に日本一早い初日の出を見たんだぞ!」ってな自己満足で十分かもしれません。
素直に感動しておく事も幸せになる秘訣でしょうか。
正月だし・・・と、日記を書きながら思ったのでした。

日本一早いらしい初日の出ツーリング  ー 完 ー

・風の足跡 INDEXに戻る↑

<国内の旅やバイクツーリング日記 日本一早いらしい初日の出ツーリング 2007年1月初稿 - 2015年10月改訂>